読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで賢く、そして上手にコミュニケーションをする方法-ネットをしている人でコミュニケーションが嫌いな人はいない?-

ブログ ~方法

f:id:masanori1989:20160609163439p:plain

私はネットとリアルとのコミュニケーションは表面上は同じように見えても、内側は全く別物だと思っています。実際に人と会って話すのは好きでも、SNSやネットの世界になると苦手な人になってしまうのは、ネットとリアルのコミュニケーション方法が違うからだと言えます。一回苦手だと思ってしまうと、苦手を克服する前にSNSに飽きたりしている人が多いのはそのせいではないでしょうか。

そんなネットでのコミュニケーションを今回はテーマにしてみようと思います。

 

内向型の人ほどネットコミュニケーションを活用したほうが良い

大勢の前で話すのは苦手だ・・・と思っている人は内向型です。内向型の人というのはコミュニケーションが苦手と言われる人なのですが、内向型の人ほどネットコミュニケーションを活用した方が良いと断言出来るのは「プレッシャーが一切無い」から。

内向型の人は見知らぬ人に話す事や、大勢の前で話す事が苦手な理由としてプレッシャーに弱いという点があります。ネットコミュニケーションはプレッシャーから開放されるので自分の情報をハッキリと外部に伝える事が出来ます。また否定などの言動にその場で対応しなくても良いという安心感を持っている人が多いのも理由でしょうか。

 

またグループを作るにしても自分と趣味が合う人だけを集める事が出来るのもメリットです。「僕はカメラが好きです。誰かカメラ好きな人はいませんか?」と聞いても良いですし、自分からカメラのグループに入ってコミュニケーションを取っても良いです。そういったグループを見つける事で親しい人とだけのコミュニケーションを作る事が出来るのも内向型の人にはオススメです。

 

ネットによって友人を探す方法が変わった

ネットには情報が溢れていて、誰もが個性を持っています。私のFacebookの使い方は親しい人しか繋がりたくないので、友人もなるべく抑えているのですが、そんな親しい人でもFacebookで繋がらなければ知らなかった情報が沢山あります。ネットで変わったことは「親しい相手、親しくなろうと思っている人について深く知る事が出来る」ようになった事は大きいです。投稿を見てより一層、深く交流を深めるようになったのは大きいのではないでしょうか。

 

一回投稿したものは二度と消えないと思った方が良い

Twitterで稀に逮捕者などが出ていますよね。Twitterで人気者になれるかも知れない。Twitterだけではなく、ブログでも炎上するような記事を書いて利益になれば良い。などその場の事を考えて投稿する人がいますが、その投稿は本当に大丈夫でしょうか。もし数年後、数十年後に見た時に「こんな事もしてたなぁ(笑)」と思えるような投稿なのだろうか。スマートフォンが登場しだれでもネットにアクセス出来るようになってからはそういった危機感が薄れてきているように感じます。

最後にもう一度いいます。「1回投稿したものは二度と消えないと思ったほうがいい」これは絶対に覚えた方がいいです。

 

ネットのプロフィールは正直に。嘘は絶対にダメ

上手にコミュニケーションしたいのであれば嘘は絶対にダメ。出合い系サイトや婚活サイトで嘘が多いのは男性は「身長や年収」女性は「体重と年齢」が多いようです。少しくらいサバを読んでもいいだろう・・・そんな気持ちがいい人が現れた時に致命的な傷になってしまいます。それが嫌ならばプロフィールは正直に書くこと。男で年収200万という人がいるなら素直に200万と書いて良い人を見つけた方が良いじゃないですか。200万の人が倍の400万と書いても生活ですぐバレます。

 

ネットでも存在する’第一印象’

はてなブログで言えばブログの内容が第一印象と言えますね。自分の興味ない事を永遠と書いているブログを毎日見たいか?と聞かれると答えはNoです。

その人を知るためにはブログの内容がすべてなので、その情報を信じるしかないです。ただ嘘が少しでもあるとリアルより信用は一気に崩れてしまいます。

その内容が本当か?嘘か?は自分がブログを読んだり、交流して判断すれば良いのですが、判断基準としてどちらも真実はありません。というのもネットというのは、内容に関して言えば解らないから。第一印象が良くても、後が解らないというのはネットもリアルも同じと言えます。

 

ネットだからこそ人は自分の情報を公開してしまう

ネットのメリットとして「匿名性」がありますが、時に匿名性が以外な事があります。それは「ネットは実際に会う人より早い段階で情報を公開してしまう」という事です。これは以外!と思うかも知れませんが、ネットという匿名性で話をしていると実際に古い友人にも話したことがない自分の過去を話してしまっている場合が多いです。これは顔を見ないで話せるという点が大きいらしいですが、女性の方は気をつけてくださいね。スカイプやLINEで話していて、いつのまにか相手がストーカー化していたなんてケースも多いですからね。これは頭の端に置いた方が良いですね。

 

まとめ

ネットでコミュニケーションを上手に、賢くする為にはどうすれば良いのか?というのは誰もが一回は考えたことがある事だと思います。最初にも書きましたがネットとリアルのコミュニケーションは違います。それを考えながらコミュニケーションをすると今より楽に仲良くなりたい人とコミュニケーション出来ると思いますよ。

今回は「ネットで賢く、上手にコミュニケーションする方法」について書きました。