近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【滋賀県】近江肉せんなり亭 伽羅に行ってきました-その味まさに格別-

近江肉の味を彦根で楽しむならここ!

先日紹介しました「近江つけもの 山上」の近くに本日ご紹介する店舗があります。

f:id:masanori1989:20170301130255j:plain

今回ご紹介するのは「近江肉せんなり亭 伽羅」です。滋賀県の人は知っている人も多いのですが私は今回初めて行くのでドキドキしました。

f:id:masanori1989:20170301130325j:plain

暖簾の先には綺麗な佇まいが。これだけでもドキドキしますね。

f:id:masanori1989:20170301130443j:plain

案内された席はこちらになります。4人テーブルでなんとも落ち着きのある雰囲気のお部屋ですね。

f:id:masanori1989:20170301130816j:plain

後ろの掛け軸も美しい。私は和風が好きなので、こういった室内は落ち着きますね。そしてお目当ての料理を注文して今回のコース料理が始まります。

 

すべてにおいて感動!「伽羅 すきやき」が凄い!

f:id:masanori1989:20170301131037j:plain

まずは食前酒。梅の良い香りで口の中がサッパリします。アルコールも感じないのですが「食前酒」の為、車を運転される方は控えた方が良いでしょう。

f:id:masanori1989:20170301131228j:plain

まず一品目。近江牛を使ったお料理となっています。それも味が上品で食べた時に「美味しい!」と思うのですが口あたりがよく口の中に残らないのが好みでした。特に右下の「近江牛のしぐれ炊き」。これが美味しかったですね。

f:id:masanori1989:20170301131523j:plain

すき焼きは炭火焼きの上に鍋を置いて頂きます。

f:id:masanori1989:20170301131724j:plain

炭火焼きなので料理を食べ始める頃にはお部屋全体が暖かくなるので、上着などは脱いで良いでしょうね。私は途中で暑くなってしまったので上着を脱ぎました。

f:id:masanori1989:20170301132355j:plain

これがもう最高ですね。このお野菜などを頂く前に近江牛だけを頂いたのですが、霜降りが口の中でトロけます。またお野菜と一緒に頂く事により近江牛の味がお野菜に染み込み、更に美味しい。

f:id:masanori1989:20170301132723j:plain

出汁として醤油を使っているのですが、その醤油も最初は濃いのですが段々と薄くなっていって最後には丁度良い味になるので、最後まで美味しく食べる事が出来ます。近江牛の味が染み込んだ野菜がまた美味しいんですよね。

f:id:masanori1989:20170301135132j:plain

最後は「青リンゴのゼリー」で終わりとなります。この青りんごが口に残っている近江牛の油をサッパリとさせてくれるので、ゼリーを食べ終わる頃には口の中がサッパリとした状態になっています。これはよく考えられたゼリーですね。

 

まとめ!

今回頂いたのは「極上近江牛肉 すき焼き」になります。

f:id:masanori1989:20170301190925p:plain

お値段はお一人7500円と高価なものですが、スタッフの方が付きっきりですき焼きを作って頂く事が出来るのでお客さん側は何もしなくて良いのが非常に楽です。


女将直伝、美味しい近江牛すき焼きの焼き方

上記は参照動画ですが、このようにスタッフの方が作っている姿を見るのも楽しみの1つでしょうね。お一人7500円で会計が16500円だったのはそういったサービス料だと思います。ただ「食、心、歓」を考えると値段相応だと思いますね。何回も行けるほどお安いものではないですが、贅沢したい時に行くのは有りだと思います。

ちなみにですが「すき焼き 150g」のお代わりを頼むとお値段4000円です。さすが近江牛の霜降り肉はお高い。

 

今回の「近江牛せんなり亭 伽羅」は本当に贅沢な気分を味わえて満足したお店でした!