近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】孤狼の血を観てきた感想とレビューを書いていきます-男たちの正義と悪-

警察組織vs暴力団組織という平成の仁義なき戦い

f:id:masanori1989:20180513115422j:plain

柚月裕子原作の「孤狼の血」を松坂桃李、役所広司、江口洋介の主演で監督は「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で実写映画化となりました。広島の架空都市である呉原を舞台に「警察vs暴力団」というストーリーで展開していきます。

 

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。(映画.com引用) 

 

こういった暴力団をテーマにした作品を全国ロードショーとなったのは北野武監督の「アウトレイジ」以外だと珍しいですね。暴力団vs警察というテーマなので今作は「R-15指定」となっています。ベテランのマル暴デカを役所広司。日岡刑事役を松坂桃李。その他、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊など豪華出演陣となっています。男たちの「悪と正義」の世界観。では、早速感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

何が「正義」で何が「悪」なのか

f:id:masanori1989:20180513115548p:plain

昭和63年の呉原が舞台となっている今作。呉原という土地名は存在しませんが撮影の9割は広島呉市で行われています。「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)」が平成3年に成立するのですが、それより前の話になりますね。

 

加古村組と尾谷組、そして五十子会と様々な組がぶつかり合う呉原でベテラン刑事である大上章吾(役所広司)と新米刑事である日岡秀一(松坂桃李)を視点にし物語が進行していきます。秀一は本部より章吾を監視する為に付けられた「スパイ」なのですがストーリーが進行していくにつれて善悪の区別が出来なくなっていきます。

 

それは警察という組織にいる以上、暴力団と関わるのは「悪だ」と思う正義感と、ヤリ過ぎな章吾の姿に嫌悪感を抱きながらも、どこか尊敬している部分もある。そんな自分の中の葛藤がどのように成長するのか。物語の「キーポイント」はその点だと思います。

 

役所広司の「刑事役」が作品をより一層良いものに

f:id:masanori1989:20180513115426j:plain

最近だと「三度目の殺人」「関ヶ原」と出演されている役所広司。どの作品も見終わった後に「役所広司だからこそ出来た演技だった」と思わせる素晴らしい演技だったのですが、今作も期待を裏切りませんでした。

 

冒頭でも書きましたが「アウトレイジ」以外にヤクザや暴力団を扱った映画というのはここ最近本当に少ないですよね。今作は「警察小説×仁義なき戦い」と評されているのですが私も同意見です。破天荒な調査で暴力団からひと目置かれている章吾という存在。映画の中で「綱渡りをしている以上、止まってしまったら落ちる。だから俺は歩くしかないんだ」と言っていますが、そのシーンはカッコいいですね。

 

今作を出演される上で以下のようなコメントを残されています。

 

かつての日本映画には「孤狼の血」のような映画がたくさんありました。でも、今はこういう映画が本当に少なくなった。だから今こそこんな映画があったら新鮮で面白いかも知れない。監督から「とにかく今の日本映画には元気がない。元気のある映画を作りたい」という言葉に共感しました。 

 

この映画を見終わった後は「昭和の良き映画」を観たような感覚になるので「今の日本映画は少しマンネリだ」と思っている人にはオススメです。

 

松坂桃李が演じる秀一の変化に注目

f:id:masanori1989:20180513115432p:plain

「新人刑事なのに章吾と組む事になるなんて、可哀想なやつだ」と同僚な刑事から笑われるシーンがあるように章吾は特殊な存在と言えます。マル暴を引っ張る存在である章吾の部下となり、秀一自身も暴力団と警察の世界を知る事となります。

 

当初はただ真っ直ぐ「法律が正義だ」と言っていた秀一ですが段々と章吾に影響され「自分の信じる道」を導き出す事となるのですが、冒頭とラストでは顔の表情が違いますね。松坂桃李の演技力は素晴らしいです。

 

今回演じた「日岡秀一」というキャラクターを演じた松坂桃李は以下のようなコメントを残しています。

 

 ガミさん(章吾)とのコンビも最初はバディのようですが段々と師や父のような関係性へと感情がスライドしていく。そうした心境の変化のストロークをなるべく大事に演じるようにと心がけていました。

 

ラストのシーンは要必見なので是非観てほしいですね。

 

週末動員数3位!邦画作品としては珍しい好スタート

f:id:masanori1989:20180513115608p:plain

1位は5連覇という「名探偵コナン ゼロの執行人」。そして2位は3週連続「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」となっています。

 

www.yuruiblog.com

 

原作小説を実写化した映画としては孤狼の血は好スタートと言えます。アウトレイジを超え20億円となり平成のヤクザ映画の中では非常に珍しい作品と言えます。

f:id:masanori1989:20180514160927j:plain

パンフレットでは広島県呉市で撮影が行われ、撮影スポットなどがMAPで紹介されています。また今回仮想の街である「呉原」を作る上でこだわったポイントなどが掲載されているので、是非購入して読んでみてください。これにて映画「孤狼の血」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)