近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【2018年最新】Dead by Daylight2周年!6月13日の大型アップデートでハッチ閉鎖・新キラー情報・新サバイバーなどを詳しく書いていきたいと思います

6月はここ最近では大きなアップデート

f:id:masanori1989:20180513125318j:plain

最近ユーザーがまた増えて生きているデッドバイデイライト。PS4で日本語正式版が登場した事が大きな理由かも知れませんが、1人のユーザーとしては増える事はありがたいと思いますね。マッチングがスムーズであったり、新しく始めた人と友人になったり。オンラインゲームの正しい遊び方をしているように思えます。

 

さて6月に予定されているアップデートですが、ここ最近のアップデートの中では非常に大きい変化だと思ったので記事にしてまとめてみました。参考になれば幸いですが、是非読んでみてください。

 

板を使う際にワープ出来る仕様を変更

f:id:masanori1989:20180512133953j:plain

従来であればチェイス中だと板を手前で倒したとしても走っていれば奥にワープするように板を倒すように出来、板の位置を把握しているサバイバーとチェイスする時はこれだけで発電機3台分時間を取られる場合もあります。私は「ワープ」と言っているのですが、アップデート後では仕様が変更となります。

f:id:masanori1989:20180512134437j:plain

アップデート後は板の手前で倒した場合、しっかりと手前で倒れるので行き止まりとなりキラーに殺されてしまいます。これにより、ただ後ろを見ながらチェイスするというのが出来なくなりましたね。板を倒す際には板の奥側で倒さなければ意味が無くなってしまったので、早め・キラーに当てる時など注意が必要となります。

 

決死の一撃(ストライク)の仕様変更

f:id:masanori1989:20180512132744j:plain

今はパーティーに1人付けているのが当たり前となっている決死の一撃。これの仕様が変更となります。従来はスキルチェック範囲が狭く、成功した際にキラーから脱出出来ましたが、仕様が変更になりスキルチェックの範囲が大幅に広くなりました。

 

そしてキラーから脱出出来、これだけでは「強化」と思うかも知れませんがその後です。上記の画像でも書いていますが「弱音はナシだ」と同様になりその後の回復などが不可能になります。チェイスなどに自信がある人は良いですが、この仕様の変化により考えられる立ち回りは。

  • 序盤に使わず、最後まで取っておく
  • メメント(殺害)を持っているキラーは2回目に使う
  • 1人だけではなく数人「決死の一撃」を持ってきていると詰む

こんな感じでしょうか。最後は全員が全員、ラストに使えば問題無いのですが序盤に使ってしまう人もいるのでタイミングが難しいですね。

 

こちらは弱体化になりませんでした。他の方は弱体化になったと書いていますが、現在の所確認出来ていません。

 

死恐怖症の強化

f:id:masanori1989:20180512133152j:plain

決死の一撃成功後は「弱音はナシだ」の状態になり回復不可能となる。という話を上記でしましたが、問題はここです。死恐怖症が強化され上記の%が変更になるようです。死恐怖症と破滅の組み合わせを使っているキラーも多いですが、このアップデートにより更に増えそうですね。私個人の意見として破滅などのパークは壊されるモノという感覚なので、最後まで残っているのは稀なんですよ。

 

こういった死恐怖症の強化はキラー側からすれば有り難いです。そして死恐怖症の強化や決死の一撃の仕様変更で予想されるのが「セリフケア」の弱体化がくるかも知れないという事。死恐怖症の強化でセリフケアのスピードが大幅に落ちる事が予想されます。

 

なのでアイテムから治療キットなどを持っていく人が増えそうですね。

 

 

障害物の高さ変更

f:id:masanori1989:20180512132037j:plain

障害物の高さ変更があるとの発表がありました。例えば藁やドラム缶。そういったモノの高さが変更なりサバイバーは隠れやすい環境となります。これは実質ハントレスの弱体化だと思いますね。

 

従来であれば小さいドラム缶などは頭が少し見えていたりして斧を当てる事が出来ましたが、このアップデートが適用されるとそれが出来なくなってしまいます。ハントレス使いは少し面倒なアップデートかも知れません。しかし上手い人は関係なく当ててくるのでサバイバー側からすれば、あまり意味の無いアップデートかも知れませんね。

 

プレイヤーレベルの実装とシャードの受け取り仕様を変更、そして新通貨追加

今ある「聖堂」と呼ばれるシャードを使用してパークを獲得出来るシステムが存在するのですが、その仕様が変更になると発表がありました。

 

従来だと毎ゲーム7~10個程獲得出来ていましたが、今回からプレイヤーレベルが上がると貰えるように変更すると発表がありました。試合を行う事でレベルが上がり、褒美としてシャードを貰えるのですがパークだけではなく新スキンなども変更出来るようになります。

 

そして現在シャードの上限が1000ですが、その上限が無くなり沢山持てるようになります。そして新通貨である「オーリックセルズ」と呼ばれる通貨。

 

ついにDBDにも課金要素が追加となりました。今までも服やキラーなどは課金で購入していましたが、それとは別に課金要素が増えたという事とになります。

 

初心者用にチュートリアルを追加・そして固有パークが最初から使える

最近DBDの人気が高くなってきたのですが、初心者の人だと最初は殺されてばかり、もしくは煽られて嫌になってしまう。なんて事も多いと思いますがアップデートはCPU相手に練習する事が出来ます。

 

そしてキャラクターの固有パークが最初から使えるようになった。というのは非常に驚きです。初心者には嬉しいクローデットの「セリフケア」など最初から使えるというのは有り難い事ではないでしょうか。今からDBD始めるという方は嬉しいアップデートだと言えます。

 

新キラー・サバイバー情報

今年は3人のキラー・サバイバーを追加すると公式が言っていますが、6月に登場するであろうキラーは「サーカスの団員」の姿のようだったという情報があります。 

 

サーカスと言えば昨年公開された「IT/イット」のピエロだと思ったのですが、オリジナルキャラクターだという公式の声を見ると違うようですね。これに関してはまだ情報が少ないので公開され次第更新したいと思います。

 

ハッチ閉鎖

ハッチ閉鎖はテストサーバーの段階では出来ていたのですが、今回のアップデートではまだ実装されていないようですね。

 

ハッチ閉鎖されると発電機の修理速度が上がって、再び修理するとハッチが開くという噂がありましたが、それが無くなりました。一度ハッチを閉鎖されるとゲート戦になるので、サバイバーはゲートを開くしか脱出するしかありません。

 

ただ鍵を使用して再びハッチを開くという方法もあるでしょうが、それは中々難しそうですね。

 

【追記:2018年5月26日】

f:id:masanori1989:20180526160832j:plain

公式動画で新サバイバーの後ろ姿が公開されていました。大人の女性でギターを引いているのが解ります。前回がタップ刑事で男キャラクターだったので、予想通りと言いますか女性キャラでしたね。

f:id:masanori1989:20180526161031p:plain

そして割れた瓶からは紫色の煙が出ています。この瓶をどのように使うかは不明ですが、毒を使ってサバイバーを妨害したり殺害するキラーではないかと予想されます。

f:id:masanori1989:20180530021753p:plain

毒を相手に投げて当てることによって様々な効果を与える事ができます。ハントレスのように投げるのですが「投げる→攻撃」を繰り返すキラーになります。投げてサバイバーに当たるとサバイバーが悲鳴をあげて場所がわかります。

 

そして当てられてサバイバーは治癒効果低下、移動速度低下。そして何よりも画面がユラユラして見にくくなるのは厄介ですね。スプバ(全力疾走)など加速系は毒を当てられた後だと加速が低減してしまうので注意が必要です。個人的にはドクターと同じ使い方ですね。

 

ただ固有パークの一番左側。このパークは強い。強ポジの窓枠を封じることができるので、これは強い。クールタイムがレベル3で16秒というのも魅力的です。これを持ってくるキラーは増える事が予想されます。

 

キラーが増えるようになるかも知れない!?

f:id:masanori1989:20180513132449j:plain

すでに絶滅危惧種になっている新キラーだったピッグ。当初は強いと思っていたのですが、サバイバー側・キラー側をやってみると強くないんですよね。探知パークを付けている人は一発でバレるので個人的にはデイリー以外はあまり使わないキラーとなってしまいました。

 

しかし今後の「設置物の高さ変更」によりハグやピッグなどのキラーを使うキラーが増えるかも知れませんね。藁の隙間からいきなり現れて襲われるという本来のホラーゲームの要素が体験できそうで、それが非常に楽しみです。また新しい情報が入り次第、訂正・追加を書いていきたいと思うので宜しくお願いします。

 

【2018年6月13日追記】

さて、ついにアップデートされたDBDですが、正式版をプレイしてみて思うのは板の仕様変更などはテストサーバーで慣れている人が多いのか、弱体化したという印象はあまり感じられないですね。ただ違和感のあるワープが無くなったのが非常に有り難い。

 

そして新サバイバーであるクラウンの実績解除をしようと固有パークのみでプレイしてみましたがパークの力が弱いので3人殺せるのがやっとでしたね。

 

固有パークの窓枠封じ。あれはやはり強いです。どのマップでも言える事なのですが「強ポジ」が存在しており、それはサバイバーの有利ポイントなのですが、その一部を封じることが出来るというのは良い事です。

 

そしてクラウン。現在使用している人が多いですが、後々残るキラーかと言われると私の予想は「残らない」と思います。クラウンの固有パークである窓枠封じ。これを窓枠越えが早いマイケルなどに使用する人も多いでしょうし、治療スピード低下は爆音パークと組み合わせる事で生きると思うので、中々「クラウン大好き」という人は今後、減っていくでしょうね。

 

とりあえずクラウンをレベル43まで上げましたが、レベル50まで上げて欲しいパークを揃える所まで頑張りたいと思います。

Dead by Daylight Special Edition (PS4) (輸入版)

Dead by Daylight Special Edition (PS4) (輸入版)