自分は自分が今住んでいる育った街が一番好きだと叫びたい!!

f:id:masanori1989:20100303135708j:plain

今週のお題「好きな街」

 

今週のお題「好きな街」ということで「街」という言葉で浮かび上がるのは、都会的だったり、自然がある田舎だったり。いろいろな街がありますが。

 

私は「自分が生まれ育った街」が一番好きです!!!

 

もうこれは声を大にしていえますね。やはり安心するんですよね。都会は都会で良さがあるのですが、私は都会は少し苦手です。東京に行ったとしてもイベントは沢山開催していて羨ましいのですが、人の多さが苦手で・・・(笑)

自分の住んでいる街は田舎なのですが交通便は便利です。京都には30分。大阪は1時間程度で行けるので住みにくいと感じたことはありません。

自然が私は好きなので自然に囲まれているのが慣れてしまって、自然がないところは自分は住めないなっと思いました。

 

さて、本題なのですが自分が育った街が好きだ!と言える理由はいくつかあります。

  • 見慣れた街並み
  • お店を把握している
  • 友人の多さ
  • とにかく自分の街が大好き

最後の「とにかく自分の街が大好き」という一言に限るのですが自分が生まれ育った街というのは良いですね。

 

子供頃なのですがよく山に登って山イチゴを取りに行ったり、山に水晶を取りに行ったり。また川には鮎取りに行ってその場で天ぷらにして食べていました。

今では考えられないですがガスと油を持って川にいってたんですよね(笑)

当時まだ10歳とか小学校高学年ですよ。そんな遊びばかりしてました。

 

そんな遊びができるのは田舎の良いところだと思います。都会だとそういった遊ぶ場所はないですからね。大人になって「子供の頃こんな遊びしたよね!」と話をすると

「うちはそんな遊びができなかった」と羨ましがられます。

(子供なので火を使うのはダメですよ)

 

そんな好きな街なのですが開発が進み自分子供頃の街並みが変わっていくのは寂しいですね。自分の記憶では公園あった場所が駐車場になっていたり、好きなお店が違うお店になっていたり。年月が経っていくと、どんどん変わってきます。

 

思うのは今の街並みを写真で残しておこうかなと思っています。写真で残しておくと数年後、何十年後経ったあとに見ると感動するでしょうね。

自分の生まれた場所だけは変わらないでいてほしいですが、変わってしまうのはやはり寂しいです。