近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

1月2日は知人の神社へ挨拶に行ってきた。実に約7年ぶりの再開である。

私の友人に神社の手伝いを毎年やってる人がいるけど、中々時間が合わなく今年ようやく行く事が出来た。その友人と再開するのは約7年ぶりでしょうか。

しかしFacebookという便利なツールのおかげで友人が結婚し子供にも恵まれた事も知っている。そのせいか約7年という時間をそれほど感じられかった。

 

友人がお手伝いをしている神社というのは車で約20分程度の場所で地元でも古い神社に入る。なのでそこの神社に参拝する地元出身の有名人の人も多い。そこの神社に2日初めて行ったのですが歴史有る神社でしたね。良い神社というのはすぐ解ります。地元に愛されている神社ならば常に綺麗にしている事。その神社はとても綺麗でした。

 

参拝を済ませ友人と話をして思ったのは7年という時間は見た目は変わり中身も大人になったなと。昔話をして当時の自分たちを楽しく語り、そして現在の自分たちを語って「お互い大人になったな」と二人で話ました。

 

こんな時思うのはFacebookなどのSNSツールというのは本当に良いツールだと感じた事。会っていなくても繋がっていれば結婚した、子供が生まれたなどが解る。会ってなくても身近に感じるというのは凄い世の中だなと改めて実感した。

こういった友人の繋がりというのは一生の財産だと感じます。私は誰しも知り合って話たばかりの人を友人という人が多いのは疑問です。それは友人ではなく’知人’だから。私が思う友人というのは「出会って良かった」と心から思える人。この一言です。

その気持ちと繋がりは今度も大切にしたいと思えたので行って良かった。

 

さきほどご丁寧にFacebookで「今日はありがとう!」というメッセージを読んで「友人はやはり良い」と思ったので記事にしてみました。今年は良い1年になりそうだ。