近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

令和元年は厄年!?三重県「伊勢神宮」に行き『お神礼』を頂いてきたので来年も無事過ごせると思います!

平成最後に実は伊勢神宮に行った私

段々と寒くなってきており、外と室温の違いでそのうち風邪を引くのではないだろうかと少し怯えているダンボーです。皆さん、こんばんは。

 

さて平成最後に伊勢神宮に行った私ですが、その時私は「令和になっても無事過ごせますように」とお願いしてきた訳ですが、私の気持ちが足りてなかったのか、令和元年は中々忙しい年となってしまいました。しかし三重まで元日に行くのは大変だ!と思った私は年末前に行ってきた訳です。

 

www.yuruiblog.com

 

そんな私と同じ考えの人が多いのか、ただ単に観光客が多いのか。伊勢神宮は平成最後の時よりも混雑しているじゃないですか。私はただ「お神礼」を頂きに来ただけなのに。ここで「お神礼」とは何?という人の為にご紹介しますと。

 

www.isejingu.or.jp

私は「角祓」を頂きにやってきました。神頼みではないですが、もう本当に心の底から「厄をどうにかしたい」という一心で頂いてきたのですが、これで一安心となると来年はニコニコで過ごせそうです。

 

伊勢神宮に来たのであれば「おはらい横丁」「おかげ横丁」で買い物

f:id:masanori1989:20191216120326j:plain

やはり腹が減っては戦は出来ぬ!という事で上記のブログでもお邪魔した「岡田屋」さんの伊勢うどん卵入。やはりここの伊勢うどんは美味しいなぁ。個人的に観光地であれば様々な伊勢うどんを食べるべきでしょうが、以前行った時に結構感動したので、再び訪れました。

 

伊勢うどん苦手という人はこの見た目の濃さで一歩引いてしまうそうですが、以外にもさっぱりして食べやすいので食わず嫌いしていた人は是非食べて欲しいです。

f:id:masanori1989:20191216122149j:plain

さて、やはり伊勢と言えば「赤福」。以前は本店に行けなかったので、今回は本店にお邪魔してきました。本店に来たのは4年、5年ぶりでしょうか。本店で赤福をただ購入しても良いのですが、本店ならではの楽しみ方としてオススメしたいのは。

f:id:masanori1989:20191216123723j:plain

本店で頂く赤福とお茶のセット。これが寒い外でも、温かいお茶でホっと一息出来るので最高に美味しい。家で食べても美味しい赤福ですが、またお店で食べる赤福というのは一味違うように感じます。

f:id:masanori1989:20191216122051j:plain

おかげ横丁ではお土産をメインで購入しました。地酒、珍味、漬物、秋刀魚などなど。「三重に来たならこれを買っとけ!」という個人的に気に入っているものばかり購入しましたが、どれもオススメです。私個人的にオススメなのは「るみ子の酒」か「作(ざく)」。高級酒で言えば勿論有名な「而今(じこん)」も絶品です。私は今回「るみ子の酒」を2種類購入したので、お土産にあげたいと思います。

f:id:masanori1989:20191216125709j:plain

三重と言えば松阪牛。おはらい横丁やおかげ横丁では松阪牛の串焼きを売っているお店が沢山あるのですが、これが一度食うと美味い。やはり「松阪牛」という事もあり一串800円~上カルビで1000円まであります。私は上カルビの方を食べましたが口の中ですぐ無くなってしまう程柔らかいです。これは癖になります。言葉がおかしくなりそうな程美味いです(笑)

f:id:masanori1989:20191216131015j:plain

えびせんの上に乗っているのは松阪牛のお寿司。2貫で1000円という高級寿司ですが食べれば納得の味です。こちらも口の中でスっとなくなるのですが、焼いたお肉よりも炙ったお肉なので油の甘さがまた違います。そして以外にもお肉の油を吸ったえびせんが美味い!!高級えびせんに変化しているのは衝撃でした。こちらも食べるべし!

 

令和2年、何事も無ければ嬉しいです

f:id:masanori1989:20191216113125j:plain

伊勢にお参りに行き、沢山買い物してきましたがこれで令和2年も無事過ごしたい。そんな事を思いながら帰宅しました。やはり伊勢は楽しいですね。滋賀と三重とは隣同士ですが往復4時間運転しなくてはダメという以外は凄く素晴らしい場所です。

 

来年の春頃にもまた行きたいですね。では今日の記事はここまで!!じゃ!