近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

滋賀県近江八幡市で食べることが出来る最高に美味しいかき氷。「つぶら氷 抹茶」を日牟禮ヴィレッジで食べてきました

こんなに暑い日が続くとやはり食べたくなるのが「かき氷」

連日猛暑と言える気温が続き夏バテになっている人も多いのではないでしょうか。滋賀県でも35度を超える暑さが続いていますが、こんな暑い時に食べたくなるのが「かき氷」ではないでしょうか。

f:id:masanori1989:20170802122550j:plain

店内も8月使用になっていて、とても涼しい雰囲気になっています。所どこ植物が置いてあったりして撮影したのですが、他のお客さんが写っていたりと混雑していたので今回は省略させて頂きます。日牟禮ヴィレッジたねやさんは私のブログでは結構お邪魔しているお店なのですが今回は「かき氷」だけです。

【滋賀県】2月に入ったので日牟禮茶屋のランチを食べてきました-今月のおこわ米は「黒豆ご飯」でした- - 近畿地方から送るゆる~いブログ

最近ブログではご紹介していませんが、月に1度訪れるほどハマッています。そして気になっていた「つぶら氷」を今回は注文してみました。

 

絶品!濃厚な抹茶味と小豆が至福!

f:id:masanori1989:20170802120842j:plain

私が注文したのは「つぶら氷 抹茶」です。横に付いているのが日牟禮ヴィレッジたねや名物「つぶら餅」になります。

f:id:masanori1989:20170802120852j:plain

このきめ細かい氷がなんとも美しい。器も綺麗でまさに「和」という雰囲気がありますね。

f:id:masanori1989:20170802121135j:plain

和菓子屋さんの小豆なので他のお店の小豆とは違いやはり美味しいです。嫌な甘さの小豆ではなく、小豆本来持っている上品な甘さなので、まさに「大人の味」です。

f:id:masanori1989:20170802121252j:plain

とても濃厚な抹茶で小豆ととても合います。最後まで抹茶の濃厚さを楽しめるかき氷でした。溶けた後でも小豆の甘さと抹茶が合わさり、甘い抹茶を飲んでいる気持ちになります。最後まで楽しめるかき氷でした。

f:id:masanori1989:20170802121009j:plain

一緒に行った方は「つぶら氷 いちご」を注文しました。これが苺の身が沢山入っていてとても濃厚だったみたいです。途中で練乳をかけて食べていたのですが、また味が変わって美味しかったみたいです。その方の個人的な意見ですが最初から練乳をかけるのではなく、途中で練乳をかけた方がきっと美味しいと言っていました。

 

最初から練乳をかけると苺本来の美味しさを感じなくなってしまいますからね。

 

お土産に期間限定商品も購入

f:id:masanori1989:20170802132540j:plain

たねやのどら焼きは美味しいのですが、期間限定「白あん」が販売していました。奥が通常のあんこで、手前が限定の白あんとなっています。食べた感想は白あんも良いですね。あっさりとした味で、私好みの味でした。

f:id:masanori1989:20170802132720j:plain

そして栗まんじゅうと最中のセットを購入。この栗まんじゅうは通年販売しているのですが、最中も「白あん」限定で販売されています。

f:id:masanori1989:20170802132734j:plain

右が通常の最中で左が限定の白あんです。限定の包装はとても風流のある包装で貰った人も嬉しいですよね。食べた感想はどら焼き同様にあっさりとした味となっています。通常の最中と違い甘みが少し強い為、渋いお茶と一緒に食べると美味しいと感じました。

 

今回、限定商品2つをご紹介しましたが「まだお中元を出していない」という方はお中元にいかがでしょうか?今回お邪魔した「日牟禮ヴィレッジ たねや」は。

 

近江八幡駅より車で5分。電車で来られる際にはタクシーを使って行くのがオススメです。日牟禮ヴィレッジは日牟禮八幡宮の敷地内にある為、観光にも良いですよ。是非皆さん行ってみてくださいね!

近江八幡日牟禮ヴィレッジ|滋賀店|店舗のご案内 | たねや

〒523-8558 滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ

TEL 0748-33-4444

営業時間 9:00~18:00