近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】こんな松坂桃李は観たことない!娼夫として生きる男を描いた「娼年」を観てきた感想とレビュー

石田衣良の「娼年」を実写化!

f:id:masanori1989:20180627162657p:plain

石田衣良による恋愛小説が主演松坂桃李で映画化となりました。舞台にもなっていた「娼年」ですが、こちらも松坂桃李が主演で出演しています。今作は何よりも驚いたのは全国ロードショーにも関わらずR18指定映画だという事。

 

勿論当たり前ですがセックスをテーマにしている作品なので濡れ場が多い。公開されたのが4月6日からなのですが、劇場に来た割合が女性が80%。そしてカップルも非常に多かったようです。そんな気になるストーリーですが。

 

バイトに明け暮れ無気力な毎日を送っているリョウ。ホストクラブで働く中学の同級生シンヤがリョウのバイト先のバーに連れてきたホストクラブの客、御堂静香。彼女は秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。「娼夫」という仕事に最初は戸惑うリョウだったが、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていく。リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして彼女たちは自分自身を解放していった(映画.com引用) 

 

様々な女性が登場するのですが「性」一つを取っても様々な形があるので、それがどのように表現されているのか。非常に興味があります。

 

監督は「何者」「裏切りの街」などで知られる三浦大輔。舞台の監督・脚本も同監督がされているので、その点も注目して観てみたいと思います。

 

映画化したのが素直に凄いと思える作品だった

f:id:masanori1989:20180627162714p:plain

この映画を観てみた後、素直な感想を書くのであれば映画化したのは素直に凄いと思える作品だった。しかも娼年は一部ロードショーではなく、全国というのは凄いですよね。

 

舞台の方は残念ながら見たこと無いのですが、今作の娼年は、やはりR指定という事もあり2時間10分のうち1時間半は濡れ場だったように感じます。恋愛や女性に興味が無いリョウだったが娼夫として働くにつれて、次第に性に対する喜び、女性を大切にする気持ち。それらを知ったリョウは静香へと目線を向けていく。

f:id:masanori1989:20180627162710p:plain

通常のセックスから体を悪くした旦那の要望で妻を抱いてほしい。と言われ、また他には同じ大学に通う女学生だったり。様々な性の形を作中で描かれていますが、先程書いた通り映画の8割は濡れ場のシーン。

 

松坂桃李が女性を喜ばせ、時には喜ばされ。今作を視聴した8割が女性だったと言いますが、実際に私が観た劇場でもお客さんが18名いたうち、男性は私を含め2人だけでした。「性」という難しいテーマを映画化しているのですが、観た後不思議とサッパリしていますね。その理由はきっと松坂桃李の演技力にあると思います。

 

最後まで表情があまり変わらなかったリョウ

f:id:masanori1989:20180627162359p:plain

勿論ですが娼夫となり、女性に対する見方が変わったリョウは価値観が変わり表情も柔らかく笑うようにもなるのですが、それでも普段の無表情は変わりませんでした。

 

今作のプロデューサーは「丸1日延々とセックスシーンが撮影が続いても、時には卑猥なセリフを吐いたり、過激な描写があっても、何一つひるまず淡々と取り組む。肉体的にもハードなシーンが続く中でリョウという人物の感情の揺れ動きも表現したのは本当に大変だったと思う」とコメントしています。

 

セックスシーンというのは流れ作業のように撮られる事が多いのですが、今作はじっくり撮影されている為、セックスに関して言えば何一つ違和感が無い。男性の喜び、女性の喜びが上手く表現されていたと思います。

 

なぜ今作は”女性”の人気が高いのか

f:id:masanori1989:20180627162344p:plain

今作は女性に支持されている割合が多いのですが、勿論主演が松坂桃李だからという理由も大きいでしょうが、原作小説の「娼年」も女性人気が高いのです。

 

「なぜ女性に人気のある作品なのか」と男である私が書くのも変ですが、私が思うに「セックスに対し男女平等に描かれているから」ではないでしょうか。アダルトビデオだとストーリー性が無いものが多く、濡れ場がある作品と言ってもギャグ要素があったり、侠気のような世界であったり。

 

しかし今作は娼夫という仕事で、しかも描写は松坂桃李メインというよりは「性」をメインに撮影されているように感じました。2時間10分の中に様々な性事情がある。その事情は女性目線で描かれている事が多いので共感、もしくは興味がある内容かも知れない。

f:id:masanori1989:20180627162352p:plain

しかもその後、なにか後腐れがあるわけではない。あくまでもリョウは「娼夫」という職業であり、それに満足している。同級生である静香を抱いた際にも「僕は娼夫だから」とコンドームを付けた後「またバイト先のバーにおいでよ。」と優しく問いかける。

 

あのシーンは個人的にも非常に好きなシーンとなった。

 

R18作品だが、これは是非観てほしい

f:id:masanori1989:20180627162349j:plain

松坂桃李ファンだけではなく今作は是非観てほしいと思った。ジャンルは「恋愛」ですが、今作はもっと深いものがあると思う。それこそ「愛には様々な形がある」と再確認出来る作品ではないでしょうか。

f:id:masanori1989:20180625140003j:plain

今作のパンフレットですがProductionNoteが読み応えありましたね。撮影秘話や舞台の娼年と映画版との違いなどの内容にも触れています。後は松坂桃李のワンショットが掲載されているので、ファンの人も是非買ってほしいと思います。

 

これにて映画「娼年」を観てきた感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

娼年 豪華版 [Blu-ray]

娼年 豪華版 [Blu-ray]

 
娼年 (集英社文庫)

娼年 (集英社文庫)