近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」を観てきた感想とレビュー!-一度も原作・アニメ観たこと無い人にもオススメ-

大人気作品がついに映画化

f:id:masanori1989:20181001134323j:plain

緑川ゆき原作の漫画で現在TVシリーズ6期まで放送されている大人気作品ですが、ついに夏目友人帳が劇場で公開されることとなりました。今作の劇場版はテレビ放送の1~4期の監督を努めた大森隆男が総監督とし緑川ゆき研修による完全オリジナルエピソードとなっています。さて、気になるストーリーですが。

 

小さい頃から他の人には見えない妖を見ることができた夏目貴志は、亡き祖母レイコが妖たちとの勝負に勝って書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒のニャンコ先生と共に、妖たちに名を返す日々を送っていた。そんなある日、夏目はかつての同級生・結城との再会をきっかけに、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。時を同じくして、夏目は名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝とその息子・椋雄と知り合う。母子の住む街に謎の妖が潜んでいると聞いた夏目は、ニャンコ先生と共に調べに向かうが……。(映画.com引用) 

 

現在最新刊23巻が発売されていますが22巻の時点で累計発行部数は1200万部越えという少女漫画の中では大ヒットとなっています。今作のゲスト出演として俳優である高良健吾や声優初挑戦となるバイキングの小峠英二も出演されています。オリジナルエピソードということもあり、非常に楽しみにしていました。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

"劇場版”だからこそ出来るストーリー

f:id:masanori1989:20181001134413p:plain

今作の「うつせみに結ぶ」はまさに劇場版だからこそ出来るストーリーだったのではないでしょうか。TVシリーズでは1話完結が多く、2話続くことはあっても同じストーリーが3話、4話と続くことはない。今回は五丁町を舞台に様々な妖怪、ストーリーが展開され最後は1つストーリーになっていく。

 

劇場版アニメとなると登場人物や物語の設定など「原作を観ていないと解らない」という問題があり、しかも限られた時間で長編を進めなければならないので違和感を感じてしまうことが多い。しかし今回の「劇場版 夏目友人帳」は一切そんなことはない。

 

キャラクターの過去や設定など細かい紹介はないが初めて「夏目友人帳」に触れる人にもわかりやすい世界観になっている。これはファンとしても、これからファンになっていく人も。観ていて、とても安心出来る作品になっていると感じます。

 

夏目や祖母のレイコさんにも関わる「ホノカゲ」という妖怪

f:id:masanori1989:20181001134314p:plain

夏目友人帳と言えば「笑えて、考えて、悲しんで」。という観ていて心を揺さぶるようなストーリーが多いのですが私としては今作は「泣けた」。

 

夏目や祖母であるレイコ。妖怪が見えることにより他人から避けられ辛い思いをしてきた。今作に登場する「ホノカゲ」は人に紛れ込み、一緒に暮らし、去ると人々の記憶から無くなるという妖怪だった。それは山神の怒りに触れ障りを受けてしまったことが原因なのですがレイコが「良いな」というセリフ。

 

人と交わることを避けてきたレイコが言ったセリフは恐らく本心でしょう。夏目も共感したようなシーンもあります。今回のストーリーは夏目やレイコに関わる内容だったと思いました。

 

夏目友人帳らしい”面白さ”もあった

f:id:masanori1989:20181001134317p:plain

勿論感動はしたが夏目友人帳らしい面白さも健在です。にゃんこ先生が3匹に分裂してしまった際、元に戻そうと夏目組犬の会が圧縮したり、投げたり、振り回したりと映画館で笑いを堪えるのが辛かったですね。

 

夏目友人帳らしい”笑い”というのは笑った後に、しんみりした話が待っていることが多いので、そのバランスが絶妙だと思います。その絶妙さは今回の劇場版も健在で、原作ファンは勿論、アニメから入った人でも今回の劇場版は満足の出来る仕上がりになっています。

 

花や虫などのワンシーンが癒やされた

f:id:masanori1989:20181001134420p:plain

山や木、花や虫。そして容莉枝が作る切り絵の作品。夏目たちが住む街は言い方が悪いかも知れないが田舎の分類に入る。夏目友人帳を好きになった理由は面白さもありますが、どことなく自分が育った町並みに似ていることから親近感が湧いてきます。

 

山に囲まれ「昔の田舎はこんな感じだった」と思わせる風景が夏目友人帳という世界観に引き込まれる人が多いのではないでしょうか。

 

間違いなくファンは観たほうが良い!!!

f:id:masanori1989:20181001134417p:plain

 間違いなく今観に行くのを悩んでいる人がいれば是非観に行って欲しい。アニメ版と同じ雰囲気・リズムで進んでいくので観ていて本当に気持ちの良い作品だと思います。

f:id:masanori1989:20181001122819j:plain

パンフレットでは声優さんの一言コメントから夏目貴志役の神谷浩史×ニャンコ先生役の井上和彦の対談などもあるので是非購入して読んでほしい1冊になっています。

 

これにて映画「劇場版 夏目友人帳-うつせみに結ぶ-」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)

 
夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX