近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『映画』米国テレビ業界最悪のセクハラ事件を映像化した「スキャンダル」を観てきた感想を書いていく!

2016年に実際におきた「FOXセクハラ事件」を映画化

f:id:masanori1989:20200224000709p:plain

日本に在住している方でも知っている人が多い米国で視聴率No1を誇っている「FOXニュース」。その人気キャスターの一人であったグレッチェン・カールソンが当時米国のテレビ業界にて「帝王」と呼ばれていたFOXニュースCEOのロジャー・エイルズをセクハラで訴えたのが2016年。

 

当時FOXニュースが訴えられた際、米国だけではなく日本でも話題になりました。今作は登場する人物名、関係性などは少しフェイクを入れた作品となっていますが「米国で各業界のセクハラ問題が発覚」する原因となったニュースなだけに、どのように映像化するのか。その点が非常に興味ありました。また、今作に携わったメイクアップアーティストであるカズ・ヒロが話題となりました。

 

なぜメイクアップアーティストのカズ・ヒロが有名になったのか。その点を含めて早速ですが感想を書いていきたいと思います。

 

日常茶飯事に行われていた女性に対するセクハラ

f:id:masanori1989:20200224000700p:plain

FOXCEOのロジャー・エイルズが訴えられた事は衝撃でした。その衝撃の意味というのは人気No1視聴率を誇るFOXニュースのCEOを訴えても揉み消されてると米国国民は思っていたのです。しかしグレッチェンは自分が首になる可能性を視野し、セクハラで訴える用意を一年前からしていました。

 

グレッチェンの狙いはロジャーをセクハラで訴えた事により、自分に賛同する女性達が必ず現れると思っていたのです。グレッチェンが勝訴出来たのは名乗り出た女性の中にメーガン・ケリーが名乗り出た事が大きかったに違いありません。

 

メーガンはFOXニュースで冠番組を持ち「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた事があり、そんな彼女が自分も過去のセクハラされた事があると告発したのです。その事により20名以上の女性社員やアナウンサーが過去のセクハラを受けたことがあると発言し、ロジャーが敗訴しました。FOXニュースは約25億円以上を女性たちに払う事となり、親会社である20世紀FOXも謝罪する事となりました。

 

架空のキャラクターであるケイラの存在が今作をより一層生々しく

f:id:masanori1989:20200224000714p:plain

今作のオリジナルキャラクターであるケイラは野心家でFOXの人気キャスターになりたいと様々な人脈や才能を活かしロジャーに会う事で人気キャスターの近道へと歩みだすのですがロジャーが「足を見せなさい」とケイトに命令します。

 

ケイトは恐怖で涙するのですが、その場は逃げる事に成功します。ロジャーが訴えられた事に驚いた反面、嬉しいという気持ちもあったと思います。メーガンがケイトに「あなたはロジャーにセクハラされていたの?」と聞かれた時に「なぜそれを?」と驚くケイトにメーガンは「働きたいなら黙っておきなさい」と言われ怒りを顕にします。

 

しかしその後、メーガンが訴えた事により自分が過去にもセクハラされて悩んでいた事を友人に告げFOXを退社します。このオリジナルキャラクターであるケイトは実際にセクハラを受けた女性たちのイメージで作られた人物です。架空の人物であるケイトがいる事により今回の事件の重大性がよく解るので、私は必要なキャラクターだったと思います。

 

カズ・ヒロのメイクアップが絶賛!アカデミー賞のメイクアップ賞受賞

f:id:masanori1989:20200224000705p:plain

日本人であるカズ・ヒロさんのメイクアップ技術によりメーガンやグレッチェンの顔を似せたメイク技術に世界が絶賛しました。カズ・ヒロさんのコメントが私は印象に残っているのですが「日本から出てよかった」と言っています。

 

「私は日本を去って米国人になった」という発言はかなり印象的ですね。日本にいれば今のような技術を決して身につく事は無かったと言っている事から、日本の環境に現在もいれば決して頂ける賞では無かったと思うので、本当に凄い事だと思います。メイクアップ賞受賞おめでとうございます。

 

これは是非観て欲しい映画!非常に考えさせられます。

f:id:masanori1989:20200224015305j:plain

今作は特に女性の人に観て欲しいですね。社会で働いている女性が勇気を出し、企業のトップにいる男性であろうと団結し勝ちにいく。観ていてとても痛快でした。現在のFOXニュースでは当時の上層部から一新し、女性がとても働きやすい職場に生まれ変わったようです。

 

実際にあった出来事なので「FOXニュース セクハラ」で検索すればどのような事件だったか解りますが、それでも今作を映像化した事は意味があると思いますね。まだまだ問題となっている「セクハラ問題」ですが今作を観て「声をあげよう」と思った女性が一人でも増える事が良いと私は思いました。これにて映画「スキャンダル」の感想を終わりたいと思います(完)

キネマ旬報 2020年2月下旬キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 No.1832

キネマ旬報 2020年2月下旬キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 No.1832

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: 雑誌