近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

最近「IdentityⅤ」というゲームを始め不定期ながらもYouTubeに動画投稿をして楽しんでいます

「IdentityⅤ」にハマっています

f:id:masanori1989:20191226152145p:plain

基本無料ながらもIdentityⅤが登場した当初は「Dead by daylight」にハマっていたので似たようなゲームをやる理由がない。という考えから手を出していなかったのですが、最近になり友人が「一緒にやろうぜ」と声をかけてもらってから凄くハマっている訳ですが、そのせいでブログにも全く手を付けれていません!!

 

そんな言い訳を前フリに置いておいて「基本無料」というのは察しが良い人ならお気づきでしょうが、有料ゲームよりお金がかかるという事。キャラクターや衣装などある程度はゲームを勧めていくと通貨で購入出来るのですが、正直使いたいキャラクターはすぐ使いたいじゃないですか。

 

そうなってくると大人の力を発揮するしか無い。そしてそのキャラクターが好きになってくると限定衣装なども欲しくなってくる。まさに悪循環と呼ばれるループから抜け出せない訳ですが、まだ月に●円と課金額を決めているので軽症で済んでいます。そんな「IdentityⅤ/第五人格」というのはどんなゲームなのか。簡単に説明すると。。。

 

IdentityⅤ/第五人格ってどんなゲーム?

 Dead by daylightというゲームは私のブログでは度々登場しているゲームなのですが基本ルールは一緒です。キラー側はサバイバーを吊るか、サバイバーは逃げれるか。基本は何も変わりません。

www.yuruiblog.com

www.yuruiblog.com

ただ少し違う点は明確な「勝ち・負け」が存在する事。IdentityⅤではサバイバーは3人以上脱出すれば勝ち、ハンターは3人退場させれば勝ち。引き分けはどちらにもポイントが入りますが勝利では無いですが、実質勝ち。らしいです。

 

私もまだ初めて1ヶ月程しか経過していませんが、楽しいと思える理由の1つとして「初心者でも優しい仕様」「今からでも始められる優しいゲーム性」でしょうか。どんなゲームでも慣れは必要ですが、このゲームは必要なスキルを会得するまで必要な時間が少ないです。

 

一方Dead by daylightは各キャラクターごとにスキルを会得し、欲しいスキルが出ない時はまさに地獄。IdentityⅤはレベル性で最大120に上がるとそれ以後、どのキャラクターにも固定スキルが使えるようになるので、それは初心者に対して優しいと感じます。

 

またPCだけではなくスマホからでもプレイ出来るというのが大きいポイントでしょうか。PCでプレイする際も要求スペックが高くないので、気軽にプレイ出来ます。Steamで何でも良いですが3Dゲームをプレイしている人であればIdentityⅤをプレイしても違和感無い程軽いゲームですね。

 

以前から持っていましたがYouTubeに投稿して楽しんでいます

実は以前から持っていましたが友人同士でプレイ動画を共有出来るだけのアカウントで使っていましたが、一般公開して最近では動画投稿もはじめました。

 


『IdentityV』初心者白黒無情が「鬼没」を練習してみた

 

現段階でまだまだチャンネル登録者数10・・・と非常に少ないですがブログの方でも宣伝させて頂きます。「お前のチャンネル登録してやるよ」という優しい人がいらっしゃれば登録の方、宜しくお願いします。

 

来年の頭にはPCを買い換えると思います

現段階でのPCスペックが7年前に購入し交換したパーツはHDD→SSDにした程度なのでゲームプレイが辛くなってきましたね。ゲームが辛いのもストレスの原因ですがPhotoshopなどもやはり重たいと感じるようになってきたので、来年頭に購入すると思います。

 

PCを新しくした際には配信なども検討しているので、またその時はブログで予告しますので、また見てあげてください!