読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧正月に滋賀県犬上郡にある「多賀大社」に行ってきました-多賀大社の名物を色々購入してきましたよ-

ブログ

朝起きて「そうだ多賀大社に行こう」と思った

旧正月という事で先月の28日に行った事を今更ブログに書くのも変かも知れませんが、朝起きてフッと頭の中に「そうだ多賀大社に行こう」と思ったのです。なぜそう思ったのか今でも解りませんが、頭の中で急に思いついたというのも何かモヤモヤするので多賀大社に行く事に。多賀大社までは私の家から片道約1時間。結構遠いのです。ここで滋賀県犬上郡にある「多賀大社」の説明なのですが。

日本最古の書物「古事記」によると、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになられました。

春のしだれ桜、秋の奥書院の紅葉なども見事で、近辺には彦根城や湖東三山、琵琶湖などの名所にも恵まれ、年間約170万人の参拝者を迎えています。(多賀大社 HP)

 このように多賀大社は滋賀県だけではなく日本では古い神社になるので遠くから参拝などに訪れる人も多いです。

f:id:masanori1989:20170128121337j:plain

どうしてこんなに人が多かいのか思っていると1月28日は旧正月だったんですね。もしかすると旧正月という事もありフッと頭の中に「多賀大社に行こう」と思ったのかも知れませんね。

f:id:masanori1989:20170128121459j:plain

しかし旧正月を意識して来る人が結構いる事に驚きましたね。多賀大社が有名だからか解りませんが、有名神社やお寺になるとやはり人は多いのでしょうか。

(地元のお寺はそこまで人は多くありませんでした)

f:id:masanori1989:20170128121802j:plain

参拝が終わった後は温かい甘酒で一服。一杯200円でこうやって温まれるのは嬉しいですね。またお土産用に5人前800円で販売していたので、そちらも購入しました。

f:id:masanori1989:20170128122831j:plain多賀大社と言えば「糸切餅」。糸切餅は勿論お土産で買って帰るのですが、ここでしか食べれないものは「糸切餅の天ぷら」。餅を天ぷらにするの!?と思うかも知れませんが、これが以外と美味しい。イメージとしては「揚げ饅頭」でしょうか。揚げた事によって餅の甘さが増し、餡も更に甘くなっています。その場で揚げていて、多賀大社前にあるお土産さんで販売しているので、是非買ってみてください。

 

自宅用のお土産も沢山買った

f:id:masanori1989:20170201152816j:plain

いや~申し訳無い。写真・・・撮るの忘れちゃった(*ノω・*)テヘ

顔文字では誤魔化しきれないですね。ごめんなさい。糸切餅は多賀大社やインターネット販売でも買えるみたいなので「食べてみたい!」という人は買ってみてください。糸切餅はとにかく「昔から変わらない和菓子の味」と言いますか。餅の甘さが素材本来の甘さで、優しい味です。URLを貼っておくので気になったら見てください。

www.itokirimochi.co.jp

 

f:id:masanori1989:20170201150544j:plain

多賀大社の前にあるお酒屋さんで「お多賀さんに来た!と解るお酒は無いだろうか」と聞くと上記のお酒をオススメされたのですが「生原酒」みたいです。瓶を選ぶとその場でお酒を詰めてくれます。その時に香る日本酒の匂いだけで幸せな気分になりましたよ(笑)生原酒は冷やして飲むのが一番美味しい飲み方なので今は冷蔵庫でキンキンに冷やして飲みます。多分、今日あたり飲む予定です。

f:id:masanori1989:20170128145134j:plain

最期に「なが生きそば」を購入。こちらは通常の蕎麦よりも長く写真では解りにくいかも知れませんが多賀大社では長蕎麦がその場で食べれるのですがその日は旧正月でお昼時という事もありお店では食べれませんでしたが、お土産として購入しました。家庭で食べる時には半分に切るか、そのまま食べるか。せっかく長寿で長蕎麦を買った事を思うとそのまま食べるのが良さそうですね。こちらを2つ6~8人前購入しました。これは母親と父親に食べさせたいと思います。

 

まとめ

多賀大社には数十年ぶりに行きましたが、やはりお土産類はあそこでしか買えないものが沢山あるの非常に楽しかったですね。私の家だけではなく友人のお土産も買ってきたのですが大変喜ばれました。滋賀県の人なら解るかも知れませんが、中々多賀大社に行こうと思っても時間がかかってしまうんですよ。

次はいつ行くか解りませんが、時間が出来たらまた行きたいです。個人的には旧正月に参拝出来たのが満足しました。今年は良いことがありそうだ!