読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第155回芥川賞受賞作品「コンビニ人間」を買ってきたのでレビューしたいと思います-とても身近なよう話でリアル-

読書-レビュー

第155回芥川賞受賞作品として「コンビニ人間」が選ばれました。


第155回 芥川・直木賞 受賞者による記者会見

 

まず気になるのはそのストーリーです。

 

36歳未婚女性が大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食で夢の中でもレジを打ち

清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の芯入りの男性がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突き付けられるが・・・・。

 

これが帯に書いてあるストーリーです。

芥川賞というよりも純粋に「面白そうだな」と思ったので買ってみて一気に読んだのですが感想は・・・素直に面白い。

近年の純文学の中ではかなりしっかりとした内容ではないでしょうか。私個人的な意見ですが「火花」より「コンビニ人間」の方が非常に読みやすかったです。

今、どこに行ってもコンビニがある時代ですが、そんなコンビニが舞台になっている事で読みやすい。コンビニ店員になった事がある人なら尚更面白いかも知れません。レジ対応、品出し。そういった事が細かく書かれているので「あ~解る」と私も思いながら読みました。そしてこの本では「普通」「違い」など現代社会の悩みが描かれているので、そちらも興味深かったです。

読んでいて「この登場人物は普通だ」「いや普通じゃない」と感じるのは、それも個人の「普通」だからでしょう。

 

芥川賞を取ったという事で、こちらの本を買ってみましたが私は買って良かったです。

というよりも村田紗耶香さんの考え方が凄いなと思いました。誰もが利用したり、もしくはバイトした事があっても小説のような目線で見れるというのは驚きました。

実際に働いたことがある人でも「この発想は無かった」と思うのではないでしょうか?私はその点が面白かったです。小説に触れなかった人も、この小説はオススメだと思います。

コンビニ人間

コンビニ人間