プレゼンが苦手な人は是非TEDを見て練習して欲しい!自然なプレゼンテーション能力を身につける事が出来る最高のツールの1つ

プレゼンだけではなく、コミュニケーション能力を上げたい人でも。

春から新社会人となる人、もしくは重要な発表を控えている人。様々な人がいると思います。そもそもプレゼン能力を鍛えるには自分自身が何回もプレゼンをして回数を重ねていくのが一番上手くなる近道なのですが、人のプレゼンを見るのも近道です。

www.ted.com

 

私がオススメするTEDの動画

人のプレゼンを見るにしても同ジャンルだけではなく様々なジャンルのプレゼンを見ると以外な発見があります。私が一番最初に見たTEDはサイモン・シネックの「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」

www.ted.com

もう何回も・・何回も見ました。シンプルながらも17分57秒という時間は短く感じますね。この動画でもっとも共感出来る「人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされるのです」という言葉。これは周りを見ていると非常に解ります。

きっと私自身がこのTEDを何回も見ているのは「なぜ」の答えを探しているのかも知れません。きっと答えは見つからないでしょうね。見つかればヒット商品を連続で出せますよ。でも、それに近い答えが見つかれば面白くないですか?それは非常に考えさせられます。

www.ted.com

またアポロ・ロビンスの「注意をそらすテクニック」。まず1回見てください。1回みた人は必ずもう一度見ることになると思います。人間の反応はとてもおもしろいです。

www.ted.com

ケン・ロビンソンの「学校教育は創造性を殺してしまっている」は非常に考えさせられます。これは学生ではなく大人が見るべきです。こちらのTEDは今年で10年前なのですが、むしろ今の時代だからこそ見なくてはいけないTEDだと思っています。ジョークを交えながらの話が進んでいくのですが、それでもズッシリと重く深い話です。

www.ted.com

また東日本大震災の津波によって写真が海水や瓦礫などで傷ついたりしたものを修復するボランティアをしているベッキー・マンソンさん。こちらは日本人なら見てほしい。もっと言うならば見なくていけない内容かも知れない。今でもこういってボランティアの方がいてくださるというのは有り難い事です。

 

まとめ

TEDというのは海外の人のプレゼンテーションを見れる最高の動画サイトです。TEDの最大のメリットは様々な職業のプレゼンテーションを聞ける事。日本でもセミナーなどに参加して聞けますが、自宅にいながら聞けるというのは自分の時間で、自分のリズムで聞けるというのは他のサービスではあまり無いです。

 

【追記:2017:04/12】

1年ぶりに自分のブログをリライト中なのですがTEDの良さはもう一つある事に気づきました。それはリスリニング能力の強化です。短いものであれば5分。長いものであれば30分ほどのプレゼンテーションを見る事になるのですが最初は日本語字幕有りで見ても良いですが、その後は字幕なしで見てください。その繰り返しを行う事によって自分では驚くほど英語に慣れているはずです。英語に慣れる方法としてもTEDは優秀なツールの1つだと言えます。

 

今回は「TED」について書かせていただきました。プレゼンテーションは難しいですが、練習すればコツが解ってきて簡単になってきます。深く考えないで自分らしさを出して頑張ってくださいね!

社内プレゼンの資料作成術

社内プレゼンの資料作成術