近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】話題沸騰中の「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた感想とレビューを書いていきます

伝説のロックバンド「Queen」

f:id:masanori1989:20181110122008p:plain

公開前から話題になっている「ボヘミアン・ラプソディ」。先行上映では「素晴らしい」という声が多かった作品なだけに観に行った人も多いのではないでしょうか。今作は伝説のロックバンド「Queen」のボーカルで1991年に45歳という若さで亡くなってしまったフレディ・マーキュリーの伝記ドラマとなります。

 

「X-MEN」や「ワルキューレ」のブライアン・シンガー監督を始めグレイテストショーマンなどを手がけた20世紀フォックス映画となっています。音楽総指揮に現Queenメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが参加しており劇場で使われている楽曲や当時の撮影風景などを忠実に再現しています。さて、気になるストーリーですが。

 

「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。(映画.com引用) 

 

全世界で愛されたQueenの苦労や葛藤など、今まで語られる事が少なかった彼らのストーリーが劇場で見れるというのはQueenを知らない人も是非観てほしいですね。では、早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

これ以上に無い”フレディ・マーキュリー”の映画

f:id:masanori1989:20181110121909p:plain

映画を観に行ったのは月曜日。帰ってきてすぐパソコンの前に座り、今回の記事を書いていますが、ハッキリ言えばまだQueenの曲が頭から離れない。それほど、興奮出来、そして感動出来る映画だった。

 

「Queen」と言えば伝説のロックバンドと知られ、世代ではない私でも聞いたことがあり、どの曲も一度は耳にしたことがある名曲ばかりです。

 

”フレディ・マーキュリーの伝記”と言えば簡単ですが、彼の葛藤やメンバーとの衝突、私生活でのフレディと私が知っているフレディとのギャップに驚いた。当時を知っている人からすれば「フレディはこんな人だった」と思うかも知れませんが、世代ではない私は衝撃でしたね。

 

そしてQueenの楽曲が映画の中でいくつも流れますが、本当に素晴らしい。ブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮をしているだけで凄いのですが20世紀フォックスの音響技術で映画館全体をライブ会場にしてしまうような臨場感は感動しました。

 

”フレディ・マーキュリー”を苦しめたのは時代だったように思えた

f:id:masanori1989:20181110121920p:plain

フレディー・マーキュリーが亡くなる前日に発表された公式のコメントがありますが、自分がHIV検査で陽性だった事。「マスコミのインタビューに応じないことで有名だったが僕の友人やファンに真実を伝える時がきた」という発表が1991年にありました。作中を観てるとフレディが女装したMVが米国では放送禁止になった。というシーンがありますが、まさに時代を感じますね。

 

今よりもLGBTに対する見方が差別に近い言い方がされている時代でフレディ自身も女性と付き合ったりする過去がありますが、最後はジム・ハットンと交際し死に至るまでの7年間を一緒に付き合うこととなります。

 

またフレディ自身が愛に飢えていたというのもよく解ります。家族やバンド仲間、友人にも愛されていたはずですが、彼のイメージする愛とは違った為、すれ違いが発生した事がキッカケで自分自身を追い込んでしまったように見えました。

 

”Queen”が伝説のバンドと言われ続ける理由

f:id:masanori1989:20181110122015p:plain

1980年代に遅れてQueenが人気となった米国では彼が亡くなった1992年にアルバム販売数が劇的に増加しました。Queenの世界中の売上記録は3億枚以上と見積もられていて、イギリスではQueenは全英アルバムチャートで最も多くの週に登場し、ビートルズをしのいでいます。

 

フレディ・マーキュリーの「伝説のチャンピョン」「ボヘミアン・ラプソディ」の2曲はソニー・エリクソンギネス・ワールド・レコーズにより、それぞれ最も偉大な歌として主要投票で投票されています。ポピュラーな音楽の歴史で最も偉大な歌手の一人として評価されるフレディはMTVの最も良い歌声22において、マライア・キャリーに次いで2位となりました。

 

彼が亡くなった後、彼の事を愛するファンが今もなお増えている事は映画を観た後、上記の記録がどれほど偉大なのか。それが解ると思います。

 

全米でも大ヒット記録!日本でも満員続出!

f:id:masanori1989:20181110121913j:plain

米国では興行収入57億円を超え、全世界では160億となっています。音楽系の伝記映画歴代2位となりました。当初米国では初週興行収入が3000万という予想だったようですが、それを大きく上回る結果となっています。

 

日本でも満員になる劇場が多く、月曜日に観に行った私はパンフレットを入手出来ませんでした。次入荷した際には是非とも手に入れて今記事で追記として書きたいと思います。全世界で大ヒットの「ボヘミアン・ラプソディ」。是非皆さん観に行ってみてくださいね!

【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)【特典:ステッカー付】

 
ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ