近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

年末大掃除で悩む人は是非読んでみて!大掃除で悩まないようにする為にはどうすれば良いのか?

今年も残り1週間を切りました

「あ~大掃除しなくては」という思っているうちに残り1週間になってしまった。。という人の為の記事なのですが、そもそも大掃除で大変な人というのは私を始め物を捨てれない事が一番の問題なのですが、意外といくつかの事を守ると何でも捨てれるようになります。それに気づいたのでいくつか書いていこうと思います。

 

モノを手に持ってときめくか?ときめかないか?

服などを整理する際に「これはあの時に着たものだ」「これは●●の時に着たな~」と考えていては絶対に捨てれないです。収納が大きければ良いのですがそれでも収納というのは限界がありますので必ず捨てなければなりません。その時に「ときめくか?ときめかないか?」が重要だと思いました。服を手に持ち「また着たい」と思えば残しておく。悩むようであれば捨てるというのが一番です。少しでも悩むという事は本当に必要なものじゃないので捨てても大丈夫。服に限らず鞄、小物から「ときめくか?ときめかないか?」で判断するのが一番の近道です。

 

懐かしいと考えるのは後でも大丈夫

「これ懐かしい」と思って掃除の手が止まっていては残り1週間では掃除が出来ません。これも上記で書いたように「ときめくか?」という法則で判断し懐かしいと考えるのは掃除をした後でも良いはずです。掃除をしていると昔懐かしい写真などが出てきたり卒業文集が出てきたりと時間を奪うものが沢山ありますからね。それは掃除が終わった夜の為に楽しみは残しておいてください。

 

掃除用品を買って自分を追い込む

 

masanori1989.hatenablog.com

 大掃除は掃除をしようと行動するまでが大変です。「掃除をしよう」と思ってから買うのではなく先に買って自分を追い込むというのも一つの方法だと思います。買って満足する人もいますが「本当に掃除をする!」という気持ちに切り替えて掃除をする事。そして収容スペースが無ければ100円均一でも良いので収納BOXを買っておく事。そうする事で「ここまで買ったなら掃除をしてみよう」という気持ちになってくるので’モノを買って自分を追い込む’というのがあります。

 

目標を立てる事で大掃除を急がせる

年末大掃除というタイトルなので実質は約5日間です。一人暮らしならばマイペースにやれば終える事が出来ますが家族となるとマイペースでは終わるか解りません。その場合は休日を使って家族で’年末まで’と目標を立て急がせる事。目標を設定するとその日までには終わらせなくてはという気持ちがあるので行動も早く、後はゆっくり出来ます。「目標を立てる」という事は掃除をする際に以外と重要です。

 

掃除を終わらせると後は楽!

いらないモノを捨てると気持ち的に余裕が出来ます。例えば今まで本棚が沢山で悩んでいた本などを買う事が出来ますし、服も洋服ダンスが沢山で買えなかったという事が無くなります。モノを捨てるという事は「古いモノをさよならする事で新しい出会いが生まれる」事なので新しい出会いの為に大掃除でいらなくなったモノは一気に捨ててしまいましょう。私が今回大掃除をしてみて学んだのは沢山ありました。掃除をしてスッキリとして部屋は気持ち良いですね。皆さんもスッキリした部屋で年始を迎えてくださいね!