近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

犬と飼い主の8つの物語を読んで泣いた-犬を飼った事がある人なら必ず泣ける-

心があったかくなる犬と飼い主の8つの物語

心があったかくなる 犬と飼い主の8つの物語

心があったかくなる 犬と飼い主の8つの物語

 

 書店に行きいつものように本を探していると「心があったかくなる犬と飼い主の8つの物語」という本を見つけ購入しました。

購入理由は本当に単純。「犬が好きだから」という理由なのですが、本当に涙腺崩壊しましたね。読んでいて涙が出ました。

犬と人間のストーリーというのは飼っている人だけストーリーがあるのですが、人のストーリーを聞くと本当にダメですね。泣いてしまいます。書店に行って良かった。

 

私も一昨年まで犬を飼ってました

私も一昨年まで犬を飼っていたのですが亡くなってしまいました。20年過ごした家族のような犬だったのですが、病気になってしまい「安楽死」を選択しました。

小学校~現在まで私はずっと実家で寮も入ったことがないので20年間ずっと一緒だっただけに「最後までキチンとしてあげよう」と頑張っていたのですが、日に日に体力が落ちていくのと、苦しそうな姿を見ているこちらも辛くなってしまい安楽死の前日に病院の先生と相談しました。病院の先生と相談したあの夜だけは今でも忘れられません。

 

ペットショップに行き「犬可愛いなぁ」と思う事はあるのですが、まだ飼おうという気持ちになれないのはきっと「あの日の別れを経験するなら・・・・」と考えてしまいます。これは犬だけではなく動物を飼っているすべての人に言える事でしょうが、私はまだまだ飼えそうにありません。

 

そういった自分の経験と合わせて読んでしまいました。

「犬と飼い主」。犬が先に死んじゃうかもしれないし、飼い主が先かも知れない。どっちにしても寂しいですね。そんな事を今回買った本で思いました。

 

犬だけではなく、ペットを飼っている人に是非読んで欲しい本だと思いました。

私は泣いてしまいましたが、きっと同じように泣いてしまう人も多い1冊だと思います。