近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

メディアクリエイターか。まぁ、良いんじゃないかな。若い事というのは素晴らしい

何かと話題になっているメディアクリエイタ-。

www.issey-98.com

 

まぁ私の意見も周りの人同様で巻き込まないでくれるなら良いかなっと。この記事のコメント欄は批判的な事も多くあったけど、それも解るという内容が殆どだった。きっと色々な人が「メディアクリエイター」とタイトルに書いて記事にしているのだから拡散という意味では成功といえば成功のような気がする。

自分としてはもう10年以上もブログを書いているので「ブロガー」という言葉に馴染みを感じているのですが「メディアクリエイターの方ですね」と言われると「いえ、違います」と言うだろうね。

きっとこの学生さんのいう「ブログの先にあるもの」とは何かしら見えているのだろう。それは私には解らない。何せブログの先に待っているものというのはブログでしかないと思っているから。私は一般庶民何だなと思うよ。

この学生さん達が数年後成功するかも知れない。そのブログの先にあるものが成功すれば皆も「あの時言ったことはこれか」となるでしょうね。

何回も言いますが何がブログの先にあるか解りませんが。

 

学生さんの文章を見て思った事というのは「若い。そして社会としてではなく人間として経験不足」という事。今時の子という表現をすれば良いのか解りませんが私は「電車に乗ってる疲れた人になりたくない」とは思わない。むしろフリーランスの私からすれば疲れた人がいるからこそ仕事が回ってくるので有りがたい感謝している

 

きっと私が学生の時もこのように思わなかったでしょうね。電車の中で疲れている人がいるから自分達がここまで大きくなったと思いますよ。

ネットでもリアルでも仲良くなれば「おっちゃん」と相手が許してくれれば言うのは有りだと思う。しかし誰とは言ってないが不特定多数に「おっさん」という表現は間違っている。ネットは無礼講だと勘違いしている人が多いは顔が見えないからこそ、そこは慎重になるべき。

今後どのように成功したとしても文章というのは残ってしまう。私がメディアクリエイターという言葉を数年後にみたとすれば「あの時の人か」という印象しか残らないでしょう。私はおっさんという年齢ではありませんが、最低限のマナーは守ろうよっと言いたくなったので記事にしてみました。