近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?を観てきた感想とレビューを書いていきます 賛否両論だが私は良作だと思えた

「if もしもシリーズ」を長編アニメ映画化

 

f:id:masanori1989:20170825154139p:plain

1993年にフジテレビで公開されたテレビドラマ作品で1995年には映画化。そして今年の2017年には長編アニメ映画化されました。1993年放送されたドラマシリーズは「世にも奇妙な物語」のレギュラー放送終了を受けて制作されたオムニバスドラマで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は「if もしも」の16話となっています。

 

事前に動画サイトHuluで1995年に公開された劇場版を観ていたのでストーリーは全く気にならなかったのですが、どうもこのストーリーが賛否両論のようですね。

 

この1993年に公開された「if もしも」は主人公の選択によってストーリーが変化するというドラマで「主人公がストーリーをやり直す」というのはルール違反という決まりがあり「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はそのルールに反していると言えます。スタッフ側が不満だったと言われていますが、このドラマが異例の日本映画監督協力新人賞に選ばれ有名になりました。

 

さて、今作のストーリーは以下の通りとなっています。

とある海辺の町の夏休み。中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。(映画.com引用) 

 では、早速感想・レビューを書いていきたいと思います。

 

ファンタジー要素などを含み原作には無い表現が良かった

f:id:masanori1989:20170825154206p:plain

前半は原作に忠実に作られていて、ドラマ版、もしくは劇場版を観たことがある人であれば違和感なく観れる事だと思います。しかし原作と違うポイントは「もしも玉」の存在。主人公がその玉を使い「もしもあのとき、行動していれば!」「この世界は間違った世界だ!もしあの時、行動していれば」と、もしも玉を使ってやり直します。

 

この点が賛否両論だったのですが「この映画をアニメでやる意味」という点が注目ではないでしょうか。総監督である新房昭之さんも言っています。

 

例えばヒロインである、なずなが電車内で瑠璃色の地球を歌うシーン。シンデレラのようなドレスを着て、馬車に乗っているシーンがあるのですが、そういったシーンなどはアニメーションでしか出来ない表現方法と言えますね。

 

またこの作品のタイトルである「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」なのですが「花火は横から見たら丸いか?平べったいか?」という議論を少年たちが始めますが花火が平べったく打ち上がる表現もアニメーションらしいと思えます。そういったファンタジー要素もこの作品の良い所と言えるのではないでしょうか。

 

美しい描写はまた観たいとも思える

f:id:masanori1989:20170825154234j:plain

動物や小物、背景や人物まで細かく描かれているのは映画が始まって5分もしないうちに、その美しさに「これは良いな」と思えました。

f:id:masanori1989:20170825154300p:plain

こういった風鈴や街並み、どこか懐かしいと感じる風景に子供時代を思い出した人も多いのではないでしょうか。映画を観た人は気づいたかも知れませんが携帯電話やPCなどが一切登場しない為、昔懐かしい田舎の風景とも言えますね。

 

”あの子の為に”と一生懸命な主人公の姿

f:id:masanori1989:20170825154407p:plain

正直に言えば主人公である典道の行動というのは「何をやっているんだ」と感情移入出来ない場面も数多く存在します。しかし「中学生」という設定を考えれば当然なのかも知れない。

f:id:masanori1989:20170825154436j:plain

自分が仮に自分が中学生の時に典道のような行動が出来るかと言われるときっと、もしも玉を使う前の行動が当然なのかも知れない。今の中学生が見れば「いや、もしも玉を使わずとも行動出来ただろ」と思うかも知れませんが、時代背景を考えると納得がいきました。それは現在30代~40代。もっと上の年代の人も「もし仮に自分が裕太や、なずなだったら」と思いながら観てみてください。

 

ファンタジー要素はあるが”純愛とはこういう事なんだろうな”と、どこか懐かしい気持ちになれるのではないでしょうか。

 

主題歌である「打上花火」が流れた時は鳥肌

今回の主題歌である「打上花火」はDAOKO×米津玄師の歌となっています。


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

この歌は映画公開前に聞いたのですが、改めて劇場で映像と一緒に聞くことによって、鳥肌が出るくらい良かったです。夏の切なさというのでしょうか。夏休み終わり間近に公開になったのですが、そんな夏休みを締めくくるかのような曲だと思います。

 

特に「傷つくこと喜ぶこと繰り返す波と衝動 焦燥最終電車の音」という歌詞が好きですね。

 

総合的に良作だったと思える映画でした

賛否両論というよりも、少し否定的な評価が多い作品ですが私は総合的に見ても”良作だった”と思える作品だったと思います。

f:id:masanori1989:20170825154943j:plain

パンフレットでは各キャストのインタビューはもちろんですが「原作者:岩井俊二×脚本:大根仁×総監督:新房昭之」の対談が掲載されています。それが結構面白い内容だったので、映画を観られた方は是非買ってみてください。

f:id:masanori1989:20170825155010j:plain

さて今回は「ブックマーカー」も買ってみました。もしも玉が付いた可愛いブックマーカーだったのでついつい買ってしまいましたね。お値段は849円(税込)となっています。

 

賛否両論で不安でしたが私は観てよかったと思える映画だったと思います。この夏の終わりに「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観に行ってみてはいかがでしょうか?