近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】嘘を愛する女。を観てきた感想とレビューを書いていきたいと思います

 

TUTAYA CREATOR'S PROGRAMの第1回グランプリ作品

f:id:masanori1989:20180121230759p:plain

オリジナルえの優れた映画企画を募集する「TUTAYA CREATOR'S PROGRAM」で2015年受賞したのが今作となります。恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリオウーマンの由佳利を演じたのは長澤まさみ。由佳利と付き合い「大きな嘘」をついてしまった「研究医」の桔平を演じたのは高橋一生。この2人が演じる今作のテーマは「ラブサスペンス」。どのようなストーリーかを書きますと。

 

食品メーカーに勤める川原由加利は、研究医である優しい恋人・小出桔平と同棲5年目を迎え、公私ともに充実した日々を送っていた。そんなある日、自宅で桔平の帰りを待つ由加利のもとに、警察が訪ねてくる。桔平がくも膜下出血で意識を失っているところを発見されたのだが、桔平の所持していた運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたもので、職業も名前も全てが嘘であると判明したのだ。ショックを受けた由加利は桔平の正体を突き止めるべく、私立探偵の海原匠と彼の助手キムに調査を依頼。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ未完成の小説が見つかる。その内容をもとに、いまだ病院で眠り続ける桔平の秘密を探るため瀬戸内海へと向かう由加利だったが……。(映画.com引用) 

 

桔平の過去を追う由佳利を待ち受けていたのは、残酷な結末か。またはハッピーエンドか。早速、感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

長澤まさみ×高橋一生という演技派が魅せる!

f:id:masanori1989:20180121230858p:plain

この映画を観たいと思った理由の1つとして「長澤まさみ×高橋一生」というコンビを観たかったというのもあります。今回のテーマでもある「ラブサスペンス」をお二人がどのように演じるのか。結論から言うと「納得以上の演技力」と思います。

 

また探偵役として吉田鋼太郎さんも登場しストーリーが進むにつれて緊迫感が増してくるのは観ていて面白いと思った。キャスティングに関して言えば、今作はかなりの個性派俳優・女優揃いなのですが、観ていて「飽きない」というのは非常に大事な事だと思う。

 

「嘘」から始まる真実の「愛」

f:id:masanori1989:20180121230806p:plain

持っていた免許書や研究医カード。すべて偽造だと判明し由佳利は「桔平」は”誰なのか”を求め探偵である海原匠に調査願いを出すのですが、ストーリーが進むにつれて由佳利は選択を迫られていく。その選択とは「真実を知るべきか、知らないでおくか」

 

当然調査を以来した時点で「知りたい」と思うからでしょうが、真実が迫るにつれて由佳利には「覚悟」が決まって無かったというのが解ります。ただ一心に「あなたは誰」という気持ちと「嘘をつかれていた」という気持ちが由佳利を追い詰め、真実を知った時に由佳利は「もっと沢山話したい事がある」と再度、愛を確認出来たと言えます。

 

なぜ「嘘」をついて過ごしていたのか?

f:id:masanori1989:20180121230802p:plain

免許書を偽造し身分を偽って由佳利と5年過ごしていたのか。その理由はラスト30分で解るのですが、真実に迫る今回のキーワードは「小説」です。

 

桔平はパソコンで700ページにも及ぶ小説を書いていたのですが、その中には自分が桔平の過去を知るキーワードが沢山登場してきます。瀬戸内海灯台宝物家族子供。このキーワードを元に調べていく由佳利と海原匠ですが桔平の過去は「広島」にあると情報を手に入れます。

 

それは広島でおきた「心中事件」。母親が子供と心中したという事件ですが、その旦那が桔平だったのです。桔平は犯罪者でも結婚詐欺師でもなく「ただ純粋に由佳利を愛し、自分の過去を捨てる為に身分を偽造した」と考えられます。

 

残念だと思ったポイントは「上映時間」

f:id:masanori1989:20180121230854p:plain

今作は上映時間118分と約2時間の作品となっていますが、この点においては少し残念だと思った。桔平の過去をもう少し丁寧に描いていれば、最後のシーンはもっと感情移入出来たかも知れない。

 

最近の邦画作品でも2時間超えの作品が多くなってきているので、今作も2時間超え。もしくは回想シーンを少し減らし桔平の過去を掘り下げていれば更に良かったように感じます。また由佳利が真実を知った後、病室に戻り桔平の手を握りながら「あなたとしたい10の事」と語るのですが「クモ膜下出血」で倒れている患者を揺さぶるのは、ちょっと客観的に観てしまいました。

 

演技抜群×ストーリーは賛否両論

f:id:masanori1989:20180121230755p:plain

演技はやはり豪華キャスティングとあって抜群だと思うのですが、ストーリーに関しては賛否両論の作品だと思います。私個人としては「面白い」と思える作品でしたが、上記でも書いた通り悪い所を書くと一番目立つのは「ストーリー面」だと感じました。

 

f:id:masanori1989:20180122123319j:plain

パンフレットでは各出演陣のコメント、監督インタビュー。そして瀬戸内の撮影場所に関するマップなど今作を観た後、楽しめるコンテンツ満載となっています。映画を観終わった後にでも、是非ご覧ください。

 

これにて映画「嘘を愛する女」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで見て頂き、ありがとうございました。

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)