近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

ブロガーをフリーランスと呼ぶのは正しいのだろうか?私が思うブロガーの考え

f:id:masanori1989:20160113190035j:plain

ブロガーも開業手続きを行えば立派なフリーランス

この話をする前に個人事業主すべてが確定申告しなければならないのかと言われるとそうじゃない。という話をします。確定申告が必要な個人事業主というのは「1年間の事業所得が38万円を超える人」というのがあります。これは所得が38万円の人は38万円-38万円=0ということで所得税を払う必要無いですよ。という理由です。

さて話は戻りますがブログ一本で食べていく!という人がいますが所得が38万円超えていれば確定申告をし立派なフリーランスだと私は思っていますが38万円に抑えてお小遣い稼ぎだけで良いというのであればフリーランスとは言わず副業が正しいでしょう。

素直に月100万以上稼いでいます!というブロガーさんは尊敬しています。それはその人の技術もそうなのですがブログで稼ぐ人というのは記事というよりも人間性に皆さん惹かれてブログを見てくれているものだからだと思うんです。「多く読まれている=人が良い」はハッキリとは言えませんがそれだけ信頼されているという事は凄い事です。

 

しかしブロガーで食べていくのは限界がある

私の見解なのですがブロガーが今後10年後に今のような収入方法を得られるのかと考えるときっと規制がそのうちかかるような気がします。こちらからすれば記事を書いて読者が「面白い!良い商品だ!」と思って商品を買ってくれたり、記事を何回も見てくれたり「Win-Win」なのですがそれをよく思わない人が多いのも事実。AdBlockiPhoneの広告ブロックアプリのインストールが多いのは広告をよく思ってない人が多いという事。これではブロガーの収入がどんどん減っていってしまう。そこで一本に収入を絞らないで様々なアフィリエイトサイトを利用したり自分の技術を売る人もいますが、それが安定か?と言われると限界なような気がします。「一時的な利益を求めるか、長期的な利益を求めるか」どちらを選ぶかですよね。

 

フリーランスとしてブロガーを選ぶのは有りといえば有り

上記二つを書いたのですがフリーランスになりたい!という相談をよくされますが私は止めません。ただフリーランスになって楽しい話よりも辛かった話をします。それ聞き相手がまだなりたい!と思えるなら応援します。「ブロガーは職業ではなく副業だ」と言われていますが収入が多ければ副業ではなく本職でも良いと思います。きっとその人には皆に見えていない未来が見えているのかも知れません。それが当たりなのか外れなのかは株と同じで解れば大きな利益へと繋がります。フリーランスとしてブロガーを選ぶのは私は有りだと思います。ただそれ一本にするのは危険だという事を書きました。私の体感なのですがフリーランスとして開業して5年以内に辞める人というのは7~8割います。「やらない後悔よりやる後悔!」と言いますがお金に絡んでくるので安心を求めるなら「やらない後悔」をお勧めします