近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

私は浮気や不倫をするという気持ちが解らない。きっとそれは欲望というよりも癖なんだと思う。

浮気や不倫をする人というのは....。

タイトルを見て「あ、記者会見やった人の事だな」と思うかも知れません。テレビに出ている以上しっかりとモラルがあるか無いかが重要ですよね。芸風がどうあれモラルが無い人というのは消えてしまう。TVの視聴者が許せるか、許せないかが問題じゃないかなと思うんですよ。例えばクローゼット事件を起こした人と今回の卒論発言の方の違いというのはキャラですよね。クローゼット事件を起こした方というのはグループの時から男性問題は書かれていましたが卒論発言の人は純粋なキャラで今までこういった騒ぎが無かったですよね。子役時代から築き上げたものが一夜で崩壊するのは芸能界の怖さですよね。

 

話が逸れました浮気や不倫をする人の気持ちというのは私は解らない。しかしそれは悪い事とは言わないがその人が今後苦労するだろうなとは思っている。「浮気する癖というのは治らない」とはよく言いますが、あれはきっと浮気をするって事は最悪の事態を予想していないから出来るんですよ。どちらかが家庭を持っていた場合、それが崩壊するかも知れない。しかも誰が悪いという訳ではなく自分が壊してしまう。それはとても重い事なんだと思います。私は自分であろうと相手であろうと家庭を壊してまで幸せを得たいかと言われれば思わないかな。

 

 

恋愛を勘違いしているんじゃないかな

「旦那や奥さんと同じように愛している」とドラマでもよくみるフレーズですが、そもそも恋愛って当たり前ですが一人だけに向けられるべきであって複数に向ける事はそれは恋愛ではなく恋なんじゃないかと。自分が寂しいから誰かを求める、話し相手になって貰えるから一緒にいたい。奥さんや旦那さんも好きだけど....。というのは浮気相手がどんな気持ちであれ恋愛とは呼べないような気がする。もうそれはきっと行動の一種で無意識に出る癖のようなものだと私は思っています。

寂しいから誰かと一緒にいる。話し相手が欲しいから誰かを求める。きっと本人も悪いという考えはなく「自分はこれで生きてきたのになぜ?」という感覚なんだろうなって。難しいけどね。

 

バレなきゃ良いけど、バレた時の事を覚悟するのが大人

「バレなきゃ大丈夫でしょ」という考えも悪いとは言わない。それも一つの考え方だから。しかしその考え方を選ぶのであればすべてを失う覚悟で挑むのが大人だと言いたい。テレビで浮気した人が一時的でも消えるのはテレビを見ているのが主婦層が多く、浮気は絶対に許さないというのが世間のモラルなんだよね。私はすべてを失ってまで浮気する程寂しいのか?もしくは今に満足出来ていないのか?と思ってしまう。とても難しいよね。ただ浮気は悪だという世間の声があるというのは確かな事だと私は思った。