ga('create', 'UA-46389806-1', 'auto'); ga('send', 'pageview'); meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『映画』甘酸っぱい初恋を思い出させる長井龍雪監督最新作「空の青さを知る人よ」を観てきた感想とレビュー!

「あの花」「ここさけ」に続く最新作!

f:id:masanori1989:20191010205138p:plain

長井龍雪監督による最新作映画で「超平和バスターズ」によるオリジナル作品となります。超平和バスターズとは長井龍雪、脚本家の岡田麿里、キャラデザの田中将賀のグループで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「心が叫びたがってるんだ」と三部作の位置付けとなっています。今回の舞台も埼玉県秩父市周辺が舞台となっています。

 

慎之介(しんの)の声を演じるのは吉沢亮。相生あかねを吉岡里帆、妹のあおいを若山詩音、同級生の中村正道に落合福嗣、演歌歌手の新渡戸を松平健と声優・俳優共に豪華ですね。

 

今回のキャッチコピーは「これは、せつなくてふしぎな、二度目の初恋の物語」。今作の主人公の1人である相生あおいとあかねは共に暮らしており、あおいが幼い頃に両親を事故で失くし、姉と2人で過ごしていたが、姉に迷惑をかけたくないと音楽で上京しようと考えているときに、かつてあかねの恋人であった慎之介が姿を表す事から物語が始まります。

 

「超平和バスターズ」待望の新作なので非常に楽しみにしていました。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

とても”甘酸っぱい”4人の交差する想い

f:id:masanori1989:20191010205143j:plain

13年前に両親を亡くした事により、あかねとあおいの生活は一変してしまう。本来であれば、あかねは慎之介と一緒に東京の大学を受験する筈だったが、幼いあおいを置いていけないと地元に残る事を選び、慎之介と別れてしまいます。

 

それから13年後、高校2年となったあおいと地元の役場に務めるあかね。そこに町おこしとし正道が「音楽フェスティバルをやろう!」と呼んできたのが演歌歌手の新渡戸であり、そこにはバックギターとして慎之介の姿がありました。

 

そして同じ頃、あおいが練習場所として使っていた古いお堂に13年前の慎之介が現れます。驚いたあおいですが、慎之介はお堂から出る事が出来ず、あおいから今が13年後だった事を知らされます。しばらくは正道の息子である正嗣(大地葉)と3人の秘密になりますが、あおいが子供の頃知っている慎之介の姿そのままであり、あおいは懐かしい気持ちからか会って会話する事が多くなります。

 

一方、バックギターとして地元に帰ってきた慎之介はプロのミュージシャンとして活動しており、姉であるあかね。そしてあおいにも冷たい態度を取ってしまいます。お堂にいる、しんのと現在の慎之介の変化にイライラする、あおいですが、しんのの優しい言葉で懐かしさから恋に変わっていくのでした。

 

かつては姉の恋人だった慎之介。姉もまだ好きという事を気づいている、あおい。そして慎之介も姉の事を好きだと解っているからこそ「好きになってはいけない」と自分の感情を押し殺すのですが、些細なことで我慢が出来なくなり姉に酷い事を言ってしまいます......。

 

(感想)大人になって見ると切なくも懐かしい気持ちになれる今作

f:id:masanori1989:20191010205156p:plain

私が視聴して思ったことは現在の慎之介、そしてお堂にいるしんの。これは大人になると双方の気持ちが解るからこそ切なくもあり懐かしい気持ちになれました。「東京に出てスターになってあかねを迎えに行く!」と意気込んで上京したもの世の中の厳しさ、音楽で食べていく事の難しさを知った31歳の慎之介。

 

一方、18歳のしんのはあかねに振られた直後であり自分がプロのバックギターで弾いている事に嬉しく思う事もありますが2人が出会ったとき、大人になった慎之介に怒りを感じ胸ぐらを掴みます。このシーンは非常に良かったですね。13年前の自分が目の前に現れたときに現状に喜んでくれるとは限らない。きっと想像外の事で絶望するかも知れませんが、しんのは13年後の自分に正しい道標に導いてあげます。

 

いつからか”大人になる”という事は我慢し抑制され、もう成長は出来ない。と勝手に思い込んでしまいますが、現状の辛い時期でも「まだまだ一歩踏み出している途中で成長出来る」という事に気付かされますね。そういった見せ方は非常に感動しました。

 

またキャッチコピーにも書いてある「二度目の初恋の物語」。これに関しては結末に関係している事なので詳しくは書けませんが良かったですね。誰もが経験した事があると思う描写で描かれいて見ていて昔を思い出すと言いますか。非常に切ない気持ちになりつつ、最後は「あ~本当に良かった」と心から思えるので「あの花」や「ここさけ」を観た後と同じような余韻に浸れる事が出来るので本当に満足出来ました。

 

3連休台風と重なってしまいますがオススメの作品

f:id:masanori1989:20191010205128p:plain

この3連休は日本だけではなく海外でも大きなニュースになる程の巨大台風が接近しているので家で待機する事をオススメしますが、台風を去った後。この映画を観る事をオススメします。色彩も青空の書き方が綺麗で、キャラクターも時間帯や場所によって細かく書かれているのには感動しました。

f:id:masanori1989:20191011094525j:plain

入場特典として超平和バスターズの「あの花」「ここさけ」「空の青さを知る人よ」のヒロイン3名のクリアファイルがもらえます。その中に「あの花ラジオ」のアクセスカードがありパーソナリティとしてあの花「めんま」を演じた茅野愛衣、ゲストとしてここさけの「拓実」を演じた内山昂輝、今作からは「あおい」を演じた若山詩音。入場特典限定ラジオなので観に行った後は是非聞いてみてください。

f:id:masanori1989:20191011122949j:plain

パンフレットでは「超平和バスターズ」3名による作品の解説などが書かれており、映画を視聴した後だと少し面白い話も掲載されています。パンフレットも是非購入してみてくださいね。これにて映画「空の青さを知る人よ」の感想とレビューを終わりたいと想います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

【メーカー特典あり】 空の青さを知る人よ (A5クリアファイル付)

【メーカー特典あり】 空の青さを知る人よ (A5クリアファイル付)

 
「空の青さを知る人よ」オリジナルサウンドトラック

「空の青さを知る人よ」オリジナルサウンドトラック