近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『レビュー』テレワークにも最適なLogicool高級ヘッドセット「PRO X WIRELESS LIGHTSPEEDゲーミングヘッドセット」のレビューと評価を書いていく

Logicoolの中でも最高級に近いヘッドセット

最近までSteelSeries Arctis 5を使用していたのですが、コード部分が劣化し中の線が見えてきたという事もあり、パソコンを購入した際に買い換えようと思っていましたが、なかなか決まらず、ようやく様々なレビューサイトや動画サイトを参考にしたり、自分が実際に試してみてたりして今回のLogicoolヘッドセットを購入しました。

 

www.yuruiblog.com

 

以前使っていたSteelSeriesは正直値段の割にはかなり優秀なヘッドセットでゲームだけではなく普段使いとして音楽だったり、映画を見るのも同価格帯の中では「良」と思える商品だったのですがキーボードとマウスをLogicool製品に変更したので、同じソフトウェアで「G HUB」という管理ソフトが使えるので、Logicool製品にした大きな理由の一つでもあります。

f:id:masanori1989:20210119131216j:plain

外箱はLogicoolらしい高級感ある感じ。今回のヘッドセットはワイヤレス版と有線版があるのですが、ワイヤレスの方が約1万円程お高いです。ワイヤレス以外にも理由があるのですが、細かい事は後ほど書いていきたいと思います。次からレビューとなるので、気になる方はこのまま是非読んでみてください。

 

高級感あるデザイン、そして「シンプル」なデザイン

f:id:masanori1989:20210119131527j:plain

開封するとさすが高級と言われるだけはある。厳重に包装されていますね。ヘッドセットというのは年に何個も購入するものではないと思っているので、この箱を開ける瞬間は結構ドキドキします。

f:id:masanori1989:20210119131745j:plain

付属品はヘッドセット本体、受信用USB、イヤーパット、マイク、USB typeCケーブル、専用の袋。この6点になります。イヤーパッドは予備というよりも、本体に付いているイヤーパッドは合成革で付属品はクロスイヤーパッドという素材の違いですね。蒸れたり、汗をかきやすい人はクロスイヤーパッドに変えるのが良いと思います。

f:id:masanori1989:20210119131945j:plain

黒のデザインに再度はスチールアルミ素材で作られたLogicoolのロゴ入り。近年のゲーミングヘッドセットの中では虹色に光らないという優秀な見た目です。ただスチールアルミを使用しているからか、少し重いのが難点でしょうか。

f:id:masanori1989:20210119131959j:plain

音量調整ダイヤルとマイクミュートボタン。少し残念だと思ったのはマイクミュートボタンが安っぽい従来のボタンだということ。ここまで高級感に徹底しているのであれば、もう少しこの点にも拘りを持ってほしかった。

f:id:masanori1989:20210119132041j:plain

マイクは着脱可能。Adobe Premiere Proで録音、またDiscordで友人に試してもらいましたが個人的にはワイヤレスにしては比較的音声は優秀かなというイメージです。DiscordやZoomで使う分には問題無いです。また後ほど説明します設定の中では配信用なども存在するので、このヘッドセット音質で配信も可能かと思います。

 

どのワイヤレスヘッドセットにも言えますが有線接続した方がマイク音質は上がりますが、このPro Xに関しては本当に誤差と思える程の音質でした。ワイヤレスでここまで良いのは少し驚きです。

 

G HUBでの調整、設定などの説明

f:id:masanori1989:20210119144108p:plain

音質やマイクの調整などはLogicoolが提供しているG HUBソフトを使って行います。低音だったり、高音だったりの簡単な調整も出来ますが、ゲームをプレイする人は。

f:id:masanori1989:20210119144222p:plain

サラウンド設定も可能です。しかも結構細かい。Logicool G PROの良い所はこのサラウンドではないでしょうか。映画やゲームでも試しましたが非常に立体感があります。今までのヘッドセットでも7.1ch対応などありましたが、これは後ろの音をよく感じることが出来るヘッドセットでした。ゲームをしていて、やはり後ろの音というのは非常に重要になってくるので、これは嬉しいですね。

 

上記でも少し触れましたが有線版と無線版、ただワイヤレスになっただけではありません。公式ではPRO-G 50mmドライバーを両方に使っているのですが、有線のときにあった独特な低音が無線では消えています。私の気のせいかも知れませんが、ワイヤレス版の方が心地良い低音になっているので、この点も参考にしてみて下さい。

f:id:masanori1989:20210119144436p:plain

マイクの設定も細かく出来ます。BroadCasterなど配信用の設定もあります。様々なプリセットがデフォルトで存在していて、DiscordやZoomで話しながらちょっと変えてみて遊びで使ってみるのも面白いのではないでしょうか。

f:id:masanori1989:20210119144648p:plain

AMラジオやFMステーションなどちょっとユニークなものが多いですね。その他にも自分が「これが高品質だ」と思えるプリセットは保存出来るので、それも良い機能だと思います。

 

総合評価としてワイヤレスヘッドセットの中では非常に優秀

f:id:masanori1989:20210119132636j:plain

使わない時は充電しておき、連続使用約20時間というバッテリー量なので少し短いという感じはしますが、20時間連続使用はしないと思うので、とりあえず心配無いかと。

 

総合評価としてワイヤレスヘッドセットながらLIGHTSPEEDに対応しているので、遅延も無くFPSなどのゲームでも十分使える性能だと思います。またテレワークにも最適だと思いました。音楽だけではなく、音域の幅が広いワイヤレスヘッドセットなので、動画編集していても疲れません。マイク性能も十分に高いので、今回の買い物は徹底的に悩んだ結果通りとなりました。

 

お値段は約23000円とヘッドセットの中でも高い分類にはなりますが、コードが邪魔だでワイヤレス欲しいけど音質・マイク両方良いのが欲しいという人には良いヘッドセットです。皆さんの参考になれば幸いです。