ga('create', 'UA-46389806-1', 'auto'); ga('send', 'pageview'); meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『映画・ネタバレ有』ディズニーの名作である「アラジン」が実写化されたので観てきた感想とレビュー-ウィル・スミスが歌って踊る姿が凄く可愛い-

アラジンを実写化と聞いた時は正直不安だった

f:id:masanori1989:20190609113946p:plain

まず最初に「アラジンが実写化する」と聞いた時はディズニーの心配をした。美女と野獣、プーさん、ダンボと実写映画化に成功し、ヒットもしているが私としてはアラジンは実写化しないのではないかと思っていたからです。

 

そんなアラジンの予告編が解禁された際、目に入ったのは真っ青な姿をしたウィル・スミス。まさかと思ったが何と「ランプの魔神 ジーニー役」で出ているじゃないか。私の心境としては「またディズニーが大冒険したな」と素直に感じましたが、このキャストが吉と出るか凶と出るか。それは後々書いていきたいと思います。

 

アラジン役は今回が大抜擢のメナ・マスード、ジャスミン役は映画パワーレンジャーのピンク役で出演していたナオミ・スコット。ジャファー役にオリエント急行、ザ・マミーのマーワン・ケンザリ。そしてジーニー役にウィル・スミス

 

どのような実写になっているのか。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

この実写版はここ数年のディズニー実写化で一番の大当たりだ!

f:id:masanori1989:20190609113904p:plain

個人的に美女と野獣以後のヒット作品は最近だとダンボも良かった。大人目線で楽しめた「プーと大人になった僕」も面白いと思いましたが、今作のアラジンはそれを上回る面白さだと感じました。ディズニー映画は大人から子供まで楽しめるのが良さだと思っているのですが、ダンボやプーさんは大人目線、子供目線で見ると世界観が変わって、面白いのですが子供と大人では感想が分かれる映画だと思います。今作のアラジンは大人、子供と意見が分かれる事なく純粋に「面白い」と感じる映画でした。

 

アニメ版アラジンの雰囲気を残しつつ、アニメ版には無かったリアルなCGとアグラバーの街並みが再現されており観ている人をアラビアンナイトの世界へと連れて行ってくれる演出は昔見たアラジンの興奮が今作でも味わえました。

 

歌って踊る表情豊かなウィル・スミスに注目

f:id:masanori1989:20190609113955p:plain

誰もが注目していたランプの魔神ジーニーを演じたウィル・スミス。完成したアラジンを観てみると、今までに見たことがないウィル・スミスの表情を見ることが出来る。ジーニーの陽気な正確、慌ただした。そして魔神という立場ながらもアラジンの事を誰よりも心配する友情。予告の時に感じた違和感というのはジーニー登場のシーンですぐに消えてしまった


「アラジン」アリ王子のお通り(吹替)

また何よりもウィル・スミスが歌っているシーンが多く、アラジンの代表曲の一つでもある「フレンド・ライク・ミー」は字幕、吹き替えと楽しめたのではないでしょうか。歌、ダンス、ラップ、コメディやドラマなど演じたことがあるウィル・スミスにとって今回のジーニーを「アーティストとして自分のすべてを発揮出来る最高の機会」とコメントしているので、是非注目してくださいね。

 

実は使われている貴金属はすべて本物!

f:id:masanori1989:20190609113913p:plain

魔法の洞窟にランプを取りに行くアラジンとアブー。そこで魔法の絨毯と出会ったり、アラジンでは重要なシーンとなります。今回の面白いポイントは実は洞窟の中に散りばめられた宝石や貴金属はすべて本物だという事。アラジンが魅了され取ろうとしてしまうペンダント。それも勿論本物でランプ以外にもこだわりが欲しいと感じていたディレクターがディズニーに「予算抜きで宝石を貸してくれるような方をご存知ないでしょうか」と聞くとジュエリー店と提携している事から、今回のシーンが作成されました。

ランプやジャファーが使っていた杖なども精巧に作成されており、普段使用している杖と折る杖と用意してあり小物などには一切手を抜かないディズニーのこだわりを感じたシーンでした。

 

アニメ版には無いシチュエーションやキャラクターが登場して尚良し

f:id:masanori1989:20190609113908j:plain

今作ではジャスミンの侍女としてダリアというキャラクターが登場します。このキャラクターがジャスミンの良さを引き出していると言っても過言ではないですね。ジャスミンが悩んでいる時に相談する相手がダリアだったり、時にはダリアがジャスミンに対して喜ぶシーンがあったり。

 

姫と侍女という関係ではなく友人としての関係を築いているシーンはアニメ版には無いので、より人間らしいジャスミンが見れたような気がします。

 

またアラジンが「やはり3つ目の願いは自分の為に」とジーニーに語りジーニーがガッカリするシーンなどはジーニーがどれだけアラジンの事を信用し友として認識していたのか、アラジンは昔の自分に戻りたくないという焦りやジャスミンの気持ちを考え焦ってしまったりと、こちらも人間味が出ていて面白かったですね。アニメ版では描かれていなかった「人間味」。これが今作を良作と感じた理由の一つだと思います。

 

週間興行収入は堂々の1位。これは納得の出来栄え。

f:id:masanori1989:20190609113949p:plain

週間興行収入ではアラジンが断トツ1位を獲得しました。2位はまだまだ強い「ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ」3位に「怪獣の子供」がランクイン。怪獣の子供を観た時に「これが1位でもおかしくない」と思っていたのですが親子揃って同じ目線で見ることが出来る今作アラジンは私が見ても非常に面白いと思う作品でした。

f:id:masanori1989:20190607235600j:plain

パンフレットでは各キャストのコメントや今作に登場する衣装のこだわりなどが掲載されているので、劇場で見た帰りにでも購入して読んでみてください。これにて映画「アラジン」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

アラジン (吹替版)

アラジン (吹替版)

 
アラジン (オリジナル・サウンドトラック)

アラジン (オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る