読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチンコが好きだからこそ、あえて書く!未だに違法パチンコを設置しているお店は潰れた方が良い

そもそも解らない人の為に「違法パチンコ」とは何か?

まず何も解らない人の為に書くと「違法パチンコ」というのは一体どんな種類があるのかという事をまず説明していきたいと思います。現状一番多いのは「釘調整」ではないでしょうか。今のパチンコを遊戯している人は大体想像出来ると思いますが優秀な台で1000円あたり21回ほど回れば優秀と思っている人も多いはず。

現状のパチンコ台は上限が1/319の確率で当たるものが多いので確率的に20000円ほど使えば当たるかも知れない。という計算になります。ただ酷いお店ですと1000円で10回転も回らないお店もあります。その計算だと1/319の確率で当たる為には31000円必要という計算になるので、そういった台には座らないようにするというのは遊技者にとって当たり前の事なのです。しかし「ベース30規制」というものが去年7月に施行されています。その規制は1分間に100発で賞球数30発を割ると違法になるという規制。

 

しかし遊技者の人は「え?そんな規制がされているのにパチンコ店は営業しているのか?」と思うかも知れませんが警察も見て見ぬふりというのが現状でしょう。

しかし最近になって滋賀県彦根市のパチンコ店が「ペース30規制」で捕まりました。

当たり出ぬよう、パチンコ台不正改造 滋賀、経営者を書類送検 : 京都新聞

こういったニュースを見ると思う事は純粋に楽しんでいる遊技者からすれば当然であり、そういったお店は潰れた方が良いと思う。ただでさえイメージが悪いパチンコ業界が法律を守らないというのはどうだろうか。パチンコ・パチスロライターの人も言っていますが「優良店を見つける事が大事」というのは言葉を変えれば「法律を守っている優良店」という事のようにも聞こえます。実際に遊技者が出来る事というのは通報するしか無いのですが、警察が動くか、動かないかは解らないですけどね。

 

未だにMAXタイプを置いてあるお店を見つけた

さて上記でも少し触れましたが現状の台というのは1/319以上の確率というのは作れない、もしくは設置出来ないようになっています。それが「MAX台規制」と言われるものなのですが昨年末で撤去されたMAX台と言われるものは。

新MAX台:1/319以下 確変確率65%上限

旧MAX台:1/399以下 確変確率70~9◯%上限

 

 

 上記の台がMAX台と言われるものなのですが旧MAX台というのは投資が多くなるかも知れないがその分継続率があり爆発力もあるという台。一時パチンコホールに行くとこのような台ばかりだったのですが、それが2016年末で撤去されました。しかし2017年3月下旬。つい最近の事ですが見つけてしまいました。

f:id:masanori1989:20170322140802j:plain

リングは勿論撤去対象機種。上限1/319上限に引っかかりますからね。

f:id:masanori1989:20170322140734j:plain

海物語桜MAXも1/399で上限に引っかかる為に撤去対象。こうやって書いていますが、見つけた時はビックリしましたよ。なぜか。このホールが雑誌推奨店であり週末にはライターを呼んでイベントを行っているような大きな店舗なので「パチンコ業界はココまで落ちてきているのか」と正直驚いています。せめて雑誌の取材を行っている店舗であればこういった常識は守っておくべき、そして雑誌業界もこういった店舗を「推奨」と書いているのは信用が無くなってしまう。

 

そう何事も「信用」が大事なのですよ。

ちなみにですがMAX機種を撤去しない場合はペナルティがお店に課せられます。そのペナルティは該当機種が撤去されてから6ヶ月は中古機種の入替が出来ないという事。このペナルティの事を考えるとリスクを背負って営業するメリットが一切無いように思えますけどね。更に営業停止にもなるので、撮影した店舗はどうかしてる。

 

なぜ今回のような記事を書いたかと言いますと

私はもう一つのブログとして「パチンコ」をジャンルとした記事を書いているのですが、そちらはまだ始めたばかりで拡散力が弱いと判断したので「はてなブログの拡散力」に期待してこちらで書きました。「潰れた方が良い」と書きましたが、ただでさえグレーゾーンであるパチンコ業界が法律を守らずこういった台を設置して営業しているというのは、一パチンコユーザーとして。パチンコが好きだからこそ法律は最低限守って欲しいと思いますね。こういったお店が無くなる事を願いします。

 

【追記:04月09日】

コメントでも頂きましたが現状設置してある台は問題無いという事です。ただ機械が壊れた場合などには保証がなく撤去しなければならないようですね。

ただ釘に関しては「アンダー30」を守っていない事は事実なので、その点はやはり許されない事実です。