読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huluで7月1日からゴジラが毎日更新!原作を見たことがない人は是非見てみよう!-私は大のゴジラファンです-

さて7月1日からhuluでゴジラシリーズが更新されるようになりました。

しかも7月1日から毎日1作品ずつ更新されるという事で本当に楽しみですね。

www.hulu.jp

 

私は大のゴジラファンなのですが第一作品目となる「ゴジラ」は「核の落とし後」「人間が生み出した恐怖の象徴」という煽り文句があり当時1946年~1958年にかけてビキニ環礁で米国が23回核実験を行ったことが問題となっていました。この第一作品目となるゴジラはそのビキニ環礁での核実験に着目して製作されています。

そしてこの作品で注目する場面は着ぐるみと当時の映画のセットでしょうか。当時の映画というのはこういった怪獣映画を撮る場合ストップモーションアニメと言われる技法が主流だったのですが、ゴジラは演技者が着ぐるみに入って演じる手法が主体です。

この手法は以後日本の特撮映画や特撮番組で主流となっていくのですが、CGが主流になるまではこの技法が一番だったそうです。

そして映画のセット。作品中でゴジラが破壊しているのは当時の東京の市街地なのですがすべて1/25のサイズで製作されています。ただ銀座のミニチュアだけは図面を提供して貰う事ができず実際にロケハンを組んで寸法を割り出し製作した話は有名です。

 

として当時のゴジラというのは超大作扱いでした。当時の映画というのは1本2000万円もあれば製作出来たのですがゴジラの予算は7000万円。1945年は戦後ながらも1946年と1945年では全然違います。1945年の100円は18万円相当しますが、1946になると100円は4000円程度にしかなりません。そのことからゴジラ作品がどれだけ期待されていたのかよく解りますね。

 

ゴジラシリーズが更新されるのですが私が見て欲しいポイントはゴジラの変化。そして人類の変化でしょうか。まずゴジラの変化は昭和と平成では全く違います。それも見て欲しいのですが昭和ゴジラでも少し変化している部分があるので、そこを見つけるとまた違った面白さがあると思います。

そして人類の変化と書きましたが、まずは文明の発達。出てくる兵器はもちろん昭和ゴジラでは50メートルという設定だったのを50メートル以上のビルは沢山あるという事から80メートルに設定し最後は100メートルになりました。

そういったポイントを踏まえた上で今後配信されるゴジラシリーズを見るとより一層面白いですよ!!

今回はゴジラについて熱く語ってみました(笑)