近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

読まれているサイトはどんなサイトなのか?アクセス数アップへの近道がないか考えてみた

読まれているサイトはどんなサイト? 

f:id:masanori1989:20171112204205j:plain

どうも。ブラックペッパーを使っている最中に鼻に入ってしまい30分ほどくしゃみが止まらなかったid:masanori1989です。皆さん、こんにちわ。

 

さて今回は「読まれているWEBサイトってどんなサイトが多いの?」という話題なのですがブログを書いていて「2年続けているけど、アクセス数1日100PVでも問題無い」という凄いマイペースな人はいないと思いますが、少なからずアクセス数というのは気になっていると思います。

 

しかしダンボーは考えてみた。アクセス数多いサイトというのは何がそんなにアクセス数多いのだろうか。今回はその点を考えていきたいと思います。

 

情報が最新か、もしくは事実か。

これは情報サイトで言えるのですが、情報サイトで読まれているサイトというのはいかに情報が最新であるか。そして他のサイトから引用したような文章ではなく、ライターさんが自分の意見を持って書かれているか。

 

それが重要だと思います。例えば、はてなブログでもお世話になった人が多い「GIGAZIN(ギガジン)さん」。GIGAZINさんに紹介されるとアクセス数の桁が変わるという噂がありますが私も好きでよく見ています。

gigazine.net

今のレイアウトになったしばらく経ちますが、やはり第一印象は「見やすさ」ではないでしょうか。他の情報系サイトにも言える事なのですが人目で「どの話題の情報なのか」を人目で解る事はかなり重要だと思います。

 

そしてそれを最新に保ち嘘の情報を流さないようにするという”指名”もあるので、更新頻度は1日3~10件と多いですが、それだけアクセス数が見込めるという事ですね。

 

書いている人の”オリジナリティ”が大事

f:id:masanori1989:20171112210623j:plain

実際に経験した事、観たこと、読んだこと、食べたこと。なんでも良いのですが「オリジナリティ」が大事だと私は思います。実際に私もよく食べに行った後、ブログでご紹介していますが「食べログ」を見てみると評価が悪くても、実際に行ってみると愛想も良く、料理も美味しいという事が多々あります。

 

食べログを批判する訳ではないですが、すべて信用出来るレビューかと言われると、そうではありません。あくまでも好みの問題もありますからね。

 

映画でも同じことが言えるのですが他の人が絶賛している映画も「う~ん」と思う時がありますし、逆に周りがイマイチだと思っている映画を「これは面白い」と思う時もあります。

 

食べ物でも映画でも言えるのですが記事を書く上で大事なのはオリジナリティだと思っているので周りが何と言おうが自分の意見でしっかり書く事が読者さんへの敬意かなと私は考えています。

 

やはり強い”まとめ系サイト”

f:id:masanori1989:20171112212018p:plain

アフィリエイトの鉄板といえるのが「まとめ系サイト」。コツコツと自分で面白そうな掲示板やニュースをまとめている人もいますが、今は自動ソフトなども販売されているのでボタン1つ押して、後は修正するだけで出来てしまう。

 

仕組みをわかった所で今は大手のドメインパワーが強すぎて新しい人が中々入れないジャンルですが、まとめ系は改めて凄いという印象があります。私の友人にもまとめ系管理人をしている人がいますが、かなり稼いでいるようです。そんな友人と話していると共通して話題になるのが「一般の人がまとめ系を読む時代になったのが驚いた」という事。

 

今で言う5ちゃんねるですが、一般の人が読むものとは昔思いもしなかった。それがスマートフォンの普及やテレビを見なくなりネットサーフィンメインとなっている若い人が増えたせいか「まとめ系」と聞いて嫌悪感を抱く人が減ったのは凄いです。

 

どのジャンルをまとめるか管理人次第なのですが、そういったジャンルの話でいえば、まだ夢があるサイトとも言えますね。

 

あえて”炎上”を狙うサイト

f:id:masanori1989:20171112212024j:plain

炎上系ブロガーもありますがニュースサイトでも「あ、これは炎上を狙っているな」というサイトも数多くあります。私は炎上を狙うほど鋼のメンタルは無いですが、炎上を狙いアクセス数を伸ばし、そして金額を得るというサイトですね。

 

炎上系を一切見ない私からすると不思議なのですが、やはりそういったジャンルでもファンがいる訳でYouTuberでも炎上系の人がいますがファンが付いています。

 

炎上系を運営した事は私にはありませんが「あの炎上系の人よりも自分の方がもっと炎上出来る自身がある」と思っている人は良いかも知れません。

 

読まれるサイトには訳がある

f:id:masanori1989:20171112204830j:plain

やはり読まれているサイトは検索ワードで1位を取れるほどの「ドメイン力」「オリジナリティ」「スピード」と言えますね。

 

例えば全世界で話題になっている「PUBG」というゲームも今からブログで紹介してアクセス数があるのか?と言われるとYesともNoとも言えません。

 

私も書いていますが月に結構アクセス数あります。PUBGの大手ブログが存在する中で、それだけアクセスがあるので何とも言えませんね。ただ旬のネタは早ければ早いほうが良いので「とりあえず大手には無い、自分しか作れないサイトを作ること」がアクセス数アップへの近道だと思います。

 

どのサイトが読まれるか、読まれないかはGoogleさん次第なのでコツコツと工夫し、改善していくしか無いのが現状なのですが少なくとも上記で書いた内容は重要だと私は考えました。

これからのSEO内部対策 本格講座

これからのSEO内部対策 本格講座