ga('create', 'UA-46389806-1', 'auto'); ga('send', 'pageview'); meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『映画・ネタバレ有』劇場版Fate/stay night heaven's feelⅡ lost butterflyを観てきた感想とレビュー!-初日プレミアムイベント中継付で観てきました-

劇場版Fate/stay night の2作目がようやく公開!

f:id:masanori1989:20190112124438p:plain

「Fate/stay night」を映画化し全3部作の今作は第2章となります。前回観に行った際、土曜公開の月曜にはパンフレット・グッツが全滅していた事に衝撃を受けたので、今作は土曜9時公開の「初日プレミアムイベント舞台挨拶中継付き」を観に行く事にしました。

 

通常であれば2時間程で終わるのですが舞台挨拶付きは約3時間となっており、通常料金ではなく3000円の入場料金となっています。しかし原作ファンからすれば舞台挨拶を中継とは言え観た後、本編を見れるのはかなり嬉しい。3000円は安いです。

 

今作を知らない人に説明しますと「Fate/stey night」は元々PCゲームであり「聖杯戦争」の真実に迫ったシナリオルートを今作は「桜ルート」で描かれています。今作のストーリーは。

 

10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪みが生じていく。一方、魔術師(マスター)として参戦していた衛宮士郎は傷つき、英霊(サーヴァント)のセイバーを失ってしまう。それでも士郎は、桜を守るため戦い続ける。そんな士郎の身を案じる桜だったが、彼女自身もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく。(映画.com引用) 

 

ファン待望の第2章。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

桜の想いはどうなるのか・・・衝撃の第二章

f:id:masanori1989:20190112124450p:plain

第一章は言うのであれば「序章」に近いストーリーだったのですが、今作は桜が自ら選び、士郎もまた選ぶ。物語の確信に迫る第二章ですが、まず前作の直後からスタートした今作ですが、やはり映像美に酔いしれる事になります。

 

前作の第一章でも同じような事を書いたと思いますが、本当にアニメーターの人や監督のこだわりが視える映像美です。今作の舞台である「冬木市」は架空の都市ですが、冬木市が実際にあるかのような細かさが今作も伝わってきたのは感動です。

 

さて、物語の話に戻りますが「桜ルート」はゲームのセイバールートと凛ルートをクリアすると開放される物語なのですが「聖杯の謎」「聖杯戦争」の真実が描かれています。間桐臓硯が桜の真実を語り、桜本人もまた受け入れながらも士郎との関係を選び進んでいきます。

 

従来のストーリーであれば桜は言われるがままの存在だったのですが、士郎への想いをぶつけた事により桜は幸せになるはずなのですが、桜の中に眠る力が暴走し始め、そして兄である慎二によって力は「冬木聖杯戦争」の最終章へと進んでいきます。

 

セイバーオルタとバーサーカーの戦いが震えた

f:id:masanori1989:20190112124347j:plain

今作のメインである戦いと言っても過言ではないセイバーvsバーサーカー。アニメーターの人の凄いと思ったのはこの戦闘シーンで凄いシーンだ!と思っても、また更にそれを上回る戦闘シーンが10分ほどの時間で次々に起こる。

 

本当に戦闘シーンは最後まで感動しっぱなしで目が離せない戦いでした。バーサーカーが倒れても復活し、更に強くなって復活しても倒れてしまう。今回のHeven's feel編はサーヴァントたちがアッサリ死んでしまうので、戦闘シーンが好きな人は物足りないかも知れないが、あの10分だけで私は相当満足しました。

 

慎二は第二章で登場終了・・・結局可哀想な奴だった

f:id:masanori1989:20190112124453p:plain

私は何だかんだ慎二は憎めないやつだと思っているのですが、今回もラストで死んでしまいましたね。桜を目覚めさせる最後のピースをはめてしまった慎二ですが、Heven's feelでは慎二の性格がよく出ていたと思います。

 

聖杯戦争の為、そして後継者になる為に努力していた慎二が養子である桜が後継者になる事を聞いてから彼の心が歪んでしまったのですが、士郎は何だかんだ慎二の事を見捨てはしないんですよね。慎二も桜の事を気にかけているのですが、歪んだ方の愛情なので不幸にしかならない。慎二の事を理解し正そうと士郎や桜がしていたのであれば、また違ったのかも知れない

 

初日プレミアムイベント中継でのコメントが面白かった

f:id:masanori1989:20190112124446p:plain

プレミアムイベントで登場したのは神谷浩史下屋則子杉山紀彰須藤友徳監督。この4名の方のコメントがすごく面白かったです。実は中継付を初めて劇場で視聴したのですが予想以上に楽しむことが出来ました。

 

以前までは中継付の何が楽しいのだろうか。と本音を書けば思っていたのですが実際に視聴した人と直後に楽しむことが出来るというのは非常に楽しいです。今作の主題歌を歌ったAimerの「I beg you」もイベントで本人が歌われたので、より一層今作の世界観に浸れることが出来ました。

 

家に帰りダウンロードして聞いたのですが今作の内容と合っていて非常に良い歌ですね。ただ側に居て離さないで欲しい、愛してほしいという歌詞は今作の桜そのものですね。

 

第3章は2020年春公開へ!ついに最終章。

f:id:masanori1989:20190112124442p:plain

次回はついに第五次聖杯戦争最終章へと突入します。桜がどのような結末になるのか、士郎がどのような選択を選ぶのか。今からどのような映像になるのか非常に楽しみですね。初日プレミアムイベントという事で土曜日に視聴しに行ったのですが、事前予約時点で席が8割程埋まっており改めてFateの人気に驚かされました。

f:id:masanori1989:20190112124005j:plain

今回は限定版パンフレットをしっかりゲット出来る事が出来ました。前回甘く見ていたのでゲット出来ませんでしたが、今回は大丈夫です(笑)

f:id:masanori1989:20190112123944j:plain

入場特典も頂けてグッツも多少購入する事が出来たので、今回は大満足ですね。まだ観に行ってないという方は2周目、3週目と入場特典が変わるようなので一度見た方も再度行って特典を貰う方が多いと思います。皆でFateを盛り上げていきましょう!