近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】カーズ クロスロードを観てきた感想とレビューを書いていきます 大人だからこそ観るべき映画

大人気作品もシリーズ3作品目

f:id:masanori1989:20170817171757p:plain

公開から1ヶ月ほど経っていますがカーズ クロスロードを観てきました。1ヶ月経っていますが夏休みという事もあり映画は子供たちにで賑わっています。今作のキャッチコピーである「この挫折は終わりか、始まりか?」「夢の続きか、新たな人生か?」「ディズニ/ピクサー史上最大の衝撃」は観る前から気になっていました。

 

以前から評価は読んでいたのですが評価も高く「これは観てみるか」と思いたち先日行ってきました。さて、今作のストーリーですが。

すでにベテランの域に達しつつあるマックィーンが、次世代レーシングカーの台頭と、レース中の大クラッシュをきっかけに人生の岐路に直面し、大きな決断を迫られる姿を描く。あるレースで、最新テクノロジーを追求した次世代レーシングカーのジャクソン・ストームにまさかの敗北を喫したマックィーン。やがて周囲ではストームをはじめとした次世代レーサーたちが台頭し、マックィーンと同世代のレーサーたちは次々と引退。マックィーンもレース中に大クラッシュを起こしてしまう。故郷ラジエーター・スプリングスで失意のどん底にいたマックィーンは、仲間たちの励ましもあって再起を決意し、最新技術を誇るトレーニング施設で訓練を開始。担当トレーナーになったクルーズ・ラミレスとともに、トレーニングに明け暮れるのだが……。 (映画.com引用)

 では、早速感想とレビューを書いていきます。

 

「終わりか、始まりか?」衝撃のストーリー

f:id:masanori1989:20170817172339j:plain

予告編でも衝撃だったのがマックィーンがクラッシュしてしまうシーン。そのシーンはカーズファンなら誰もが驚いたシーンではないでしょうか。

 

第一作目であるカーズではマックィーンが次世代レーシンカーとして登場し世間を騒がしますが、今回はジャックソン・ストームという次世代レーシンカーが登場します。

f:id:masanori1989:20170817172652p:plain

優れているのはマシンスペックだけではなく、すべて計算されたボディやコースに合わせての走行などマックィーンには無い技術で追い込んでいきます。マックィーンは2006年型のピストンカップ・レーシング特別仕様となっていますがジャクソン・ストームは2017年型ピストンカップ・レースカー特注仕様とマックィーンよりも11年新しいことが解ります。

 

マックィーンは勝てない焦りから事故にあってしまいますが、その後の葛藤や決断というのは子供だけではなく大人でも興味津々になったのではないでしょうか。

 

マックィーンの運命を左右したクルーズ・ラミレス

f:id:masanori1989:20170817173339j:plain

トレーナーであり2017年型CRZスポーツクーペクルーズ・ラミレス。ラスティーズ・レーシングセンターに所属し若者へのアドバイスやモチベーションを管理していたトレーナーでマックィーンのトレーナーを任される事になります。

 

今回の重要なポジションともいえるキャラクターなのですがラミレスはレーサーになるという夢を持っていたことを途中で告げるシーンがありますが、ラストにマックィーンがその夢を叶えてあげます。そのシーンはまた観たいと思える最高のシーンでした。ラミレスの夢を叶え、やりたい事を1つ見つけたライトニング・マックィーン。今作で終わりかも知れないと思っていたのですが、カーズはまだまだ続きそうですね。

 

まさに大人の為の作品とも言えるストーリー

f:id:masanori1989:20170817174151p:plain

クラッシュしてから「挫折」「限界」「周りの反応」などマックィーンは様々な悩みを経験する事になります。それは自信家であった彼が初めて経験する事でしょう。

 

次世代レーシングカーが登場し「老い」「若者」という言葉が登場します。これは観ている大人は共感したのではないでしょうか。自分自身ではまだ若い、頑張れると思っていても周りからみれば限界を超えて無理に頑張っている風にしか見えない。

 

自分、もしくは知っている人と重ねてしまった人もいると思います。マックィーンとラミレスが海岸で走るシーンではマックィーンが自分の最高速度を出す練習をしていたのですがラミレスが足を引っ張ってしまいます。その時にマックィーンはタイヤの動かし方、走るコツを教えます。日が暮れる事にはラミレスが走れるようになり、徐々に才能が目覚めていきます。

 

マックィーンはラミレスを育てつつ、レーシングを続行する事を選びますが、それには次世代交代のような意味も込められているようも感じました。マックィーンのように挫折を味わうかも知れないが「1つ1つ、行動して試せ、焦るな」という意味が作品を通して伝えたいのではないかと私は思いました。

 

カーズのCGは作品をおうごとに進化している

f:id:masanori1989:20170817175712p:plain

ピクサーは新しい作品を制作する際には新しい技術を開発しています。例えば上記で書いた海岸での練習風景ですが打ち寄せる波水分が含んだ砂乾燥した砂の使い分けなど、本当に細かいと感じました。

 

またクレイジー8でマックィーンとラミレスがレースをするシーンがありますが、地面は泥。その泥の飛び跳ねるシーンや徐々に車が汚れていく姿は素晴らしいと思います。あれだけ細かな作業を物理シュミレーションで行うのは非常に時間がかかる事。そういったCGなども細かく観ていくと今作の完成度は高いものになっています。

 

まだまだ上映中!是非大人に観て欲しい

f:id:masanori1989:20170817180305j:plain

可愛い車のキャラクターとは裏腹にストーリーは大人に是非観て欲しい作品だと思います。特に現在「人生の岐路」に立っている人はオススメです。今回の「カーズ クロスロード(人生の岐路)」という意味があるので、まだ観れていないという人は行ってみてください!!

f:id:masanori1989:20170817155459j:plain

今回のパンフレットは全体的に小さいながらもボリュームは満点。キャラクター紹介から監督のインタビューまで。映画を観た人であれば必ず楽しめる内容となっているので購入してみてください。公開から1ヶ月経過しているので場所によっては売切れになっている地域もあるそうなので、パンフレットを購入してから映画を観る方がいいですね。これにて「カーズ クロスロード」の感想とレビューを終わりたいと思います。