近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】僕のワンダフルライフを観た感想とレビューを書いていきます-ペットを飼った事がある人なら誰でも泣ける-

 

野良犬トビーと愛すべき転生を実写化

f:id:masanori1989:20171002175404j:plain

大ベストセラー小説であるW・ブルース・キャメロンの「野良犬トビーと愛すべき転生」を実写化したのが今回の「僕のワンダフルライフ」です。監督であるラッセ・ハルストレム監督は「HACHI 約束の犬」「マダム・マロリーと魔法のスパイス」などを手がけています。さて、気になるストーリーは。

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。(映画.com引用)

ペットを飼った事がある人なら泣いてしまいそうなストーリーですが、早速観てきたので感想・レビューを書いていきたいと思います。

 

ベイリーの4つの物語

f:id:masanori1989:20171002175443j:plain

最初はゴールデン・レトリバーとしての「ベイリー」。車に閉じ込められていた子犬を8歳のイーサンと母が助けたのがきっかけでイーサンに飼われる事に。イーサンに飼われお互いの信頼関係も深くなり「ボス犬」というあだ名も付けてもらう。

 

序盤ベイリーとして「もっとイーサンと遊びたい、側にいたい」という気持ちが、かなり感じ取れました。それはイーサンの事を大好きというよりも愛情に近いかも知れません。イーサンが10代になり恋人が出来てからも側にいたベイリーですが、農業大学に行く為にベイリーとイーサンは離れる事に。その間にベイリーは弱っていき、最後はイーサンに見届けられながら生涯を閉じます。

f:id:masanori1989:20171002175439p:plain

2回目はエリーという女の子。警察犬として指導されるシェパードに転生します。警察官であるカルロスと一緒に武器や犯人を見つけるエリーですがカルロスがどこか寂しそうにしている事に気づく。

 

実はカルロスには以前家族がいたが、現在は離れて暮らしていたのです。そんなカルロスをみて一緒のベットに寝たいと訴えるエリーでしたが最初は怒られるが、そんなエリーをみてカルロスは「ベットにおいで」と声をかけるようになります。

 

武器を持った誘拐犯を見つける事になったエリーとカルロスだが、カルロスをかばった為に撃たれてしまう。出血も酷くエリーはカルロスの腕の中で生涯を閉じます。

f:id:masanori1989:20171002175357j:plain

3回目は小さくなったコーギーティノ。マヤという彼女はいつも食べ物をティノに与えてしまう。そんな彼女はカルロスと似ている部分があることにティノは気づく。

 

どこか人との群れを嫌ってしまいマヤは「私はティノがいれば十分なの」と話しかける。そんなある日、ティノは公園で見かけたロクシーという女の子(犬)に一目惚れしてしまう。その飼主はマヤと一緒の学校に通っていたアルだった。

 

いつからか話しが弾みマヤとアルは恋人同士になり結婚し子供も生まれる。彼女が幸せになり安心したティノはゆっくりと目を閉じその生涯を閉じた。

f:id:masanori1989:20171002175401j:plain

4回目はワッフルズという名前をもらう。しかしワッフルズが大きくなってしまったせいで飼い主に捨てられてしまう。

 

家に戻ろうか悩むワッフルズだったがあの家に戻るならば街を出ようと走り出す。そこで見つけたのは懐かしいイーサンだった。イーサンに「バディ」という名前をもらい一緒に暮らす事になったがバディはある事を思いつく・・・。

 

ベイリーが”転生”を繰り返した意味とは

f:id:masanori1989:20171002175446p:plain

ベイリーが繰り返し転生した意味というのは「人生の意味」を見つける為でした。その意味を見つける為に4回生まれ変わり、合計5回の人生を過ごすことになるのですが、最後にベイリーはイーサンに「僕がベイリーだよ」と気づいて欲しいが為に、公園であった「懐かしい匂い」に会いに行きます。

 

その「懐かしい匂い」こそイーサンが昔付き合っていたハンナの娘でした。その娘に付いていくとハンナ本人に出会うのですがバディのプレートを見て驚いた顔をする。そのプレートには「イーサン」の名前があったからです。犬を届けにいったハンナと、ハンナを見て驚いたイーサン。その時イーサンは昔酷い振り方をした事、それを悔やんでいる事を言い、残りの人生を一緒に過ごして欲しいと伝えます。

 

ハンナは頷き結婚した2人だがバディはもう1つ重要な事がある。自分がベイリーだと気づいてもらう事だ。ベイリーだと気づいてもらう為に様々な仕草を見せるバディだがイーサンは気づいてくれない。そこでバディは小屋にあった昔のボールを持ち出し、あの芸を見せる事にする。

f:id:masanori1989:20171002175454p:plain

それに驚いたイーサンは「いや、まさか」と驚きながらも「ボス犬」という言葉をいうとバディが元気よく吠える姿にベイリーの生まれ変わりだと確信するのであった。

 

バディからベイリーという首輪に変わり3人で楽しく姿で映画が終わりますが、それがベイリーの転生していた理由かも知れません。最愛の人と”今”を生きる為にベイリーは幸せを繰り返していたという事でしょう。

 

ペットを飼った事があるすべての人へ

f:id:masanori1989:20171002175352j:plain

私も昔は犬を飼っていましたが数年前に亡くなってしまい、今回の映画では本当に泣けるシーンが沢山ありました。”共感”というべきなのでしょうか。

 

ペットを飼ったことがある人であればこの映画に共感出来る部分も多いのではないでしょうか。昔を思い出したり、もしくは現在飼っているペットの事を更に愛おしく思ったり。勿論、亡くなった時の思い出は辛いものがありますがそれ以上のものをペット達は与えてくれる事をこの映画から伝わってきました。

 

ペットを飼った事がある人、現在飼っている人はこの映画を観て何を思うかは解りませんが1つ確実なのは「ペットは最愛の家族」という認識には違いないという事です。

 

この映画は間違いなく”泣ける”映画だと思う

f:id:masanori1989:20171002175451j:plain

私自身予告編をみて「泣けるだろう」という気持ちで観ましたが正しくは「自然と泣いてしまう映画」でした。ベイリーが何度も生まれ変わり、そこには様々な形で役に立ち、救い、愛し、共に生きるという姿は可愛さもあり愛おしさもあります。

 

「また観たい」と思える映画だと私は思いました。

f:id:masanori1989:20171002180211j:plain

パンフレットには各キャストのインタビューや監督のこの作品に対する想いなどが書かれています。またベイリー、エリー、ティノ、バディの写真が沢山掲載されているのでこの作品を観終わった後、各ワンちゃんの可愛い姿に癒やされてください。

 

これにて映画「僕のワンダフルライフ」の感想・レビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

www.yuruiblog.com