織田裕二・吉田羊主演映画「ボクの妻と結婚してください。」を観てきました-感想・レビュー・ネタバレ有。とても泣ける映画でした-

舞台、ドラマ化、そして今年は映画化!

 

f:id:masanori1989:20161105114058j:plain

2014年に舞台化され2015年にはドラマ化、そして今年2016年には織田裕二、吉田羊によって映画化されました。織田裕二は踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望から実に4年ぶりとなる映画出演となります。吉田羊さんは今年にはいって4本目。私が以前観た「SCOOP!」にも出演していました。

www.yuruiblog.com

 「ボクの妻と結婚してください。」はドラマで観たことがある人も多いと思いますが、ネタバレを少し書きますとドラマ版と映画版はラストが違います。なのでドラマを観ていた人でも面白く見る事が出来る事だと思います。さてキャストは織田裕二、吉田羊、原田泰造、込江海翔、森カンナ、佐藤ありさ、前川泰之、大塚千弘、小堺一機、大杉漣、高島礼子。そして内容なのですが。

バラエティ番組の放送作家の三村修治は、「楽しい」ことを追及して仕事一筋でやってきたが、余命が6か月と宣告されてしまう。遺される家族を支えてくれる人を探すことを最後の企画として立案し、妻に替わって再婚相手を探すこととなる。信頼できる仲間の手を借りながら、妻の再婚相手を探すため、三村は奔走する。Wiki参照 

 さて、早速感想を書いていきたいと思います。

 

笑った後に大号泣した

映画の感想なのですが「余命宣告」という重い話ながらもユーモアを混ぜる作品というのは難しいと思います。しかし「ボクの妻と結婚してください」の映画はユーモア溢れる所も凄いと感心しました。私個人的には織田裕二演じる修治が演技で不倫をするシーンがあるのですが、そのシーンが胸にグサりときました。「なんで?」という事ではなく修治が「不器用」なのだと私は感じたからです。これだけ「人を思う」事に関して深く考えさせられる作品というのは無いのではないでしょうか。

「恋」と一言にしても余命宣告を受けたからといって「妻の再婚相手を探したい」と思い行動するというのは非現実的かも知れませんが、映画が進むにつれて「再婚相手を探す事がどういった事なのか」が解ってくると自然と涙を流してしまいますね。

ドラマ版は観ていたので正直、織田裕二が主演になると聞いた時は最初「え?」と思いましたが織田裕二の違う一面が見れたと思います。あれだけ喜怒哀楽の激しい主人公を演じた織田裕二はやはり凄いですね。映画観終わった後は「主人公は織田裕二しかいなかった」と思えたりもします。

f:id:masanori1989:20161105165721j:plain

パンフレットには各出演者の作品に関する思い。監督インタビュー、原作者インタビュー、美術インタビュー、脚本家インタビューなど作品を更に面白いと感じる話が盛りだくさんでした。まだ観に行ってない人は是非行ってみてくださいね!