近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画・ネタバレ有】「22年目の告白 私が殺人犯です」を観てきた感想とレビューを書きます-藤原竜也演じる人物に観る人を狂わせる-

藤原竜也×伊藤英明の初共演作品

f:id:masanori1989:20170612211421j:plain

藤原竜也×伊藤英明の共演が今作初となります。今まで共演が無かった事に驚きの二方ですが今作ではお互いの存在感は抜群にあります。この映画は「すべての国民がこの男に狂わされる」というフレーズは頭に残ってしまいますね。さて、今作は2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンスとなります。気になるストーリーですが、次にようになっています。

1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。 (映画.com引用)

 では、早速レビューを書いていきたいと思います。

 

ネタバレ有:前半は曽根崎に日本中が狂わせる

f:id:masanori1989:20170612213007p:plain

映画の冒頭から阪神淡路大震災の映像が流れる中、その後「ある犯人が記者会見を行う」というニュースが報じられます。その犯人こそ22年前に時効を迎え闇に消えた曽根崎(藤原竜也)だった。なぜ22年後になって姿を観せたのか。その会見の内容は「正式な内容を届けないメディア、捕まえられない警察にガッカリした。事件の真相を本に出したから読め」という内容だった。

f:id:masanori1989:20170612213330p:plain

その男の大胆さ、そしてビジュアルなどで日本中はまるでアイドルのように騒ぐ中、22年前事件の担当だった刑事である牧村(伊藤英明)は尊敬していた滝(平田満)を目の前で失い怒りを抑えられずにいた。それは被害者遺族も同じこと。世田谷区会社員殺人事件で当時子供だった岸(夏帆)は書店で売れる犯人の本を目に「お父さんの事は3ページしか書いてない」と怒り、練馬区医院長夫人殺人事件の医院長に就任した山縣(岩松了)は犯人が目の前で土下座しても当然許す事が出来ず。銀座ホステス殺人事件では橘組組長である橘(岩城滉一)の当時愛人として囲っていたホステスが殺され、その復讐として若いチンピラの戸田(早乙女太一)を鉄砲玉に送った。

 

物語は後半へ、ストーリーが一気に加速する

f:id:masanori1989:20170612214312j:plain

そんな世間が騒ぐ中、NEWS EYESのメインキャスターである仙堂(仲村トオル)が曽根崎を生放送に呼ぼうと提案する。生放送中に明らかになるのは牧村刑事には妹(石橋杏奈)がいた事。その妹が明らかにされていない6件目の事件ではないのか?という事を問う。続けて仙堂は「あなたの本には殺害動機が書かれていない。本当に犯人なのか?」と疑問をぶつけるが曽根崎は「隅々まで読めば解る」と語る。しかしその生放送3時間前に動画投稿サイトで”本当の犯人”を名乗る投稿者の映像に写っていたのは滝刑事が亡くなる寸前の映像と一瞬だけ写る牧村の妹の姿だった。その姿に驚く牧村刑事。その後橘組長と会話するシーンがあるが「鉄砲玉を送ったやつは俺とホステスの間に生まれた子供だ」という事を牧村刑事に伝える。

f:id:masanori1989:20170612214809j:plain

後日、曽根崎と牧村刑事、真犯人を名乗る男3名で生放送を開始するが、新たに送られてきた映像に写っていたのは牧村の妹が殺害される映像だった。その姿に悲しみを覚える牧村に対し曽根崎は真犯人を名乗る人物に襲いかかる。

f:id:masanori1989:20170612215449j:plain

なんと曽根崎は真犯人ではなかったのだ。出版した本の内容は牧村刑事が書き、曽根崎は牧村刑事の妹の婚約者の小野寺(野村周平)だった。7年前絶望から飛び降り自殺を図り奇跡的に助かった小野寺は山縣院長に整形をして貰い、犯人をおびき出すチャンスを伺っていたのだ。しかし襲いかかった人物も匿名メールから指示を貰い金を受け取っただけの人物だと判明し絶望に暮れる牧村刑事と曽根崎。

f:id:masanori1989:20170612215835j:plain

しかし牧村の妹が殺害された映像を観て2人はお互いに気づいた点があった。どこかに向かう曽根崎とそれを追いかける牧村刑事。2人が向かった先はインタビューを受けている仙堂のところだった。曽根崎は「牧村刑事以外に妹と婚約した事を話た事が無いのにあなたは知っていた。それを知るのは犯人だけだ」と詰め寄る。仙堂を刺す曽根崎だが牧村刑事に「そいつの時効は成立していない」という事実を聞かされ事件は司法の手に委ねられる事になった。

f:id:masanori1989:20170612220418p:plain

曽根崎は命日には必ず日本に戻ってくると言い残し海外へと旅立った。22年という歳月から解放された曽根崎は小野寺の姿を連想させ旅立っていく。逮捕された仙堂は精神を患い、精神病棟で公判を待ちながら手記を書き上げた。そして病院で護送される時に橘組長が送った鉄砲玉だった戸田が仙堂を刺殺して映画は終わる。

 

藤原竜也×伊藤英明のテンポの良さ

f:id:masanori1989:20170612221122p:plain

犯人だと思われていた曽根崎は実は犯人では無いと知っていたのは牧村刑事と整形を担当した山縣院長の2人のみ。それ以外の人物は皆、曽根崎に騙されていた形になる。復讐心から協力し事件の真犯人をおびき出そうとする姿は22年間の恨みの重さを知る瞬間でもあります。

 

初共演である藤原竜也×伊藤英明のコンビのテンポの良さはかなり素晴らしかった。今回の「22年目の告白 私が殺人犯です」は前半はかなり緊迫した空気で進んでいきます。そして犯人が解るにつれてクールなキャラを演じていた曽根崎が憎しみに溢れていく姿というのは、いつもながら藤原竜也の演技力には引き込まれるものがあります

 

なぜ牧村刑事の妹だけ時効が成立しなかったのか?

f:id:masanori1989:20170612222111p:plain

牧村刑事の妹であり小野寺の婚約者が殺された事件だけ時効が成立しなかった理由は殺された瞬間。左下にある東京タワーのライトが消える瞬間がビデオには写っています。牧村刑事はこの事に気づいたという事ですね。東京タワーが消えるのは午前12時

時効が成立するのは1995年4月27日までの事件であり4月28日に殺された彼女は新法案により時効適用外になり逮捕出来るのです。

 

こういった場合逮捕されると他5件が時効成立しているが世間は他5件の殺害についても知っていますし、裁判官や裁判員は量刑判断の際に他5件についても情状事実として十分に考慮するでしょうから、仙堂が死刑になる可能性はあります(パンフレット引用)

 

韓国映画「殺人の告白」との違い

韓国映画が元となっている今作ですが「殺人の告白」も気になって先日観てみました。殺人の告白はド派手なカーアクションなどサスペンス映画とは少し違う出来なのですが、今作は「心理サスペンス」に仕上がっていると思います。

 

私はどちらかと言えば今作の方が面白いと思えました。殺人の告白はシリアルなシーンの後に「え?」というシーンが数多くあり突っ込めばキリが無いのですが原作は少しサスペンス映画としては甘いように思えます。

 

サスペンス好きには物足りない映画かも知れない

映画やドラマを観る際に「誰が犯人だろう」と予想しながら観る人もいると思いますが、予想しながら観るというのは辞めた方が良いかも知れません。そんな私も予想しながら観てしまう1人なのですが仙堂が犯人かも知れないという事は映画の中盤に解ってしまいます。

 

私が気づいたポイントは最初の生放送の際に「この本には書かれていない6件目の真相があるはずだ」というセリフ。22年前の事件を追いかけていた仙堂だとしても、そのような事まで気づくのだろうか。気づいていたとすれば「なぜ報道しなかったのか」という疑問を考えると簡単かも知れませんね。

 

しかし犯人が解っても、もう一度見たいと思える映画

f:id:masanori1989:20170612223621p:plain

しかし途中で気づいたとしても最後まで楽しめる映画だと思います。サスペンス映画やドラマというのは「犯人が解れば楽しさが減る」と考えている人も多いかも知れませんがこの映画ではそういった点が一切無いというのが面白いポイント。

f:id:masanori1989:20170612133830j:plain

映画を観終わった後、パンフレットを読み返しましたが映画の内容が見事に整理されていて解りやすいです。今回のパンフレットでオススメなのはやはり出演キャスト陣のインタビューでしょうか。映画を観る限り演じるのが難しい人物ばかりですから「役を演じる際にどういった点に気をつけたのか」を是非読んで欲しいと思います。これで「22年目の告白 私が殺人犯です」のレビューを終わりたいと思います。