過去記事リライトはどのようにすれば良いのだろうか?私が行った具体的なリライト方法を書いてみるよ!

まず「リライト」の存在を知らなかった

f:id:masanori1989:20170423230044j:plain

ここ最近になって私もブログのリライトを行っているのですがリライトの重要性を最近になって気づくようになってきました。

しかしブログを書き続けていると何を、どの記事を修正して良いのか解らないと思っている人も多いはず。そこで今回は「過去記事リライト方法」について触れてみたいと思います。

検索結果上での日付更新の為などの目的

自分が検索する立場であるとすると最新の情報が見たいと思うのは当たり前ですよね。例えば「滋賀県 旅行」と検索した場合、以下のように表示されます。

f:id:masanori1989:20170423222008p:plain

一番クリックされやすいのは一番上にあるサイトで次に2番目、3番目となるでしょう。しかし2番目、3番目になるにつれてタイトルを見てクリックするか否かを判断している人も多いのです。「2017年 滋賀県人気スポット」というタイトルであれば「お、最新だな」と認識するのでクリックされやすいという事ですね。これはSEOの上手なタイトルの付け方という訳なのですが、それ以外に注目すべきポイントは「更新日時」。

f:id:masanori1989:20170423221821j:plain

この更新日時で古い記事なのか新しい記事なのか判断出来る訳です。検索結果に日時が表示されるのはサイト運営者が操作出来るものではないのですが情報を最新にする事は自分のサイトに訪れてきた人に「このブログは最新の情報を載せているよ」という安心感とGoogleから「このサイトは滞在時間と直帰率が良い」と判断されればアクセスアップにも繋がるという訳です。

 

どういった記事を修正すれば良いのだろうか?

どのような記事を修正すれば良いのだろうか?という事をここ数日調べて実践した所、一番有力なのは検索ページの2~3ページにあるような記事を修正するのが一番良さそうです。それは「ブログ部」さんで知る事が出来ました。

【劇的リライト術】過去記事のリライトでPV&収益が激増する5つのステップ | 文章・記事 | ブログ部

具体的な内容は上記の記事を読んで貰えれば解ると思うのですが検索ページ2~3ページ目にあるコンテンツはもう少し足りない!惜しい!という意味という事のようです。

それはどこで見れるのかと言いますとGoogle Search Consoleなのです。

f:id:masanori1989:20170423223750p:plain

左側の「検索トラフィック」の中にある「検索アナリティクス」から上記のページを見る事が出来ます。

www.google.com

ここで「あともう少しで検索ページ1ページ目に到達出来るよ!」という情報が見れる訳ですね。これは知らなかった。それを踏まえた上で私が行ったリライト方法を書いてみようと思います。

まずは見出し変更!

まずやる事は見出しを<h3>から<h2>に変更する所からはじめました。私の過去記事は未だに<h3>を多様した記事が多いのです。現在は自動で置き換える方法を試しているので楽なのですが、まず過去記事の見出し変更から始めました。

www.ikemenmusuko.net

上記のガイさん(id:kanchi_guy_nice_guy)の記事で自動に置き換える方法が書いてあります。その方法はブログデザインのヘッダか記事上か記事下にjQueryをベーストするだけというとても簡単な方法。

<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
<script>
$(function(){
    if (!document.querySelector('.entry-content h2')){
        $('.entry-content h3').replaceWith(function() {
            var tag_class_h3 = $(this).attr("class");
            var tag_id_h3 = $(this).attr("id");
            
            if ( tag_class_h3 == null) {
                var tag_class_plus_h3 =[];
            } else {
                var tag_class_plus_h3 = 'class="'+tag_class_h3+'"';
            }
            if ( tag_id_h3 == null ) {
                var tag_id_plus_h3 =[];
            } else {
                var tag_id_plus_h3 = 'id="'+tag_id_h3+'"';
            }
            $(this).replaceWith('<h2 '+tag_id_plus_h3+'  '+tag_class_plus_h3+'>'+$(this).html()+'</h2>');
        });
        $('.entry-content h4').replaceWith(function() {
            var tag_class_h4 = $(this).attr("class");
            var tag_id_h4 = $(this).attr("id");
            
            if ( tag_class_h4 == null) {
                var tag_class_plus_h4 =[];
            } else {
                var tag_class_plus_h4 = 'class="'+tag_class_h4+'"';
            }
            if ( tag_id_h4 == null ) {
                var tag_id_plus_h4 =[];
            } else {
                var tag_id_plus_h4 = 'id="'+tag_id_h4+'"';
            }
            $(this).replaceWith('<h3 '+tag_id_plus_h4+'  '+tag_class_plus_h4+'>'+$(this).html()+'</h3>');
        });
        $('.entry-content h5').replaceWith(function() {
            var tag_class_h5 = $(this).attr("class");
            var tag_id_h5 = $(this).attr("id");
            
            if ( tag_class_h5 == null) {
                var tag_class_plus_h5 =[];
            } else {
                var tag_class_plus_h5 = 'class="'+tag_class_h5+'"';
            }
            if ( tag_id_h5 == null ) {
                var tag_id_plus_h5 =[];
            } else {
                var tag_id_plus_h5 = 'id="'+tag_id_h5+'"';
            }
            $(this).replaceWith('<h4 '+tag_id_plus_h5+'  '+tag_class_plus_h5+'>'+$(this).html()+'</h4>');
        });
    }
});
</script>

 

 私は見出しを<h2>に変更していますが全く必要ないという人もいます。実際に過去記事の中には<h2>タグが無くても検索上位にある記事がある為、これは各々の判断で追加するか決めてくださいね。

 

気づいた事は徹底的に追記した

以外にも昨年の記事を見直してみると情報が古かったりする場合が多いですね。リンク切れは勿論、自分が行ったお店などが現在閉店して無かったりと過去記事を見ればみるほど修正箇所が見つかります。そういった記事には徹底的に追記して最新のものにしました。単純に行った作業ですが。

  • 文章の追加
  • リンク修正
  • 写真の追加
  • 誤字脱字修正
  • 見出し変更・修正

上記の事を徹底的に行いました。それは現在進行系で終わる気配がありませんが「ブログ部」で書いてある検索ページ2~3ページを目安にとありましたが私は過去記事1つ1つ修正出来る箇所があるのであれば修正するようにしています。検索ページが悪くても意外と月に1件でも見てくれている人がいるのは嬉しいですからね。

 

まだまだリライトは始めたばかり!先は長い・・・。

f:id:masanori1989:20170423225608j:plain

リライトの重要性を知った今だからこそ頑張っていますが正直疲れる。過去記事を修正するのは良いことだと思うのですが今までブログを更新してきたものを読み返して修正するというのは結構時間がかかりますね。なるべく1日1記事は更新するようにしているのですが、どちらに力を入れたら良いのか解らなくなるくらい頭がパニックになりますよ。しかし、こういった細かな修正というのは嫌いじゃない。まだまだ先は長いですが1つ1つリライト出来る箇所は修正してがんばりますよ!

これからのSEO内部対策 本格講座

これからのSEO内部対策 本格講座