近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

【映画】ひるね姫~知らないワタシの物語~を見てきた感想とレビュー-サマーウォーズが好きな人はきっと好きな作品-

神山健治監督最新作のひるね姫

攻殻機動隊や精霊の守り人、東のエデンなど数多くのヒット作で有名な神山健治監督の最新作が今回の「ひるね姫~知らないワタシの物語~」です。

f:id:masanori1989:20170103162558j:plain

映画館で予告編を観てから気になっていました。気になる理由として神山健治監督だという事。もう1つはキャラクター原案が東のエデン、名犬ラッシー、七つの海のティコ。そして猫の恩返しなどで知られる森川聡子だという事。ストーリーも結構気になるポイントが数多くあったのも観に行きたいと思った理由の1つです。

東京でオリンピックが開催される2020年、岡山県を舞台に、居眠りばかりしている女子高生・森川ココネが、いつも見る不思議な夢を通して家族の秘密に迫っていく姿を描く。東京オリンピックの開幕が目前に迫った夏。岡山県倉敷市・児島で、車の改造ばかりしている父親と2人で暮らす女子高生のココネ。最近は常に眠気に襲われ、家や学校でも居眠りばかり。さらに、寝ると決まって同じ夢をばかり見ていた。そんなある日、父親が突然、警察に逮捕され、東京へ連行されてしまう。ココネは父がなぜ逮捕されたのか、その謎を解くため、幼なじみの大学生モリオを連れて東京へ向かう。そして、その過程でいつも見る自分の夢の中に、まだ知らない両親の秘密があることを知る。(引用) 

 夢の中と現実を混ぜて進んでいくストーリーは予告編でも確認しましたが、そういったストーリーをどのように完結するのか気になりましたね。では早速レビューを書いていきたいと思います。

ひるね姫~知らないワタシの物語~感想とレビュー

f:id:masanori1989:20170324015642p:plain

夢の中と現実世界のストーリーが進んでゆく予告編を観た後、本編をみて思ったことは想像していたよりも現実世界に近いストーリー構成だと思いました。これを書くとネタバレになってしまうので書けませんが全体を通して「魔法」という言葉が多く登場しますが、それでも非現実的という事ではなく、最後を見終わる頃には「なるほど、そういう事か」と納得出来る作品ではないでしょうか。

 

監督は違いますが細田守の「サマーウォーズ」の雰囲気に似ている映画だと思います。全体を通して観てみるとストーリーは違いますが映像の観せ方、キャラクターの個性など似ている部分がいくつかあります。私はサマーウォーズが好きなので今回のひるね姫も嫌いではないですね。

 

神山健治監督の作品としてロボットは攻殻機動隊の雰囲気があり、世界観は東のエデンの雰囲気があるので神山健治監督らしい作品だと思いますね。キャラクターも好きな絵だったのでその点は期待通りだったと思います。

 

まとめ

f:id:masanori1989:20170324014259j:plain

映画はキャラクターやストーリーの解説がある為、上映後に読むことをオススメします。映画のあらすじを解りやすく説明してあるので「あの場面はどういう事だったの?」と思った方はパンフレットを購入する事をオススメします。

映画全体の感想として心温まるストーリーだったのではないでしょうか。ラストに近づくにつれて夢と現実が混ざり合っていく世界観が非常に良かったですね。最後の終わり方も個人的には良いと思ったので大満足でした。ただレイトショーで観に行ったのですが私を含め4人だけだったのはビックリしました。良い作品だと思っただけに、これは観て欲しいですね。ひるね姫の感想はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました。

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジョン・スチュワート,ZERRY,下村陽子
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る