近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

滋賀県大津市で起きた園児死亡事故で保育園側が責められているのがよく解らない

先日の滋賀県でのニュース

先日8日に滋賀県で悲しいニュースが起きた。事件が起きた大津市大萱は私も何回か通ったことがある道なので、速報として出た時はかなり驚いた。ニュースを見ている人で知らない人はいないかも知れないが原因は「直進車が来ているにも関わらず右折した車が直進車に衝突し、直進車が歩道側に衝突してしまった」という。

 

news.tbs.co.jp

 

 私としては滋賀県で起きたニュースなので様々なニュースサイトやメディアなどで今回の事件を見ていましたが1つ疑問に思った事は「メディアが保育園を責めようとした瞬間」が私としてもよく解らなかった。どのような点に疑問が起きたのか、少し書いてみたいと思います。

 

保育園側に責任があるのでは?という姿勢が気になった

私が一番最初に気になったのは「ミヤネ屋」で「なぜ保育園側はこんな危険な場所で散歩をしていたのか」という報道があった。

f:id:masanori1989:20190509105013p:plain

事故があった交差点というのは私も運転していて思うのは確かに交通量が多い場所ですが信号も設置され、周辺には車が視界を失くすような建物も無い。この先には公園があり、そこで遊ぶ事が多かったようですが、これに関して言えば同じような環境で散歩をして遊びに行く保育園や幼稚園というのは多いのではないでしょうか。

news.livedoor.com

そしてその後の保育園側の記者会見。あれは胸が痛かった。まだ対応が追いついていない場面で記者からの質問。「どんな様子で出ていったのか」「危険な場所という認識はあったのか」「園児たちにどういった声をかけてあげたいか」。そんな質問に涙を流し、質問に答える事が出来なかった園長先生の姿を見ると私は悲しい気持ちになってしまった。

 

もっとよく考えて質問してあげてほしかった

そもそも私は記者会見をする必要は無かったと思っているのですが、記者会見での質問はもっと考えてしてほしかったと思いました。まだ今回の事故は報道されると思いますが、私としては保育園側をしばらくソッとしてあげて欲しいと思ったので、今回はこんな記事を書いてみました〈完〉