近畿地方から送るゆる~いブログ

近畿地方、主に滋賀県からお送りする雑記ブログです。映画や読書、滋賀県の素敵な観光地からお食事まで様々な事をご紹介したいと思います。

日本人なら知っておいて損はない「恐ろしい日本人の風習」

皆が知ってるあの風習も実は怖いものがある

 

よく子供の頃に「夜に爪を切ったら親の死に目に会えなくなる」という事を聞いたことがあると思います。色々な諸説はあるが灯りが蝋燭しか無かった時代に夜に爪を切ると怪我をするからだとか、戦国時代の「世詰め」「夜爪」の語呂合わせだとか言われています。そういった風習というのは現代でも言われ続けていますが、その本当に意味を知っている人というのは少ないですよね。それで今回はちょっとした怖い風習を紹介したいと思います。

 

 

指切りげんまんは実は怖い歌

 

「指切りげんまん嘘ついたら針千本のーます。指切った!」という歌がありますが約束を守るという意味ですがこれは実は怖い歌で遊女と客が偽りがない事を証明するために指を切って送った事が始まり、大衆に歌として子供向けに作られたと言われています。

それより以前ですと室町時代銭に関する罰は男は首切り、女は指切りという罰があったという書籍も残されているみたいです。

 

 

夜に口笛を吹いてはいけない

 

夜に口笛を吹くと蛇が来るとか、お化けが来る、人買いがいた頃に人さらいが来る。など様々な理由がありますが口笛というのは効果音で怖い音がする時に口笛みたいな音が似てるから不気味だという説もありますが古くから口笛は「嘯き」と表現して「うそ」という音は神様や精霊を招く力があると考えられていました。なので「口笛」を吹くと蛇が来るというマイナスなイメージより逆に神聖なものだという説が一番有力みたいです。

 

 

「はないちもんめ」は本当は悲しい歌

 

「はないちもんめ」はよく子供頃歌った人は多いと思いますが実は悲しい歌で食べる事もままならない子供が泣く泣く子供買いに買われてしまうという話を歌にしたもの。

本当の意味は以下の通り。

 

買って嬉しい花一匁
(子供が安く買えた。嬉しいねぇ)
負けて悔しい花一匁
(わが子が値切られてしまって悔しい)
隣のおばさんちょいと来ておくれ
鬼が恐くて行かれませんよ
(子買いが恐くて外に出られないんです)
お布団かぶってちょいと来ておくれ

お布団ボロボロ行かれませんよ

お釜かぶってちょいと来ておくれ

お釜底抜け行かれませんよ

あの子が欲しい
(あの子を売ってくれ)
あの子じゃ負からん!
(あの子はいなくなると困る。だから負けられない)
その子が欲しい
(それならばその子を売ってくれ)
その子じゃ負からん!
(その子もいなくなると困る。だから負けられない)
相談しよう

そうしよう

 

 

日本には沢山怖い話がある

 

日本には本当に怖い歴史がまだまだありますが奥が深いですよね。ほんの一部紹介しましたが日本人なら知っておいた方が良いですよね。知れば知るほど面白く、奥が深い!これを機に調べてみるのはいかがでしょうか?

 

知れば恐ろしい日本人の風習

知れば恐ろしい日本人の風習