パソコンに詳しい人でも「グラフィックカード」について詳しくない人が多すぎる!?今回はグラフィックカードについて解説したいと思います。

f:id:masanori1989:20160804121414j:plain

グラフィックボードとは?

家電量販店などに行くと「CPU HDD SSD Memory」色々なパソコン用語はありますが、これらは大体の感覚で理解出来る事だと思います。その中でもグラフィックカードも大体の人は理解していますが詳しい事は知らない人が多いです。でも、その大体で良いんですけどね(これ言うと以下の解説がいらなくなるような・・・)。

グラフィックカードとは「ディスプレイに画像や動画を綺麗に映し出す為の必要不可欠なもの」と思えば良いです。家電量販店に行きパソコンが欲しい時、動画や写真を綺麗に表示して欲しいという場合はグラフィックカードを優先して買うと良いでしょう。

しかし家電量販店やパソコンショップに行くと疑問に思ったことはありませんか?

 

安いパソコンはグラフィックカード積んでないのになぜ映るのか?

 

これは最近のパソコンに搭載されているCPUとマザーカードに画像表示機能が搭載されているからです。まずはCPU。人間でいうと脳みそになりますね。マザーボードは基礎となる板なのですが、こちらの方に画像表示機能が搭載されているメーカーが多いです。家電量販店で「このマザーボードなに?」という人は私は聞いたことないのですがパソコンショップなどに行くとマザーボードの種類と特性を店員さんが詳しく説明してくれる事だと思うので、気になった方は是非聞いた方が良いです。

 

グラフィックカードで何したいのか?

さて話を戻してCPUやマザーボードに画像表示機能が搭載されているのならグラフィックカードはいらないのか?と言われると、パソコンをただ事務処理をしたり動画を見る程度なら必要無いです。しかし以下の事を楽しみたいなら必要不可欠となります。

  • 高画質な映像を見たい(BDやYouTubeの4K映像など)
  • オンラインゲームなどのゲームで遊びたい!
  • CGなどの3DCGを製作したい!
  • 動画や画像加工なども楽しみたい!

この4つを楽しみたいならグラフィックカードにお金を使えば使うほど綺麗な映像で楽しめるという事です。

最近発売されたGeforce1080は高スペックと言われるグラフィックカードです。

GIGABYTE ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 1080搭載  GV-N1080D5X-8GD-B

GIGABYTE ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 1080搭載 GV-N1080D5X-8GD-B

 

このスペックを必要とするのであれば例えば「オンラインゲーム」をスムーズに遊びたいという人。なぜゲーミングPCが高いのかはこのグラフィックカードが「良いのを積んでいるか積んでないか」の違いです。上記のGV-N1080D5Xで126000円します。決して安い買い物ではないですよね。ただ考え方なのですが以下のグラフィックカードも紹介します。

 GV-N1080が発売されたので少しだけ値下がりしたGTX980Ti-DC3OC-6GD5。こちらもかなりの高スペックなのですがお値段は72270円。10万は超えない値段ですね。どちらも今の段階ではゲームで遊ぶには十分な性能なのですが3年後を考えた時に私なら上記のGV-N1080を選択します。私の考え方は「3年後もどちらがスムーズで遊べるか、もしくは作業出来るか」と考えるので一般的な遊び方ならGTX980Tiでも大丈夫ですが「ゲームもして、動画編集もして3DCGも作る」という人であればGVN-1080がオススメだと思います。

 

パソコンを買うならグラフィックカード搭載を買うべし

ゲームをしないし3DCGも使用しない。だからグラフィックカードはいらないんじゃない?という人がいると思いますが私は「グラフィックカード搭載PCを必ず買った方が良い」とオススメします。例えばワード、エクセルで作業をしている人。一つの画面で何回も切り替えて作業するの面倒と思ったことはありませんか?

その時にデュアルモニターで作業すると非常に楽になります。デュアルモニター環境を作る際にはグラフィックカードが必要となるので後で「デュアルモニターにしたいけどこのパソコンでは無理だ」と思わないように初期段階で投資して置くと思った時に行動出来るのでオススメです。また最近ではYouTubeなどでも「4K映像」の動画が沢山あります。それはスマートフォンで4K映像が簡単に撮れるようになったからだと思いますが誰かが撮影した映像を4K映像で見ると結構感動します。ただ綺麗な映像で見たいのであればグラフィックカードの他にHDMI端子搭載の液晶画面も必要となってきます。

 

また最近のAdobe製品でもグラフィックカードを搭載していると処理性能が上がったりとグラフィックカードを使うソフトフェアも増えてきているので専用ソフトを使っている人はグラフィックカードにはお金を惜しまず良いものを買いましょう。