読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心温まるという訳ではないが「当たり前」のマナーを守っていきたい-日本らしさを大事に-

ブログ-お題

特別お題「心温まるマナーの話」 by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest

 

電車通学を高校、大学を含めて7年間通学していました。大学に至っては片道3時間かけて電車で通っていたのですが電車通学でやはり気になるのは「マナー」の話。

  • 妊婦さんやお年寄りには席を譲る
  • イヤホンから音漏れをさせない
  • 床に座らない
  • 大声で話さない
  • 席に荷物を置いたり、足を広げて座ったりしない

こういった必要最低限のマナーというのは守るべきものであると感じたのはきっと7年間通学して解ったことだと思います。

大学の時に留学生がこんな事を言っていました。

「日本の電車は時刻通りに来て凄い。海外だと平気で10~20分遅れたりするのが当たり前。マナーに関しても海外の方が酷いが日本でマナーの悪い人を見ると残念に思う」

 

これを言っていた留学生の言葉はなぜか今でも忘れません。きっと彼は純粋に日本という国が好きだったんだと思います。日本という国が好きだからこそマナーが悪い人を見て残念に思ったのでしょうね。

 

大学時代に観光に来ていた外人さんとよく電車で話す機会があり片言の英語で話をしましたが外国の人が日本の事を「美しい国だ」と思えるのは日本の自然が綺麗というのではなく1人1人のマナーがしっかりしているからだと私は思います。

そういった’当たり前’の事を大事にしていきたいですね。