近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

フリーランスになると決めたらやるべき事-フリーランスは楽しい事ばかりじゃない-

f:id:masanori1989:20160113185808j:plain

フリーランスになる為の準備

  • 開業届と青色申告承認書の提出

フリーランスになると決めれば節税もかねて青色申告承認書の提出を行いますが、それを行い為に開業届を出します。ただどこのサイトでも「開業届を出せ」「青色申告にしろ」と言われてますがこれは正しいとは言えない。フリーランスになる!と決め何で稼ぐかによります。体を使って経費になるものが少ないようだったらメリットは少ないので白色申告でも大丈夫です。

 

  • 国民健康保険、国民年金の手続き

今まで会社に働いていた人は給料から差し引きだったのですがフリーランスになると自分でしなければなりません。国民健康保険は各市区町村役場で行う事が出来ます。国民年金の手続きに関しては市区町村役場で手続き出来ますが「国民年金基金」への加入がお勧めです。どうしてもフリーランスになった時に不安なのが老後の心配。ただ今のご時世年金貰えるか解りませんが少しでも多く貰う為には厚生年金と同じように基礎年金に上乗せしていくタイプの「国民年金基金」がお勧めです。

 

 

  • クレジットカードの管理

定期的な収入が無いので従来と同じようにクレジットカード・ローンを使っていては間違いなく辛いです。計算して使うか、もしくは現金主義にするか。これは判断が難しい所です。ただ今までクレジットカードを持ってなかったという人は会社員のうちに作る事をお勧めします。開業してすぐクレジットカードを作ろうとしても審査が降りない場合もあるのでここは要注意です。

 

  • 名刺の作成

名刺はその人の顔です。「名前、会社名、役職」名刺を見ればすぐ解ります。後日何かあれば名刺は人脈を広げる一歩です。貰ったからといって印象に残るのではなく貰って印象に残る名刺を作成する事をお勧めします。私はデザイン~印刷まで知人の名刺屋さんにお願いして格安で作って貰ってます。これもお仕事で知り合った方なので大変有り難いです。

 

  • 一番必要なのは勇気と力

フリーランスになって一番必要なのは何に対しても乗り越えられる勇気と力。一が後一歩出ない所を勇気を持って踏み込めるか。そしてそれを解決出来る力を身につけるか。これだと思います。頭で解っていても行動する時に何も出来なければ意味がないですからね。これはすぐに身につくものではありません。少しずつ焦らずに自分の中で育てていくというイメージに近いです。気持ちの部分ではこれが一番重要かも知れません。

 

フリーランスは楽しい事ばかりじゃない

フリーランスは楽しい事ばかりじゃないと言える理由はただ一つ。

 

フリーランスの立場は社会的には弱い

 

これしか無いと私は思っています。当たり前なのですがこちらも生活がかかっているのでお金に関しては会社員以上にシビアに動きます。しかし相手も馬鹿じゃない。それ以上に何かしらの理由を付けて安くしようとします。このやり取りが非常に疲れる。それ相応の技術を持っていれば話が別ですが「それ相応の技術」というのがとても難しい。年々技術が進化しているのでそれを自分が取り込む事が出来るかがフリーランスの難しい所です。以前にも書いたことがあるのですがフリーランスというのは弱い立場です。今でこそ私はありませんが、最初の頃は本当に弱い立場でした。「No」が言えないという立場なのですがこれは決してコミュニケーションという問題ではなく生活する為にはお金が欲しい、そして仕事を紹介してくれた人の顔を潰すわけにはいかない。という葛藤で「Yes」になってしまう。この気持ちを殺せるかがどうかが最初の難関ではないでしょうか。

 

次回もフリーランスについて書いていこうと思います。宜しく!