近畿地方から送るゆる~いブログ

meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests">

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

『映画・ネタバレ有』松坂桃李主演映画「居眠り磐音」を観てきた感想とレビューを書いていきます!

愛する友人や妻を失った悲しき主人公

f:id:masanori1989:20190519135742p:plain

「居眠り磐音」はTVシリーズでは観たことがあり磐音役を山本耕史が演じていました。今回の劇場版は居眠り磐音の冒頭部分と言うのでしょうか。全シリーズ6500万部という驚異的な発行部数の今シリーズですが、今回の居眠り磐音を主演松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、佐々木蔵之介、谷原章介など豪華俳優陣となっています。

 

ピエール瀧の変わりに奥田瑛二となり再撮影して差し替えての上映となります。正直、ずっと楽しみにしていた映画なので「逮捕」と観た時は「あ、居眠り磐音終わった」と思ったのですが差し替えでの上映と聞いた時には本当に嬉しかった。

 

私としてはピエール瀧のままでも良いとは思いますけどね。「いだてん」の時にも話題となりましたが、私は「作品に罪は無い」という意見には賛成なので、今作が上映された事は本当に有り難い事だと思います。

 

早速ですが、感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

江戸での修行から帰ってきた3人が待ち受けていた悲劇

f:id:masanori1989:20190519135650p:plain

江戸での修行を終え、九州に帰ってきた3人ですが河出慎之輔に近づき「お前の妻が浮気をしている」と嘘を教え、慎之輔に妻を切らせます。その妻は同じく道場で修行をした幼馴染でもある小林琴平の妹であり、妹の遺体を持ち帰ろうと琴平が慎之輔の自宅に訪れ「何故切ったのか」という問に「こいつが浮気をしていて」という言葉聞き「そんな話を信じたのか!」と激怒する慎之輔。

 

自分が間違っていた事に気づき「舞は私の妻だ!」と刀を抜き慎之輔から亡骸を奪おうとしますが、その場で慎之輔は切られてしまいます。その事で国家老である文六に「今回の事は慎之輔には罪はございません」と伝えるも「いや、切った事に対しては問題だから処罰せよ」という判断を下します。

 

心身ともに披露した慎之輔は多くの人を切ってしまい、磐音との勝負で磐音に切られて死んでしまいます。劇場では描かれていないので解らなかった人もいると思いますが、この3人を消そうとした人物は国家老の文六です。若い3人が藩に戻り「藩政改革」を志していることが気に入らなかった。と原作では描かれています。

 

磐音の許嫁である奈緒の姉が舞であり、その兄を自分で切ってしまった罪悪感で九州を再び離れ江戸に「浪人」の身として過ごす事となります。

 

多くの時代劇ヒーローの中でも異質な「居眠り磐音」

f:id:masanori1989:20190519135737p:plain

「居眠り磐音」の人気はどこにあるのだろうか。今作を観終わった後、考えてみましたが様々な時代劇ヒーローがいる中でも磐音は異質と言えるのではないでしょうか。

 

時代劇ヒーローは「剣術の腕があり、いつも危険な目に合うが敵うもの無し」という設定が想像出来るのですが例えば市川雷蔵の代表作でもある「眠狂四郎」。誰もが知っている円月殺法で有名な作品ですが眠狂四郎は磐音のように「優しさ」はなく殺意を向けられた相手であれば切る。という残虐性があります。

 

誰かを守り最強という設定であれば、作風は違えど漫画の「るろうに剣心」が当てはまるのではないでしょうか。普段静かな主人公が戦いとなれば全力で戦い、相手を倒す。そういった意味では「るろうに剣心」と「居眠り磐音」は似ているかも知れません。

 

殺陣のシーンは「一瞬」だからこその美しさ

f:id:masanori1989:20190519135654p:plain

「居眠り磐音」の由来は磐音が構える独特な構えからきています。剣を構えた姿がまるで縁先で日向ぼっこをして居眠りしている年寄り猫のようなので「居眠り剣法」と呼ばれています。私が今作で「これは良い」と思ったポイントは無駄な切合などがなく、勝負が一瞬で終わるという事。時間で言うと1分も無いでしょうか。

 

剣を抜いてから間合いに入り切るまでが一瞬だからこそ、観ていて磐音の強さがよく解る。松坂桃李がインタビューで「感情を乗せていく」立ち回りと言っていますが、派手なチャンバラではなく立ち回りが「会話」になるように意識しました。とコメントしています。

 

この言葉は映画を観た後だからこそよく解るので、是非劇場で確認してほしいです。

 

個人的に時代劇映画としては成功の作品だと思う

f:id:masanori1989:20190519135702p:plain

ストーリーの流れ、江戸の町の再現。どれを取っても今作「居眠り磐音」は成功ではないでしょうか。時代劇ファンの人も納得出来る作品となっている事だと思います。松坂桃李ファンなら大満足出来るのではないでしょうか。

f:id:masanori1989:20190520124603j:plain

パンフレットでは松坂桃李のインタビューを始め他の俳優陣の方、美術やアクションコーディネーターのインタビューも掲載されています。

f:id:masanori1989:20190520124631j:plain

劇場特典として「居眠り磐音」の特別版小説が配られていますので欲しい方は早めに劇場に行くことをオススメします。

 

これにて映画「居眠り磐音」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫)

陽炎ノ辻 居眠り磐音(一)決定版 (文春文庫)

 
陽炎の辻 居眠り磐音 コミック 1-11巻セット (アクションコミックス)

陽炎の辻 居眠り磐音 コミック 1-11巻セット (アクションコミックス)

 

大嫌いだった野菜を育てて食べてみると想像以上に美味しくて逆に好きになってきた話

私はグリンピースが大嫌いだった

f:id:masanori1989:20170915173139j:plain

子供の頃食べれなかったものが大人になって食べれるようになる。というのはよくある話ですが、大人になって食べれないものも何個かありました。

 

その中でも昔から駄目だったのが「グリンピース」。しかし枝豆やサヤエンドウは好きなので、なぜかグリンピースだけが駄目というのは理由があります。

 

昔学校給食に出ていた豆ごはんが嫌いだった私は、嫌ながらも頑張って食べていたのですがある日の豆ごはんで蕁麻疹が出てしまった。病院に行ってみると感染系の蕁麻疹という診察結果を貰ったが、それ以後は完全にグリンピースが苦手になってしまった。

 

しかし現在の家に引っ越してきてから家庭菜園が出来るようになったので3年ほどトマトキュウリ、ナス、レタス、ニラなど育てましたが「グリンピース」を育ててみたくなったので、育てる事に。今回はそんなお話をしていきたいと思います。

 

嫌いなものをあえて育てる事で好きになるのでは?という考え

 

f:id:masanori1989:20190515131521j:plain

グリンピースを育てるには10月や11月頃から種まきを初めて収穫が春頃になります。以前に「うすいえんどう」と呼ばれる種類を作ったことがありますが、エンドウ系を作った土は4年程、同じ種類は作成出来ないので、違う場所にエンドウ豆を植える事にします。

 

育てるのに虫や病気に弱い作物なので最初は育てるのが大変ですが、慣れると結構簡単なのがエンドウ系。しかし「嫌いな野菜をあえて育てる」という方法を思いついたのは、ある理由があります。一番は解りやすいのが「きゅうり」。

 

今でこそ普通に食べれますが、子供の頃はなぜか得意だった記憶がない。その”なぜか”が思い出せないまま育てて食べてみると理由がハッキリ解りました。

 

スーパーや市販で売られている野菜には「青臭さ」というのがあまり無いが、家で育てたキュウリは昔ながらの青臭さがハッキリ出ていた。しかし、嫌な青臭さというよりは「野菜の風味はこうだった」と懐かしさを覚えるものなので、これには正直感動しました。同じく、トマトやナスなども昔ながらの風味があり、癖があるのですが味は濃厚で美味しいのでこれまた更に好きな野菜に。

 

同じことをグリンピースにも言えるのでないだろうか。そんな理由で育てて、4月になり出来上がったグリンピースを食べてみたが、これが美味い。エンドウ系は収穫した瞬間から鮮度が落ちていくと言いますが畑で熟したものをすぐ食べると本当に甘いのだ。

f:id:masanori1989:20190515131523j:plain

昔嫌いだったグリンピースが今では食べれるようになる。昔の自分が聞くと驚くかも知れないが「自分で育てたものは何でも美味い」とよく解った瞬間だった。

 

大人になって”とりあえず食べてみる”を始めると新しい発見がある

大人になっても食べれないものが一個だけあるのですが、それは「パクチー」。あれだけは駄目でした。克服出来なかった事が残念ですが、最近になって食べれるようになったのは「フキノトウ」。春の山菜で知られる食材。これがずっと苦手でしたが、今年もチャレンジして何度か食べているうちに、いつの間にか食べれるようになりました。

 

フキノトウの独特な匂いが苦手だったのですが、あれは「フキノリド」という成分で胃腸の働きを良くしたりする効果があるようです。

f:id:masanori1989:20181211173504j:plain

フキノトウは流石に勝手に山に入り取る訳にはいかないので購入して食べましたが、食べられる野菜が増えてくると食が楽しくなってきます。上記の野菜もすべて家庭菜園で取れたものですが、葉野菜も味が濃くて美味い。

 

野菜が苦手。という人は簡単なトマトネギから家庭菜園で育ててみる事をオススメします。どれもプランターで栽培出来るので少しのスペースがあれば誰でも簡単に出来るので、気になった方は是非チャレンジしてみましょう!

アイリスオーヤマ プランター ベジタブルプランター 680 ベジタブルグリーン

アイリスオーヤマ プランター ベジタブルプランター 680 ベジタブルグリーン

 
アイリスオーヤマ 培養土 花・野菜の培養土 ゴールデン粒状培養土 配合 25L

アイリスオーヤマ 培養土 花・野菜の培養土 ゴールデン粒状培養土 配合 25L

 

 

『映画・ネタバレ有』水谷豊監督・脚本の「轢き逃げ 最高の最悪な日」を観てきたが「納得」は出来なかった

水谷豊監督長編映画第二弾のテーマは「轢き逃げ」

f:id:masanori1989:20190512201021j:plain

俳優水谷豊が監督作品、そして脚本を手がけた今作の「轢き逃げ」。主演は中山麻聖、石田法嗣。今作のストーリーはタイトル通り「轢き逃げ」をテーマにしており、轢き逃げ犯を捕まえるのが目的ではなく、轢き逃げを起こした目線と、残された家族の目線を上手く混じらわせて物語が進んでいきます。

 

勿論、水谷豊自身も出演しており檀ふみや岸部一徳、毎熊克哉などの俳優陣も出演しています。

 

以前に手がけた最初の監督作品は水谷豊が40年以上思い描いた天才タップダンサーが主人公の映画「TAP THE LAST SHOW」のラスト25分。個人的にあの25分は引き込まれたので、今作も期待して観てきました。「轢き逃げ」早速感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

秀一と輝が起こしてしまった「轢き逃げ事件」

f:id:masanori1989:20190512201040p:plain

こういった映画は「轢き逃げ犯を警察が捕まえ一件落着」というストーリーが多いのですが、今作はそうではないです。事前に秀一が轢き逃げを起こす事が序盤に解るのですが、今回はサスペンスというよりは「人間ドラマ」ですね。

 

秀一と輝は轢き逃げをしてしまった罪悪感を日々過ごす描写が前半度々あります。会社の電話が鳴る度に恐れ、夜になると秀一が轢いてしまった女性の顔が浮かんでしまい寝れなくなってしまいます。

 

しかし秀一には副社長の娘である早苗との結婚式が数日後にあり輝から「お互いが黙っていれば大丈夫だから」という言葉を頼りに過ごしますが、どこか不安そうな表情が消えません。そんな日々を過ごしながら、秀一と輝の元に動物の目を切り取った紙が届きます。お互いが「バレていたんだ」と怯えながら過ごす事になりますが、警察から声をかけられた秀一はどこか悟った表情をしていたのが私としては印象的でした。

 

残された遺族側からの目線

f:id:masanori1989:20190512201046p:plain

愛する娘を失った家族。光央と千鶴子。轢き逃げによって突如愛する娘を失い悲しみに暮れる光央は娘を殺した犯人が捕まったと聞くも「娘が帰ってくるのか」と声を荒げるシーンがあります。

 

警察から「娘さんの携帯電話が無かったのですが、家にありますか?」という警察の問を聞き二人は探しますが日記帳に書かれていた事に違和感を覚える光央。その事が、今回の事件を大きく動かす事になるのですが、そのラストは是非今作を観てほしいと思います。

 

遺族側の目線としての感想を書くと胸が苦しくなるシーンがありましたね。結婚して直後に旦那が逮捕されて残された早苗にも同じ気持ちになりました。千鶴子と早苗が会い、千鶴子が「あなたは何も悪くないんだから、気にしないで」という言葉に早苗が泣いてしまうシーンがありますが、あのシーンは非常に良かったと思う。

 

今回の事件で残された人々は辛い気持ちはあるが、一歩づつ進まなくてはいけないという事。それが残された人に出来る「前に進む」という事なのかなと思いました。

 

ツッコミどころが多かったのが少し残念な所.....。

f:id:masanori1989:20190512201007j:plain

今回の作品で悲しみ、怒りなどは伝わってきますが「妬み」に関してはツッコミどころが多かったというのが残念なポイントとなりました。大手の会社に努めている秀一と輝。秀一は社長の娘と結婚するので周りから妬まれますが「お前最近調子乗ってるんだよ」と胸ぐら掴まれたりするシーン。

 

あんなの大手であったら役職の付いている人の息子であっても大問題ですよ。後、一番の謎だったのが光央がなぜ真実にたどり着いたのか。決定打となったポイントの説明が曖昧だったという事。それも残念と思えるポイントでしたね。

 

ストーリーは面白い、だが納得出来るかは解らない

f:id:masanori1989:20190512201003p:plain

今作を観終わってみて「面白い」とは思ったが「納得できた」となると話は別だというのが個人的な感想です。あのラストは良かったと思うのですが、上記でも少し書いた「残念だと思うポイント」が映画を観終わった後も印象に残ってしまいます。

 

後は今作の真実がスッキリしなかったというのが一番の決定打なのですが、その真実は今作を観た人だけが解るので、気になる方は劇場に行って確認してみて下さい。