近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】鋼の錬金術師を観てきた感想とレビューを書いていきます-私個人の感想は「及第点」-

鋼の錬金術師を実写化

f:id:masanori1989:20171205104944p:plain

月刊少年ガンガンにて2001年8月号から2010年7月号まで連載されていた大人気コミックス「鋼の錬金術師」が何と実写化となりました。

 

コミックスは全27巻が発売されており累計発行部数は何と7000万部とスクウェア・エニックス発行のコミックスとしては最高記録更新となっています。さて、知っている人も多いと思いますが。

物質の構成や形状を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界。幼い兄弟エドワードとアルフォンスは、死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なうが失敗し、その代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い鎧に魂を定着させた姿になってしまう。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、失った身体を取り戻すため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。(映画.com引用) 

 上映前から現在まで賛否両論の多い作品ではありますが、私個人の感想で書いていきたいと思います。

 

全体のあらすじを把握しているとストーリーが解りやすい

f:id:masanori1989:20171205105542j:plain

今回の鋼の錬金術師はストーリーに忠実という訳ではなくオリジナルストーリーで後半は展開していきます。後半になるにつれ鋼の錬金術師全体のストーリーを把握していると尚面白いかも知れません。

 

今作の上映時間は2時間10分。この映画単体で終わらせるような雰囲気があるので27巻分のストーリーを映画1本でまとめるというのは不可能と言っていい。

 

個人的な感想として原作の「序盤~ラストの死+α」というイメージで観てもらえると解りやすいと思います。今回の実写を観た後、原作を観た人は「あの意味は、こういう事だったのか」とより一層理解出来るのではないでしょうか。

 

私個人も鋼の錬金術師が大好きなので、今作のストーリーについては頑張ったと思います。

 

 日本人を採用したのは駄目という意見はあるが、それは仕方ない

f:id:masanori1989:20171205104937p:plain

キャストについて賛否両論がありますがハリウッドで実写化ではない事を考えると仕方ないことかなと思います。贅沢を言えば鋼の錬金術師はハリウッドの方が似合う人も多いでしょうが、きっとハリウッドで実写化になったとしても「いや、違う」という意見が多かったのではないでしょうか。

 

漫画やアニメを実写化する際に「この俳優・女優さんが理想だな」と皆が思っている部分はあると思いますが、キャスト面に関しては仕方ないかなと。

 

グラトニーラストエンヴィーのホムンクルスのキャスティングは全く違和感が無いのが凄いと思った。後、ヒューズ中佐も個人的には適任だと思います。

 

ただアルフォンス・エルリックの声は演技が上手という理由よりも、やはり声優さんを採用していた方が良かったのではないだろうかとは思った。一度違和感を感じてしまうと慣れる頃には映画も終盤になっているのでモヤモヤ感が残ってしまった。

 

本田翼可愛いけどウィンリィ出過ぎじゃない?

f:id:masanori1989:20171205111117j:plain

原作でも序盤はウィンリィがよく登場するシーンがありますが今作の鋼の錬金術師を観て思ったことは「あれ?こんなに登場してたかな?」という違和感。

 

劇場から帰り原作とアニメを少し見直して観ましたが違和感が納得出来た。そう、ウィンリィは登場はするが常にエルリック兄弟と行動を共にしていないという事。

 

本田翼を起用した事によって「じゃ原作通り少しだけの登場」というのが無理になってしまった可能性があるかも知れませんが第五研究所、マルコ登場時に「なぜいる!?」と個人的にツッコんでしまった。

 

VFX演出は良い出来のものが多かった

f:id:masanori1989:20171205105538p:plain

VFX全体としては良い出来。例えば冒頭のリオールの街では街のレンガが波を打ち、壁からは錬成によってエドを襲うシーンがある。

 

石獣がエドに向かって襲うシーンなどはVFXの力を最大限使ったものだと感動しました。この作品で一番VFXにこだわっている部分はアルフォンス・エルリックかも知れない。ただ1つだけ不満があるとすれば少し違和感を感じるVFXにが多かったのも事実。

 

グラトニーのお腹が割れるシーンなどはVFXを利用していますが、ちょっとVFXの質が低いように感じた。日本のVFX技術は以前に同じく実写化された「東京喰種トーキョーグール」で高い事が解っているので、これは少し残念だと思う。

 

全体を通してみると「別物」と考える

f:id:masanori1989:20171205104934j:plain

今作の鋼の錬金術師を全体的に観るとショウ・タッカーが軍に逮捕され脱走する場面から原作の鋼の錬金術師とは別物と考えた方が良いと思った。

アニメでも2003年に放送された「鋼の錬金術師」は後半オリジナルストーリーが展開されていくので別物と考える人も多い。

 

私もその点に関しては同意見で、今作も同じように「また別の鋼の錬金術師」と考えて観ると違和感は少しでも減るのではないでしょうか。

 

賛否両論ながらも3日で29万人の堂々1位

f:id:masanori1989:20171205105449p:plain

賛否両論ながらも堂々1位を獲得した鋼の錬金術師。私も「同じ批判をするのであれば観ないと批判しては駄目だ」と思って観に行ったのですが決して悪いものではなかった。それは上記でも書きましたが「鋼の錬金術師ですが、また別物」と考えるとまた面白いと感じたからです。

 

ただ監督の「原作に沿った形で」というコメントを残しているので、これを追求するのであれば批判する形になってしまうかも知れませんが個人的に「及第点」ですね。

f:id:masanori1989:20171204232144j:plain

今作のパンフレットは各出演陣の紹介、キャラクター紹介。鋼の錬金術師の世界が解る用語解説などが掲載されていますがイタリアでの撮影風景などは読んでいて面白いと感じました。ドローンを飛ばし、どのように撮影したのかなど技術面の話が掲載されているので、気になる人は是非買ってみてください。

f:id:masanori1989:20171204232207j:plain

入場特典として鋼の錬金術師0巻を貰う事が出来ます。私は月曜日に観に行きましたが、まだまだ特典は余っている様子でした。仲いい映画スタッフさんとお話していたのですが映画だけ観て特典はいらないという人もいるので、まだまだ余裕あるとの事。

 

0巻が欲しいという原作ファンの人も是非観に行って貰ってくださいね。これにて映画「鋼の錬金術師」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございます。

(探偵はBARにいる3も観てきました。宜しければこちらもご覧ください)

www.yuruiblog.com

鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)