4月から始まる電力自由化!ここだけは知っておきたいポイントを比較してみた。-様々な企業のサービスから契約特典まで-

f:id:masanori1989:20160318221904p:plain

電力自由化、でもどこを選べば良いの?

2016年4月から電力自由化になりますが、みなさんはどこの電力にするか選びましたか?それとも選んでいる最中ですか?

「電力自由化」と言われどこの会社から電気を買えばお得なのか?気になると思います。電力自由化になり、契約はいたって簡単です。

  • 電力販売会社を選ぶ
  • 契約する
  • 電力メーターを交換(地域電力会社が負担)
  • スマートメーター設置日時の連絡
  • 契約した電力会社から電力供給スタート

上記が一連の流れなのですが、これは電話やインターネットから契約出来ます。

 

さて販売会社を選ぶポイントなのですが一番のポイントは「特典」でしょうか。約200社が登録していてまだ100社以上が審査中という事なので単純計算で300社は選べる事になりますよね。

 

また「実績」「地域限定」「安さ」「供給安定」「電源構成」など色々あります。そこはお好みで選ぶことになりますね。

大手電力会社も4月1日から契約内容が変わる!東日本編

「電力会社を変えるのが面倒だ」と思っている人もいるかもしれません。従来の電力会社のままでも良いですが、プランが少しだけ変わります。東京電力の例なのですが。

  • スタンダードプランS.M.L
  • プレミアムプラン
  • スマートライトプラン
  • 夜トクプラン8・12

とプラン名が変更になります。この東京電力で一番目玉なのは「プレミアムプラン」。一定使用料までは定額となり他のプランより割高になってしまいますが、一定額を超えるとどのプランより割安になります。また3月31日までに申しこめば12000円分のポイントを受け取る事が出来ます。

 

北海道電力のプランは従来もありましたがオール電化向けプラン「ドリーム8エコ」がおすすめです。まだ新料金プランの概要が出ていませんが北海道電力もお得になると思います。(北海道電力が本格的にプランを開始するのはまだまだ先)

 

東北電力「よりそう+シーズン&タイム」という夏季などの電力を使う季節に電力を使用を控えれば控える程安くなるというプランです。これは昼間でもエアコンは使わない!という節約上手の主婦には嬉しいプランだと思います。

 

北陸電力は2016年8月から開始予定の「くつろぎナイト12」が夜間や土日祝日の使用料が多い場合節約すれば安くなるというプランです。北陸電力は全国でも一番電気料金が安いためお得なプランはありませんが、値引きを使ったプランを多く出してくるのが予想されます。

 

中部電力「カテエナ会員」になる事で値引きが受けれますが2年契約前提なので、2年間は絶対に使わなければなりません。中部電力は電気料金を安くするというよりもポイントサービスを上手に使って安くするみたいですね。

 

大手電力会社も4月1日から契約内容が変わる!西日本編

関西電力は実は西日本で一番高い電気料金となっています。その原因はやはり原子力発電所の停止。しかし高浜原発の再稼働次第では4月以後は値下げになるかも?しれませんね。新プランとして「eスマート10」の一個だけ。季節や時間帯によって電気料金が変わるプランになっています。

 

九州電力「スマートファミリープラン」は使用料の多い世帯向けで家族が多ければこちらのプランにしたほうが断然お得に。しかし少なければ従来と同じ、もしくは割高になってしまうので注意が必要。また北陸電力の次に安いので値引率も他に比べれば少ないかもしれません。

 

中国電力は大きく目立つプランはないのですが「地元企業との連携」は全国No1と言っても良いでしょう。「広島東洋カープ」とのコラボで勝敗や成績に応じてポイントがもらえたりと、地域を盛り上げる工夫が多くありました。

 

四国電力はオール電化向けのプランが目立ちますが、四国エリアは競争企業が少ないので大きな変化はありませんが、その分新しいサービスを開始し他とは違う特典を付けてくる可能性が考えられます。

 

沖縄電力は北海道電力と同じく詳しいプランが発表になっていません。電力自由化になっても本格的に始まるのはまだ先になりそうです。

 

 あの企業の何がお得なの?(割引内容)

では今回の電力自由化により新規参入した企業の何が良いのか?例えば大阪ガスの電気。こちらは大阪ガスと電気を2年契約で利用するのですが、ポイントはガスと一緒に契約すると電気料金が1%。2年契約で2%お得になります。この大阪ガスは家庭向きで月の使用料が300kWh以下の家庭は関西電力のほうがお得なのですがそれを超えると大阪ガスがお得になります。キャッシュバックとして5000円のカタログギフトも魅力的ですね。

 

ソフトバンクはTポイント、もしくはデーター量3GBを還元。プラミアムプラン2年契約で1万円キャッシュバック。こちらは東京電力供給内限定なのですがソフトバンク愛用者でもあまり魅力的には感じませんね。

 

Tポイントを上手く貯めたい人は東京ガスがおすすめ。1000円利用するごとにパッチョポイント15ポイント貯めれる。パッチョポイントはTポイントに交換可能で東京ガスと契約すると1000パッチョポイントを取得出来ます(2016年3月31日まで)

 東京電力もTポイントがたまり1000円で5ポイントなのですが2年契約を契約した際12000ポイント受けれるので特典が非常に大きいです。(2016年3月31日まで)

 

東急パワーサプライは地域限定なのですが東急を利用している人であれば、この電気会社一択です。なぜなら電気料金も安ければ午前7時前に改札通るとポイント2倍PASMOのオートチャージでポイント2倍などポイントがどんどん貯まる仕組みになっています。

 

昭和シェルという関東、中部、近畿限定なのですがこちらは車乗っている人はお得です。なんと契約すると月100Lという制限がつきますが10円/L安くなります。これは大きいですね。今、ガソリン代が安くなっているので、更に10円は非常に大きい。

こちらも嬉しいサービスです。

 

H・I・Sはみなさん名前を覚えておいてください。旅行会社なのですがきっと他との電力会社を比べる際に料金を一番重視される事だと思います。あまり電気を使わない家庭であればH・I・Sが断然お得になる場合が多いです。特に北海道・東北・北陸はおすすめと断言出来ます。特典は電気と旅行申し込みで1000~2000円の割引。旅行の割引プランもあるそうなので旅行行く人はH・I・S一択かも知れません。

 

こんな電力会社はダメ!?ダメな電力会社を見極めるには?

まずはなんといってもしっかりしている会社かどうか。新規参入してる企業ですべてが安心かと言われるとそうではないです。この記事を作成して様々な新規参入する企業のHPを見ましたが怪しさMAXのところもありました。

お客さんが覚えておくのは4つのポイントがあります。

  • 料金やプランの説明をしっかりしてくれたか
  • 書面を受け取ったか
  • 苦行や問い合わせにしっかり対応してくれたか
  • 事業廃止時には知らせてくれたか

 

この4つは実は新規参入する際に経済産業省が新規参入企業に課している義務なのです。なのでこの4つのうち1つでも抜けている企業ならばやめておいたほうが良いです。

 

家電製品を「節電」に見直しを検討してみるのもあり

4月から電気料金を節約する際に古い家電製品を使っていると節電していても電気料金は上がってしまいます。今の家電製品は節電機能が大幅に改良されているので、電気自由化を機にエアコンといった家電製品の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

初期投資はかかりますが電気料金+エアコンの節電費を考えると数年でエアコン代の元が取れる可能性が大きいかも知れませんよ!

 

急いで選ばずじっくり選ぶ事をおすすめします!

3月31日までという特典が多いですが3月31日までまだ期間がありますからね。焦らずじっくり選ぶのが一番良いと思います。こちらの記事を読んで参考になれば幸いです。

ざっくりですが簡単にまとめさせて頂きました。選ぶのは難しいかも知れませんが自分に合った会社を見つける事が一番大事だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!