近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

無料ソフトで良いものが沢山ある中、私がAdobe Creative Cloudをオススメする理由

f:id:masanori1989:20160411175919p:plain

お金をかけるべき製品にはお金をかけるべき

画像編集ソフトではGimp。動画編集ソフトではAviUtlと探せば沢山あります。

 

GIMP - GNU Image Manipulation Program

(GIMP ダウンロード先)

AviUtlのお部屋

(AviUtl ダウンロード先)

 

無料ソフトでも高品質なものは作れますが、やはり限界があります。

「有料でも良いものが作れるかは腕次第」なのですが、プロと言われている人たちがなぜお金を出してソフトを買っているのかは使ってみるとよく解ります。今回はAdobe製品をオススメ出来る理由を書いていきたいと思います。

 

月々5000円。安いと思うか、高いと思うか。

毎月約5000円ですべてのAdobe製品を使えるのですが、昔はMasterCollectionを買おうとすると中古車が買えるんじゃね?という値段でしたが、今は月々5000円ですよ。

感覚の問題なのですが例えば無料のソフトウェアで2時間5000円の仕事をしたとして、Adobe製品なら1時間5000円の仕事になるという理由なら私はAdobe製品の契約をオススメします。というよりも私が契約している理由はそこです。無料のソフトでも同じ作品が出来ない事はないのですが、2時間かかって5000円なら有料ソフトを契約して時間短縮を考えます。時間かかってでも良い!という人は良いのですが、私はどうしても時給換算してしまいますね。

 

常に最新版が即時使える。

例えばPhotoshopなのですがCS6の時に手間がかかっていた作業が今では数回クリックするだけで作業を終えたりする機能が追加されたりと、嬉しいアップデートが多いです。バグがあった時はデメリットになってしまうのですが、対応も早いので私はあまりデメリットと感じたことはないです。

 

職場でも自宅でも、海外からでもアクセス出来る

Adobe Creative Cloudは2台までソフトをインストールする事が出来ます。例えば私はデスクトップで作業しているのですが、ノートパソコンにインストールするればクラウド上に保存しているファイルを場所を選ばずに編集出来、閲覧する事が出来ます。

また取引先のAdobe製品のバージョンが古い場合でも、使い分ける事が可能なので、これも嬉しい機能です。

 

WindowsからMacへと作業環境を変えても楽

従来ならばWindows版のPhotoshop。Mac版のPhotoshopと別れていたのですが、Creative Cloudからは考えずに一個のライセンスでソフトを移動出来るので、これも嬉しいです。従来はWindows版に10万。Mac版に10万とお金が面白い程に飛んでいっていましたからね・・・。それを思えば月5000円は安い

 

初心者でも操作方法を探せば沢山ある

私はこれは大きなメリットだと思っているのですが例えば動画編集ソフトのPremiere ProとAfter effect。この2種類を覚えたくて本を買おうとしたのですがネットで探すと色々出てくるものです。これはAdobe製品を使っている人が多いから出来る事ですよね。PhotoshopでもIllustratorでも解らない事があればネットで検索をかけると本当に出てきます。もちろん専門書も持って調べますが、解らない部分もあるので優しく説明してくれるサイトはブックマークします。

 

まとめ

Adobe製品を本格的に使い始めてまだ4年目ですが、まだまだ初心者です。脱初心者とまではいきませんが、操作しているうちに慣れてきた!と感じる瞬間が楽しいですよ。

f:id:masanori1989:20160415022714p:plain

私のデスクトップはこのように並べていますがアイコンもシンプルで解りやすいです。

痒い場所に手が届くようなアップデートも今後期待しています!