近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

パソコン選びは難しい!?パソコン初心者が買う前に見れば解る「パソコンを購入するポイント」を教えます

f:id:masanori1989:20160115183020p:plain

 

家電量販店行く前にちょっと待って!

パソコンを買う前に「ちょっと待って!」と言いたいのは買う前に考える必要がある「何でパソコンを使うのか?」という点。

  • ネットサーフィンがしたい
  • YouTubeなど動画が見たい
  • ゲームがしたい
  • 何でも良いから欲しい

用途は色々でも買う前にこの記事を是非とも読んで欲しいです。これを知っていればパソコンを買う前から「脱パソコン初心者」にかなり近づけます。では、早速書いていきますよ!

 

 

BTOパソコンにするかメーカーパソコンにするか

BTOはBuild To Orderの略で注文して作って貰うパソコンです。パーツは自分で選ぶことが出来るので不安な人用です。そしてメーカーパソコンはビックカメラ、エディオンなど家電量販店で販売しているパソコンで初心者でも安心して購入する事が出来ます。

 

BTOパソコンのメリット

  • パーツや性能を選べる!動作保証、相性保証があるので安心
  • パーツの増設、改造などを全体に作ってくれる場合が多い
  • BTOはパーツを大量に仕入れているので高スペックでも安い
  • 金額を出せば出す程高スペックパソコンが手に入る

 

メーカーパソコンのメリット

  • 実際に触って見て購入する事が出来る
  • 著名人を使って広告をしているので全体的にイメージが良い
  • 在庫処分を狙えば格安で手に入れる事が出来る
  • 安心なメーカー保証

 

こんな感じですがBTOはハイスペックユーザー、クリエイター向けメーカーパソコンは家族向け。と覚え方が正しいと思います。BTOはハイスペックユーザーやクリエイターが多い理由としては増設、改造が出来るからという点でしょうか。メーカーパソコンは壊れた時に安心な家族向けという印象です。どちらにするかは用途に合わせて選んでください。

 

BTOとメーカーパソコンのデメリット

BTOパソコンのデメリット

  • BTOパソコンは致命的なくらいデザインがダサい
  • 「このスペックでこの電源は無いだろう,,,,。」というのがある
  • BTO販売店によるが価格設定が可笑しい店がある
  • 保証が短い場合が多いので壊れた場合困る

 

メーカーパソコンのデメリット

  • 自分で治せない。ネギを1本でも外せば保証対象外になる場合も。
  • 余計なアプリケーションが沢山入ってる
  • すぐに生産終了になってしまう為、パーツが無くなる
  • スペックの割に値段が高い

BTOの最大のデメリットはパーツなどお店を信用するしか無い点。「え?そんな事あるの?」と疑問なのですがハイスペックなのを買ったはずなのに電源が600Wしか無いなんて結構あります。そこは確認した方が良いですね。メーカーパソコンは「自分で治せない」これが一番のデメリット。パソコンの知識を付けてもネジを外せば保証対象外になるメーカーも多いので中々外せないです。ただ保証対象外になっても良いという方は外せばこれはデメリットでは無いのですが保証期間内は修理に出した方が得です。

 

自作パソコンのメリットとデメリット

ここで余談ですが自作パソコンのメリットとデメリットを書いていきたいです。

自作パソコンのメリット

  • 構成やりたい放題。数万~数百万まで自由自在。
  • 自分で修理するので修理手数料はいらない!お財布に優しい
  • パソコンの知識、エラーコードなどが自然と身についていく
  • 自作パソコンを作る手伝い、仕事にもなる

自作パソコンのデメリット

  • パーツの相性など自作する時考えなければならない
  • 保証がパーツだけなので数日で壊れても自分で何とかしなければならない
  • メーカーやBTOは大量に仕入れているので安いが自作は高いパーツがある
  • それ相応の知識と技術が無ければ組み立てられない

こんな所でしょうか。ちなみに私のパソコンは自作パソコンです。5年以上使ってやろう思いながら作ったのでパーツ代で22万円くらいしました。しかしお店で作れば技術手数料だけで数万円取られるのでまだ安いですよ。自作パソコンは楽しい!

 

まとめ

例えばゲームしたい、絵を描きたい、ネット配信したい、画像編集したいなどはBTOがお勧めです。用途にあったパソコンが選べる事が出来るのが嬉しいです。今では「画像編集」というジャンルでも低価格から高価格まであるので「どんな編集がしたいのか」考えながらパソコン選びが出来ます。

そしてパソコンのデザイン、安心性を選ぶならメーカーパソコンがお勧め。デフォルトでOfficeが入っている場合が多いので買ったその日から仕事としても、またネットサーフィンでも使用可能です。解らない事はメーカーに問い合わせをすれば対処してくれるので初心者でも安心ですね。

 

メリット・デメリットを踏まえてパソコンを買いに行けば後は店員さんなりと相談して買うだけです。「ゲームがしたいので高スペックが欲しい」「仕事で持ち運びたいので軽量なのが欲しい」など用途に合わせて購入しましょう!