近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

子供にたばこを吸わせる動画、画像が次ぎから次へと....。悪いやつがSNSを使うとこうなる。

あえて悪いやつとタイトルに書いたけど馬鹿である

 

Twitterで子供にたばこを咥えさせる動画をあげて逮捕された人が先日いましたが、その後もまた探せば出てきたという事で馬鹿の連鎖は止まらない。きっと馬鹿の連鎖はこのように続いていくんだろうなっと思う。

 

f:id:masanori1989:20151119111137j:plain

 

悪いやつ同士SNSでフォローしあって楽しそうにしている中、善人の人が「あ、こいつヤバイな通報してやろう」とこの流れが一般的なような気がしますね。

 

「バカッター」とよく聞くようになったのはスシローで鼻に醤油を刺してみたという写真やコンビニのアイスボックスに入ってみたなどその時期から聞くようになったような気がする。それまではただ単に「あ、こいつ馬鹿というか犯罪者だな」という目線だったのがバカッターという名前が出てから馬鹿発見器なんて言われるようになった。

 

Twitterも長く使って今ではフォロワーも多くいる中、今のところ私のタイムラインではそういった事は流れてこないんですが、仮に流れてきたら目を疑いますよね。「いや、それ犯罪だし」と冷静に思って通報すると思います。

 

これは無くならない連鎖だと感じますね。

 

 

SNSを主流に扱っている10代は完全ネット社会で育ってきた

 

f:id:masanori1989:20151119112832p:plain

 

LINE、FacebookTwittermixiなど私が子供の頃無かったものが今の10代の子たちにはあります。以前にもSNS関連の記事を書きました。

 

masanori1989.hatenablog.com

 

この中でSNSは浅く広くが主流になりつつある」と書きましたが今の子供でも同じ事は言えます。遠距離でも誰とでも話せ、情報交換出来る。また10代がSNSを利用している1番の理由は「共有出来る」からなんでしょうね。

 

笑ったり、泣いたり、怒ったり。そういった感情を共有出来るからこそ「皆と違う事をしよう」と思いついたのが犯罪だったという流れでしょうか。

 

SNSが子供の時からあった時代だからこその’遊び’ではありませんが規制をかける必要があるように感じますね。誰でもそうではありませんが一部の人によってSNSが問題視されるのは悲しい事です。

 

SNSはあくまでも’便利なツールと私は思っているのでそれ以上でも以下でもなく適度に使う事が重要だと思いました。