近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】お茶が教えてくれた15の幸せ「日日是好日」を観てきた感想とレビューを書いていきます

森下典子の人気エッセイが実写映画化

f:id:masanori1989:20181014202933p:plain

エッセイストで知られる森下典子の約25年に渡り自身が茶道教室での日々をつづり人気になった「日日是好日 「お茶」が教えてくれた15の幸せ」が実写映画化となります。

 

主演の典子を演じるのは黒木華、武田先生を樹木希林、美智子を多部未華子。原田麻由、川村紗也など豪華キャスト陣で茶道教室に通い人生について学んでいく女性の物語です。さて、気になるストーリーですが。

 

「本当にやりたいこと」を見つけられず大学生活を送っていた20歳の典子は、タダモノではないと噂の「武田のおばさん」が茶道教室の先生であることを聞かされる。母からお茶を習うことを勧められた典子は気のない返事をしていたが、お茶を習うことに乗り気になったいとこの美智子に誘われるがまま、流されるように茶道教室に通い出す。見たことも聞いたこともない「決まりごと」だらけのお茶の世界に触れた典子は、それから20数年にわたり武田先生の下に通うこととなり、就職、失恋、大切な人の死などを経験し、お茶や人生における大事なことに気がついていく。(映画.com引用) 

 

故・樹木希林が出演しており先日NHKで放送されたドキュメンタリー放送でも少し今作について触れている部分がありました。今作が「人生」というテーマになっているので考えながら観たいと思います。早速ですが、感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

「お茶」を通じて学ぶことは何か?

f:id:masanori1989:20181014202937j:plain

茶道教室で典子が作法を学んでいる際に武田先生が「頭で考えないで体で覚えなさい。自然と手が動くようになるから」という言葉に悩みながらも続ける事で自然と先生の言葉を理解していく。

 

物語は24年学ぶ典子の姿が描かれているが「お湯と水の音が違う」「梅雨と秋雨の音が違う」など普段気づけ無い事を気づき喜ぶ姿が描かれています。何気なく初めた茶道教室も典子の人生に大きな変化を与えました。例えば出版社の正社員になる為の試験前でも「今日はお茶を休む」と決めていても気になってしまい武田先生にお茶を入れて貰う典子。

 

その時に武田先生は達磨画を飾り「達磨さんに祈願して貰おうと思って」と典子に言います。達磨というのは七転八倒の意味あり「祈願」が込められています。言葉で伝えなくとも掛け軸で伝えるという武田先生の気持ちが典子にとって嬉しかったと思います。最愛の父が亡くなった時にも武田先生に慰めて貰い、お茶を通じて一区切りを付けたり。

 

典子にとって茶道教室に通う事は毎日が新しい発見との出会い場であり大事な場所だった事でしょう。

 

”日日是好日”の意味は映画を観るとより深い言葉に思える

f:id:masanori1989:20181014202939j:plain

日日是好日の意味とは「毎日良い日である事を思う事が大事」という意味ではありません。1日良い日であれば次の日は悪い日かも知れません。例えば「今日はお金儲かった!」と喜んでも次の日に「昨日は儲かったのに今日は損した」となるかも知れない。損得や優劣などを一旦きっぱり捨てて、その日をどう生きるか。ただ思うままに生きれば好日になる。

 

喜びも悲しみも一瞬一瞬を精一杯生きていれば、それが積み重なりが1日となり、今まにない素晴らしい1日となる。という意味です。

 

今作を観てその意味を知るのは典子の心境でしょうか。20代は若さの力で将来に不安を

感じながらも”やりたい事”を見つけようとし、30代になると周りが結婚している中、自分は婚約者に裏切られ破断となってしまい、悲しむ中、1年半後に新しい人と出会い、そして最愛の父が亡くなってしまう。

 

出会いや別れがあり、それらを乗り越えて今の自分がある。そんな典子の姿を観ると今作のタイトルである「日日是好日」の意味がより深く感じる事ができました。

 

樹木希林さんが亡くなった直後の作品なだけに武田先生の言葉が重く感じた

f:id:masanori1989:20181014202905j:plain

武田先生が「毎年こうして同じことが出来る事が幸せなんだな~って」というセリフ。NHKのドキュメンタリーでも樹木希林さんが語っていましたが「無駄な事にお金をかけない」のような事を言っておられました。亡くなる前に4本もの映画に出演され今作はその1本なのですが、病気と戦いながらも、あれだけの演技をされいて樹木希林さんの女優魂に感動しました。

 

今作がラストではなく来年公開される映画が遺作となるので、そちらも必ず観に行きたいと思います。

 

何気ない毎日が素敵な1日に変わる映画

f:id:masanori1989:20181014202941j:plain

茶道を知らない人でも、気軽にこの作品を観る事が出来るというのが個人的に評価が高いです。もちろん茶道の知識がある人も劇中に登場した和菓子などは四季折々や行事ごとに別れており、掛け軸なども季節ごとに変わっていたのが素晴らしいと思います。

f:id:masanori1989:20181015144017j:plain

パンフレットでは和菓子、掛け軸、茶碗など劇中で登場する小物の説明が掲載されている他、出演陣のコメントも掲載されています。樹木希林さんの貴重なコメントは今作を観た人であれば考えさせられるものなので是非購入して読んでみてください。

 

これにて映画「日日是好日」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 
好日日記―季節のように生きる

好日日記―季節のように生きる

 

滋賀県民が地域批評シリーズ「これでいいのか滋賀県 地味~な滋賀の意外な発展!?」を読んでみて”的確”過ぎて笑った

滋賀県に住んでいても滋賀県の事を知らない人が実は多い

f:id:masanori1989:20181012143518j:plain

最近は映画記事ばかりなのですが、実は読書も続けていてレビューする本が無かったのですが「読書の秋」という事で「これでいいのか滋賀県 地味~な滋賀の意外な発展」という本を買って読んでみたけど、これが非常に面白い。

 

「何が面白いのか」と聞かれたとすれば「的確過ぎる所」という一言に尽きてしまいますが、そもそも自分の住んでいる地域の事を調べる人というのは少ないでしょう。

 

私は何だかんだ言って滋賀県が住みにくい地域だとはあまり感じていない、むしろ「どんな県なのだろうか」と資料館なども訪れたことがある程、結構好きです。

 

今回買った本が「どのように的確だったのか」。特に面白かったポイントを何個か書いてみたいと思います。

 

織田信長がなぜ滋賀県に安土城を建設したのか

f:id:masanori1989:20181012144004j:plain

「近江を制するは天下を制する」なんて言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、滋賀県に安土城を築いた人が織田信長。織田信長はなぜ滋賀県に安土城を築いたのかという話なのですが「滋賀県には琵琶湖があるから」という理由があります。

 

織田信長が欲しかったのは琵琶湖の水ではなく「独自のネットワーク」です。実は織田信長だけではなく当時の武将は近江を欲しいと思っていた程なのです。

 

今では道路なども補正され自分の好きなルートを選んで目的地に行く事が出来ますが、当時は北陸などの物資は近江北部の塩津から大津まで琵琶湖の船を使って運ばれていました。

 

このルートを作ったのが当時の「堅田衆」です。堅田衆に挨拶をしなかったりお金を払わなかったり機嫌を損ねさせたり。そんな事があれば運んでいる武力を使い物資を差し押さえられるという理不尽かも知れませんが、当時はルートを通る為に仕方ない事でした。

 

そのルートを手中に収めたのが織田信長です。このルートは物資だけではなく軍事的にも使えるので、琵琶湖に近い東岸に安土城を築いたのはそんな理由があります。

 

琵琶湖の対岸にある地域は未知の世界

滋賀県に住んでいる人いる人でも滋賀県一周する事はあるのですが「じっくり観ながら一周する」というのは中々無いです。

 

私も何度か一周行きましたが、2回目で道の駅などを巡りその場にいた店員さんなどと話ながら周ったのですが、まさに「未知の世界」というのは当たっているとおもう。

f:id:masanori1989:20181012145840j:plain

実は滋賀県には2つ「琵琶湖大橋」と「近江大橋」がありますが下が近江大橋。上が琵琶湖大橋。2つの橋は意外と近く、すべて湖南地域だけにあるのです。

 

東近江市や彦根市、多賀町付近は「湖東地域」で甲賀市、大津市、野洲市は「湖南地域」。そして長浜市、米原市は「湖北地域」で高島市は「湖西地域」と呼ばれています。

f:id:masanori1989:20181012150547g:plain

そしてこれが各鉄道の線路マップ。これを見ると解ると思いますが湖西地域と大津には「湖西線」があるので比較的移動しやすいのですが草津から湖西に行くとなれば大津駅から乗り換えで湖西に行かなくてはいけない。また大津市から多賀町に行くとすれば彦根か近江八幡から乗り換えしなければならない。

 

車で行くのが一番早いですが何度も書く通り琵琶湖がある為、グルっと周って行く事になるので「余程の事が無い限り行くことはない」という結論になってしまう。

 

私が一番経験した中でビックリしたのは湖北や湖西の人。琵琶湖の北側に住んでいる人のお爺さん、お婆さんの訛りが結構キツイという事。同じ滋賀県に住んでいても聞き取れない単語が沢山ある。そういった意味ではまさに「未知の世界」というのが的確だと思った。

 

なぜ滋賀県が長寿大国になったのだろうか

男性の平均寿命が全国1位になり女性が4位と長寿大国になってきている滋賀県。その理由はお米、お魚、野菜、発酵食などのバランスが良いという事が理由らしい。バランスが良く皆が食べているか解りませんが、お米は非常に美味しいとおもう。

 

私の家でも食べ、他県の人にも私がオススメし実際に送って食べた人が「美味しい」と言ったのが「みずかがみ」という近江米ブランド。

 

f:id:masanori1989:20181012152124j:plain

 

今年でデビュー5周年となるお米で決して安いお米とは言えないのですが、その美味しさは私自信も満足しています。滋賀県の環境に適している品種で、しかも温暖化対策品種として開発されています。高温に強く「猛暑になる」という年でも品質が保たれる。

 

みずかがみの特徴はとにかく「甘みが強い」という事。お米本来の甘さを感じることが出来るので本当にオススメですね。「お米をよく食べる」という理由が長寿の秘訣のように感じます。

近江米「みずかがみ」 | 近江米振興協会

 

自分の県のも読んでみよう!凄く面白い一冊!!

f:id:masanori1989:20181012003519j:plain

やはり自分の住んでいる県の事を知るって凄く面白い。

 

何が面白いって「批評シリーズ」で何か間違ってたら「いやいや、これは無い」と突っ込めるけどすべて的確だという事。テレビで「今、滋賀県で○○が流行ってます」という聞いたことがない商品を言われるよりも「大津市の人間性は○○、草津は○○」という話の方がずっと面白い。

 

気になった人は是非買って読んでみてくださいな!

地域批評シリーズ28 これでいいのか滋賀県

地域批評シリーズ28 これでいいのか滋賀県

 

【映画・ネタバレ有】大人気少女コミックが映画化!「パーフェクトワールド 君といる奇跡」を観てきた感想とレビュー!

f:id:masanori1989:20181007151321p:plain

有賀リエ原作で2014年から連載され現在も連載が続いている「パーフェクトワールド」が今年2018年に「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典と杉咲花主演映画で「パーフェクトワールド 君といる奇跡」実写映画化となります。

 

原作などを読んでみましたが、映画の設定と原作が違う部分があるので、それがどのような影響があるか解りませんが気になるストーリーではあるので観てきました。

 

インテリアデザイン会社に就職した川奈つぐみは、仕事先の飲み会で高校時代の先輩で初恋の人である鮎川樹と偶然再会する。建築士として活躍する樹との再会につぐみは心を躍らせるが、樹は事故で車イスでの生活を余儀なくされる障がい者になっていた。その姿を見たつぐみは樹との恋愛を無理だと悟るが、昔と変わらないまっすぐな樹の姿にかつての感情があふれだし、樹に惹かれていく。樹もつぐみの素直でやさしい性格に惹かれていくが、「自分は誰かを幸せにすることができない」との思い込みから、女性と付き合うことをあきらめていた。そんな樹の思いを知ったつぐみは、樹との恋をあきらめようとするが……。(映画.com引用) 

 

岩田剛典は「HiGH&LOW」のコブラ役などで演技を観たことあるので、演技力に関しては心配無いと思いますね。今作は102分という最近の映画の中では短い分類に入るので、どのようにまとめているのか。その点などに注目して観ていきたいと思います。

 

まさに”王道”の恋愛ストーリー

f:id:masanori1989:20181007151244p:plain

原作との違うポイントは上記でも書きましたが「先輩と後輩」という立場になっていること。原作では同級生で将来の夢を語るような間柄という設定なのですが劇場版では「バスケットボールをしており人気者で憧れの先輩であり私の初恋」という設定があります。

 

一方の樹は「高校のとき、図書委員であった川奈と話楽しかった。絵を描いていた事も知っており、絵が賞を取った時、実は見に行った」などお互いが意識していたような設定があります。ただそれ以外は原作と同じなので樹には高校時代から付き合っていた彼女がおり事故がきっかけて別れてしまった事。

f:id:masanori1989:20181007151219p:plain

そして東京で川奈と樹が再開した事により交際が始まる事。そういった点は原作と同じなので、それは良かったです。まだ原作コミックは続いているので映画後半などはオリジナルエピソードとなっています。映画オリジナルエピソードに関しては”まさに王道”というべき展開でハッピーエンドで終わります。

 

主題歌であるE-girlsの「Perfect World」と共に流れるエンディングロールは非常に良かったです。これは席を立たないで最後まで観てほしいと思いますね。

 

須賀健太演じる「是枝洋貴」が凄くいいヤツ!

f:id:masanori1989:20181008125840p:plain

実は原作では川奈と樹が別れた際、洋貴と川奈が付き合うようになるのですが、映画では川奈と樹が別れた際、心の中にいつも樹がいる事を知った洋貴は「俺はずっと川奈の味方だから」と後押しするような言い方をします。

 

川奈が落ち込んでいる時に食事に誘ったり話を聞いたり。川奈が倒れた時も駆けつけたり。川奈が「是枝くんはいつも良いタイミングで話を聞いてくれる」と言うのですが笑って対応する。なんて良いやつなんだろうか。

 

あれだけ食事を誘えば好意を寄せていると分かるのですが川奈の頭の中には「先輩」しかいない為、そっと身を引くのはカッコいいと思います。

 

樹の心の壁が剥がれていくのが感動する

f:id:masanori1989:20181007151324p:plain

今作が人気の理由として「障害を持つ相手との恋愛に感じるハードル」という難しい点を描いている事が読者から高く評価されています。樹のヘルパーである葵から「彼と付き合うのは覚悟が必要」というセリフに戸惑う様子。

 

また川奈が自分の両親に「彼、車椅子なの」と言った後、戸惑う様子や父が樹に「娘を別れてほしい」と言ったり。「出来る」という理想と「やらなければならない」という現実では全く違う事がよく解るストーリーとなっています。

f:id:masanori1989:20181007151319j:plain

樹も下半身麻痺になり車椅子生活になった事により高校時代から付き合っていた彼女に別れを告げるのですが「彼女には幸せになって欲しい。自分はずっと1人で生きていくと決めた」と川奈に告げるのですが川奈は「勝手に決めないでください!」と怒り、2人の距離が縮まる事となる。

 

それにより硬かった樹の表情が徐々に柔らかくなっていき「川奈と付き合い、幸せだ」と笑顔で伝えるようになるシーンは樹の心の中で長年葛藤していたものを川奈が少しづつ取ろうとしていく様子などが感動しました。

 

若者向けの王道ラブストーリー

f:id:masanori1989:20181007151315p:plain

大人向けのラブストーリーというよりは若者向けのラブストーリーという内容でした。原作を読んでみて面白いと思い、映画を視聴したのですが102分という長さでオリジナルエピソードで最後ハッピーエンドになるという何度も書きますが「王道」の展開に「泣けた」という人もいれば「少し物足りなさを感じた」という人も多いのではないでしょうか。私としては樹を演じた岩田剛典の演技力は観ていて満足出来るものでした。

f:id:masanori1989:20181008123135j:plain

パンフレットでは各出演陣のコメントは勿論、今作を作成する上で原作ファンの人が納得する為にどうすれば良いのか。などの工夫や撮影秘話などが掲載されているので、是非購入して読んでみてください。

 

これにて映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

小説 パーフェクトワールド 君といる奇跡 (講談社文庫)

小説 パーフェクトワールド 君といる奇跡 (講談社文庫)

 
パーフェクトワールド(1) (Kissコミックス)

パーフェクトワールド(1) (Kissコミックス)

 

【映画・ネタバレ有】「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」を観てきた感想とレビュー!-一度も原作・アニメ観たこと無い人にもオススメ-

大人気作品がついに映画化

f:id:masanori1989:20181001134323j:plain

緑川ゆき原作の漫画で現在TVシリーズ6期まで放送されている大人気作品ですが、ついに夏目友人帳が劇場で公開されることとなりました。今作の劇場版はテレビ放送の1~4期の監督を努めた大森隆男が総監督とし緑川ゆき研修による完全オリジナルエピソードとなっています。さて、気になるストーリーですが。

 

小さい頃から他の人には見えない妖を見ることができた夏目貴志は、亡き祖母レイコが妖たちとの勝負に勝って書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒のニャンコ先生と共に、妖たちに名を返す日々を送っていた。そんなある日、夏目はかつての同級生・結城との再会をきっかけに、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。時を同じくして、夏目は名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝とその息子・椋雄と知り合う。母子の住む街に謎の妖が潜んでいると聞いた夏目は、ニャンコ先生と共に調べに向かうが……。(映画.com引用) 

 

現在最新刊23巻が発売されていますが22巻の時点で累計発行部数は1200万部越えという少女漫画の中では大ヒットとなっています。今作のゲスト出演として俳優である高良健吾や声優初挑戦となるバイキングの小峠英二も出演されています。オリジナルエピソードということもあり、非常に楽しみにしていました。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

"劇場版”だからこそ出来るストーリー

f:id:masanori1989:20181001134413p:plain

今作の「うつせみに結ぶ」はまさに劇場版だからこそ出来るストーリーだったのではないでしょうか。TVシリーズでは1話完結が多く、2話続くことはあっても同じストーリーが3話、4話と続くことはない。今回は五丁町を舞台に様々な妖怪、ストーリーが展開され最後は1つストーリーになっていく。

 

劇場版アニメとなると登場人物や物語の設定など「原作を観ていないと解らない」という問題があり、しかも限られた時間で長編を進めなければならないので違和感を感じてしまうことが多い。しかし今回の「劇場版 夏目友人帳」は一切そんなことはない。

 

キャラクターの過去や設定など細かい紹介はないが初めて「夏目友人帳」に触れる人にもわかりやすい世界観になっている。これはファンとしても、これからファンになっていく人も。観ていて、とても安心出来る作品になっていると感じます。

 

夏目や祖母のレイコさんにも関わる「ホノカゲ」という妖怪

f:id:masanori1989:20181001134314p:plain

夏目友人帳と言えば「笑えて、考えて、悲しんで」。という観ていて心を揺さぶるようなストーリーが多いのですが私としては今作は「泣けた」。

 

夏目や祖母であるレイコ。妖怪が見えることにより他人から避けられ辛い思いをしてきた。今作に登場する「ホノカゲ」は人に紛れ込み、一緒に暮らし、去ると人々の記憶から無くなるという妖怪だった。それは山神の怒りに触れ障りを受けてしまったことが原因なのですがレイコが「良いな」というセリフ。

 

人と交わることを避けてきたレイコが言ったセリフは恐らく本心でしょう。夏目も共感したようなシーンもあります。今回のストーリーは夏目やレイコに関わる内容だったと思いました。

 

夏目友人帳らしい”面白さ”もあった

f:id:masanori1989:20181001134317p:plain

勿論感動はしたが夏目友人帳らしい面白さも健在です。にゃんこ先生が3匹に分裂してしまった際、元に戻そうと夏目組犬の会が圧縮したり、投げたり、振り回したりと映画館で笑いを堪えるのが辛かったですね。

 

夏目友人帳らしい”笑い”というのは笑った後に、しんみりした話が待っていることが多いので、そのバランスが絶妙だと思います。その絶妙さは今回の劇場版も健在で、原作ファンは勿論、アニメから入った人でも今回の劇場版は満足の出来る仕上がりになっています。

 

花や虫などのワンシーンが癒やされた

f:id:masanori1989:20181001134420p:plain

山や木、花や虫。そして容莉枝が作る切り絵の作品。夏目たちが住む街は言い方が悪いかも知れないが田舎の分類に入る。夏目友人帳を好きになった理由は面白さもありますが、どことなく自分が育った町並みに似ていることから親近感が湧いてきます。

 

山に囲まれ「昔の田舎はこんな感じだった」と思わせる風景が夏目友人帳という世界観に引き込まれる人が多いのではないでしょうか。

 

間違いなくファンは観たほうが良い!!!

f:id:masanori1989:20181001134417p:plain

 間違いなく今観に行くのを悩んでいる人がいれば是非観に行って欲しい。アニメ版と同じ雰囲気・リズムで進んでいくので観ていて本当に気持ちの良い作品だと思います。

f:id:masanori1989:20181001122819j:plain

パンフレットでは声優さんの一言コメントから夏目貴志役の神谷浩史×ニャンコ先生役の井上和彦の対談などもあるので是非購入して読んでほしい1冊になっています。

 

これにて映画「劇場版 夏目友人帳-うつせみに結ぶ-」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)

 
夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

 

【映画・ネタバレ有】カナダのモントリオール世界映画祭で特別グランプリを受賞した「散り椿」を観てきた感想とレビュー

岡田准一主演映画、今度は「時代劇」

f:id:masanori1989:20180929224503p:plain

今作は葉室麟の「散り椿」を映画化されたものとなります。「扇野藩」という架空の藩でストーリーが進んでいきますが、この「扇野藩」は後に書かれた「さわらびの譜」「はだれ雪」にも登場しており「扇野藩シリーズ」としてファンには人気の高い作品となっています。

 

主演は岡田准一。監督は名カメラマンと知られる木村大作で「日本沈没」「鉄道屋」「北のカナリアたち」などの撮影や今作で3作目となる監督もやられています。岡田准一とは昨年公開された「追憶」で一緒になっています。

www.yuruiblog.com

 共演者には西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、雛形直人、新井浩文、芳根京子など豪華俳優陣となる作品となっています。さて、気になるストーリーですが。

 

享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。(映画.com引用)

 

私の中では以前から期待の高い作品なだけに公開前からワクワクしていました。早速ですが感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

「ただ愛する人の為に」というセリフが胸に響いた

f:id:masanori1989:20181001123423p:plain

木村大作が今作「散り椿」の監督・撮影をされているのですが「散り椿」を選んだ理由を主人公である新兵衛(岡田准一)のセリフである「大切に思えるものに出会えれば、それだけで幸せだと思っております」が引き込まれ「今作を映像化しよう」と決めたそうです。

 

今作の「散り椿」は「美しい時代劇」と監督やキャストさんがコメントしていますが観てみると本当に美しいという一言に限る。日本の四季を感じることが出来、雪や雨、天候の変化もある。また覇権争いや切った、切られたという時代劇が多いですが今作は女性の想いにも注目して貰いたいです。

 

「誰かを想う心」がいかに大切なことなのか。それを今作で確認出来たら良いと思います。

 

木村大作らしい撮影方法が非常に良かった

f:id:masanori1989:20181001123433j:plain

木村大作と言えば黒澤組を志願し「用心棒」や「椿三十郎」の撮影助手として有名なのですが今作の冒頭で雪が降る中、新兵衛を刺客が襲うシーンがある。また上記の藤後(池松壮亮)に剣術の指導をしているシーンも雪が降っているが通常より多く雪を振らせているように思います。

 

ただ空気感というのでしょうか。天候や時間帯を厳守する木村大作らしい映像になっていました。雪のシーンを撮影したのが5月。しかも快晴の日だったとコメントにありますが日が沈む瞬間の一瞬を狙って撮影することにより冬のどんよりとした天候を撮影した方法はまさに”木村大作らしさ”と思えました。

 

岡田准一演じる瓜生新兵衛というキャラが合っていた

f:id:masanori1989:20181001123430p:plain

愛する人の為、そして自分が信じる道の為。新兵衛というキャラクターは正義感が強く、責任感もある。時代劇としては昨年公開された関ヶ原でも岡田准一は演じていますが、関ヶ原とは違い散り椿は「時代劇+ラブストーリー」という展開なので、また難しい設定だったと思います。

 

新兵衛の別の名を「鬼の新兵衛」と言い、その剣術は作中でも披露されています。鍛錬に励むシーンもありますが、撮影する3ヶ月前から殺陣を稽古し1日7~8時間稽古した日もあったそうで、作品を観ると形の流れるような美しさを感じることが出来ます。

 

表情はどこか寂しく、切なく。「生きることの道」を探し続ける新兵衛の姿はカッコいいと感じました。

 

時代劇ファンも納得の作品!!

f:id:masanori1989:20181001123436j:plain

今作の散り椿ですが冒頭でも書いた通り「美しい時代劇」という設定もあって観ていて目を奪われるシーンが沢山あります。勿論ストーリーも良いのですが、このタイトルでもある「散り椿」。最後に新兵衛が言ったセリフが胸に残るセリフなので、是非劇場で聞いてほしいと思います。

f:id:masanori1989:20181001122708j:plain

パンフレットでは木村大作の映画人生60周年を振り返る「大切な人との出会い」が掲載されています。黒澤明や高倉健との出会いなどの映画人生について語られているので、時代劇ファンの人は是非パンフレットを購入して読んでみてください。

 

これにて映画「散り椿」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

散り椿 (角川文庫)

散り椿 (角川文庫)

 
映画「散り椿」オリジナル・サウンドトラック

映画「散り椿」オリジナル・サウンドトラック