近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】探偵はBARにいる3を観てきた感想とレビュー-4年ぶりに奴らが帰ってきた-

大泉洋×松田龍平のタッグ再び

f:id:masanori1989:20171203193536p:plain

東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋×松田龍平のタッグで映画化した「探偵はBARにいる」シリーズも今作で第3作品目となりました。

 

1作目である「探偵はBARにいる」。2作目は「ススキノ大交差点」。そして今作は「探偵はBARにいる3」と、どのような展開になるか非常に楽しみです。さて、今作のストーリーですが。

札幌にあるアジア最北の歓楽街・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くす探偵のもとに、相棒である高田が人探しの依頼を持ち込んでくる。失踪した女子大生・麗子について調査を開始した探偵たちは、モデル事務所の謎めいた美人オーナー、マリに翻弄されるうちに、いつしか大きな事件に巻き込まれていく。(映画.com引用) 

 では、早速ですが今作の感想とレビューを書いていきたいと思います。

 

今回もとにかくハードボイルド

f:id:masanori1989:20171203193704p:plain

1作目、2作目とシリーズが進むに連れて主人公の探偵を演じる大泉洋さんが更にカッコよくなっていく。ススキノという街が彼をカッコよくさせるのか、逆に大泉洋という人物がススキノと合っているのか。

 

どちらか解りませんが今作もススキノの街に溶け込んでいます。さすが北海道の大スターだとスクリーン越しでも伝わってきますね。

 

さて今作は過去のシリーズと比べると「切なさ」がより深く伝わってきたように思えます。それは2人の探偵の関係であったりマリ(北川景子さん)と北城(リリー・フランキーさん)、麗子(前田敦子さん)、波留(志尊淳さん)。そして過去シリーズからお馴染みの個性豊かな登場人物。

f:id:masanori1989:20171203193721p:plain

このススキノ探偵シリーズは最後はどこか泣かせてくれる。ジグソーパズルを組み立てるように少しずつ、少しずつ登場人物の関係が解っていく。それはどの推理小説でも言える事なのですが、ススキノ探偵シリーズは他の推理小説とは違うように感じます。

 

今回の重要人物であるマリの過去、そして結末。これは非常に「切ない」という気持ちになった。過去の探偵シリーズもラストは悲しい結末になる事が多いのですが、今作もそのルールに従って進んでいき、ラストは段々と予想出来るのですが、それでも切ないと思えるのは今作の良い所ではないでしょうか。

 

アクションシーンがスローモーションにしたのは良かった

f:id:masanori1989:20171203193631j:plain

今作は歴代シリーズに比べ、アクションシーンというのは比較的少なめに描かれています。それは監督が「大人な探偵シリーズ」を楽しんで欲しいという考えなのですが、そんな数少ないアクションシーンの中で探偵が北城に連れ去られてピンチの時に高田が乱入して乱闘になるシーンがあるのですが、その乱闘シーンはスローモーションで撮影されています。

 

個人的にこのスローモーションアクションを採用したのは非常に良かったと思います。数少ないアクションシーンはどのように生かすか。それは単に殴って蹴って、敵をダウンして終わりという一般的な流れではなくスローモーションにした事によって臨場感が増し、観客はその場面を食い入るように観てしまうからです。

 

実際、私もあのアクションシーンは探偵はBARにいる3でもお気に入りのシーンとなりました。

 

勿論「クスっ」と笑える場面も健在

f:id:masanori1989:20171203193550j:plain

大人な探偵シリーズという脚本ながらもクスっと笑える展開があるのは健在です。これは探偵シリーズ恒例だと私は思っているのですが、今作も健在で安心しました。

 

探偵なのにどこか抜けている主人公はいつも後悔ばかりして、結果それが最悪の道へと進んでいくのですが今回も大泉洋さんは身体を張っていますね。

 

雪景色の中、船の前に裸で縛られているシーンがありますが、あれは映像では中々伝わらないですが、寒いでしょう。前半は雪の中アクションが行われるのですが、観ていて面白いながらも、身体を張った演技には毎度面白さを感じます。

 

北川景子さんのアクションに注目

f:id:masanori1989:20171203193553p:plain

今回のマリを演じた北川景子さん。時に笑顔を見せつつ、拳銃を向ける顔は迫力がある。雪の中、ハイヒールで走り抜けるシーンなどは大変だったと思います。

 

また探偵、高田、マリが逃走するシーンで最後にビルの屋上から下に止まった雪に飛び降りるシーンがあるのですが、実は北川景子さんは高所恐怖症だとか。

 

ずっと下を向いては「怖い」と言っていた北川さんですがカメラが回ると潔く飛び降りたそうです。それはさすが女優魂だと思いますね。

 

過去の1作目、2作目はHuluやAmazonプライムで配信中!

f:id:masanori1989:20171207105030p:plain

f:id:masanori1989:20171207105048p:plain

現在HuluとAmazonプライムで過去の作品が配信されています!これから「探偵はBARにいる3」を観に行くという人がいる方で過去の作品を見たことが無いという人は、登録するだけで観ることが出来ますよ!

 

今作も笑い×涙の良作となっています

f:id:masanori1989:20171203193541j:plain

予告編で「お前はクビだ」と2人の関係を終わらせようとした探偵。映画のラストはどのような結末になるのかは、是非劇場で観に行ってみてください。

探偵シリーズも1作目から6年経ってますが変わらない人気と面白さは、それだけ愛されている作品だと解ります。何年後か解りませんが是非「4」も作成して欲しいですね。

f:id:masanori1989:20171204124214j:plain

今作のパンフレットは非常にお洒落だと思います。パンフレットを横に撮影していますが縦にすると「3」がまるでジッポの炎のように演出されているのはカッコイイですね。こういったデザインパンフレットは私は大好きです。

中身も監督のコメント、各出演陣のコメントもありますが「松田龍平×大泉洋」の対談は非常に面白かったです。今作を観た方は是非買ってみてくださいね。

 

これにて「探偵はBARにいる3」の感想とレビューを終わりたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

www.yuruiblog.com

(そして同時に鋼の錬金術師も観に行ったので木曜に感想・レビューを投稿したいと思うので宜しくお願いします)

探偵はBARにいる3オリジナルサウンドトラック

探偵はBARにいる3オリジナルサウンドトラック

 
探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)

探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)