近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】大ヒットした韓国映画を日本版にリメイク!「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を観てきた感想とレビュー

あのSUNNYが日本版リメイクとして公開

f:id:masanori1989:20180902185528j:plain

2011年に公開され韓国は勿論の事、日本でも大ヒットを記録した「サニー 永遠の仲間たち」の日本リメイク版が2018年公開されました。「モテキ」「SCOOP!」「バクマン」の大根仁監督と主演に篠原涼子、広瀬すずと奈美を現代と昔で演じています。

 

韓国版の舞台は1980年台ですが日本版では1990年代に変更し世の中がJK中心になって動いていた元気な時代を描いています。さて、気になるストーリーですが。

 

90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。(映画.com引用) 

 

韓国版のサニーが良作だったので”リメイク”と聞くと不安になるのですが、一体どのような作品に仕上がっているのか。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

90年代のコギャルブームをスクリーンでリアルに表現されている

f:id:masanori1989:20180902185454j:plain

1985年に「夕やけニャンニャン」が放送開始し「女子高生ブーム」となった80年代後半から90年代。90年代のコギャルブームの中、奈美や裕子、心、梅、菜々、芹香の”サニーメンバー”を中心に物語が進んでいきます。

 

私も世代ではないのですが、当時女子高生だった人には懐かしいものばかりかも知れません。雑誌の「egg」や「東京ストリートニュース!」。また「PHS」や「ポケベル」「使い捨てカメラ」「サンリオグッツ」「写真帳」「ルーズソックス」など。今作に登場するアイテムは90年代を上手に再現されているのは面白かった。

 

個人的に面白かったのが上履きをペンでデコレーションしているのですが、そういった細かい所まで当時の女子高生ファッションがアレンジされ、今の世の中でも残っているのは凄い事です。

 

渉(三浦春馬)のファッションは当時、木村拓哉ファッションが流行っていた為、男性は皆真似をしていたそうです。世代は違いますが記憶にはあるので、懐かしいという気持ちにはなります。

 

リメイク版ですがオリジナル版の世界観を壊さないようアレンジされている

f:id:masanori1989:20180902185456j:plain

改めて今作を観る前に本家であるサニーを観たのですが韓国版と日本版を見比べてみて時代背景などは違いますが、雰囲気を壊さないようにアレンジされていると思います。やはり韓国版がオリジナルなので、オリジナル版の方が奈美と娘の関係など、奈美に関する心境が伝わりやすかったですね。

ただ20年経っていても「仲間である事には違いない」という気持ちは日本版、韓国版と伝わってくるので私個人的には今回のリメイクは成功だったように感じます。

 

現代版の女優さんは同級生という設定ですが、その中で渡辺直美が一番若いながらも登場しているのが個人的に少し面白かったですね。

 

今作の音楽シーンは小室哲哉が担当している

f:id:masanori1989:20180902185503j:plain

90年代はヒットソングが多い中、今作のSUNNYでは劇中に様々な曲が使われています。「LA・LA・LA・LOVE SONG」のオープニングから始まり「CANDY GIRL」「Don't wanna cry」「EZ DO DANCE」「survival dAnce」「そばかす」「これが私の生きる道」「やさしい気持ち」「ぼくたちの失敗」「強い気持ち・強い愛」。

 

そしてエンディングに「SWEET 19 BLUES」となっています。90年代を感じるのは勿論上記でも紹介した小物などもありますが、90年代と言えば音楽も盛り上がっていました。90年代楽曲で感情移入出来やすくなってますね。

 

韓国版でも有名曲が沢山使用されているので、そちらも是非チェックして欲しいと思います。

 

当時の仲間たち、そして今の自分の仲間たちと観てほしい

f:id:masanori1989:20180902185524p:plain

作中で「今の自分と過去の自分」と比べるシーンが数多くあるのですが「人生の主人公」としてどう思うか。様々なストーリーがあって現在の自分があると思うのですが、改めて友人や仲間というのは良いものだなと思いました。

 

今作は笑ったり、泣いたり出来る作品ですが、今いる友達や仲間が自分にとって大切なものなんだ。と再確認出来る映画なので是非友人と観に行ってほしいと思います。

f:id:masanori1989:20180903162615j:plain

今作のパンフレットでは各出演人のコメントやSUNNYで気をつけて90年代コギャルファッションや小物、どういう時代だったのか。などが掲載されているので今作を観た後楽しめる内容になっています。是非映画を観た後、購入し読んでみてください。

 

これにて映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track

 
サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray