近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

おっぱい募金を終わらせるかどうかという署名が話題になっている話。

 そもそも何が問題になっているのか?

今年も何かと話題になったおっぱい募金なのですが以前から賛否両論がありました。それがついに「今年で終わらせよう!」とする活動が始まりました。

スカパーが毎年行っているものでエイズ撲滅に賛同し募金をすると女性のおっぱいが揉めるという企画なのですが今年だけで約600万円集まったというじゃないですか。

adult.skyperfectv.co.jp

この今年で終わらせよう!とする内容は簡単に書くと「エロコンテンツ産業自体をなくしたり、人々が性的なことに興味や意欲を持つこと、性を商売道具にすること自体は否定はしません」と言いつつ「それでもこの企画だけは許せない」という内容です。

じゃ何に対して怒って署名活動しているのか?という話になってくるのですが「おっぱい募金を終わりにしてほしい有志一同」によると「偽善的、性差別的イベントでエイズ撲滅を理由にイベントを行うのはエイズで悩んでいる人に対して失礼だ」という事と「スカパーのチャンネル登録で視聴者を増やし利益を得ようとしている」という2つがあります。

www.change.org

実際に募金をして共感した人がいるのも事実

こういった内容を見ると賛成派の意見はどんなのだろうか?と気になったので調べてみると「善意からの募金は良い募金で偽善や売名行為の募金は悪い募金」「チャリティーオークションやチャリティーライブも駄目だよね」という声もある。

私としては反対ではないです。というよりも少し前に「アイスバケツチャレンジ」が流行ったのを覚えていますか?

あちらの方が流れとしては不快でした。アイスバケツチャレンジをした人に「何の病気でした?」と聞くときっともう答えられる人は少ないでしょう。ちなみに筋萎縮性側索硬化症ですからね。通称ALSで覚えている人の方が多いかも知れませんが。あちらの方がバケツで水をかぶり次ぎの人を指名して100$募金をするといった流れを動画で投稿するという事が偽善なのではないのか?という疑問があります。

それと24時間、27時間TVでも募金をやっていますが性的な描写が無いだけで同じ募金には違いないですし同じエンターテインメントという分野だとは思うのだけども「おっぱい募金」に反対派の人の反対理由がイマイチ解らないですね。

 

募金は「募金をしました!」というのではなく街中で募金活動をしている方、お店に置いてある募金に「今日は入れてみようかな」という気持ちの方が大事だと思います。偽善、善意の認識というのは人によって違うと思いますが私はおっぱい募金などが駄目と言うなれば24時間、27時間TVの方がもっと偽善だろうと思いますが、それも賛否両論だと思うので今回の記事はここまで。